Hard Rock

UFO 「Phenomenon」 (1974)

現象
UFO
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-01-29


1. Oh My
2. Crystal Light
3. Doctor Doctor
4. Space Child
5. Rock Bottom
6. Too Young To Know
7. Time On My Hands
8. Built For Comfort
9. Lipstick Traces
10. Queen Of The Deep

UFOのオリジナルメンバーだったベースのピート・ウェイ(Pete Way, 1951-2020)が去る8月14日に他界した。2ヶ月前に心臓発作で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまった。享年69歳だった。

ピートがいた頃の初期のUFOが大好きだった。特にこの3枚目の「Phenomenon」は擦り切れるほどに聴いた。まずはやはりM3、疾走感の素晴らしい名曲で、Iron MaidenもライブのオープニングSEで使用していた。また間奏がカッコ良いM5やロック然とした冒頭M1も代表曲だ。

しかし私が好きなのは、むしろこれら以外の曲なのだ。物哀しいM2やM4やM10、穏やかなM6やM7やM9など、どれもポッカリと穴の空いた心で青い空を眺めている感じと言えば良いだろうか(このヒプノシスのジャケットとは少し意味合いが違うのだが)。マイナーな曲が全て秀逸な出来で、それがこのアルバムをより名盤たらしめている。マイケル・シェンカーのギターはアップテンポな曲でのリフやソロも勿論素晴らしいのだが、こうした静サイドでのアコースティックや哀愁の泣きも捨てがたい。フィル・モグのボーカルは正直あまり巧いとは思わないのだが、雰囲気に非常に合っている。

さてピートのベースに関しては、アルバムでは楽曲に合った良い味を出しているのだが、それほど強い主張をしているわけではない。むしろ彼が本領発揮したのはライブだった。フィルもマイケルも大して動かない一方で、ピートだけは所狭しとステージ上を動き回りポーズを決めていた。UFOの熱いパフォーマンスは彼による所が大きかったと思う。古き良き時代の象徴的なハードロックベーシストだった。

RIP


BAND-MAID ONLINE OKYU-JI 2020.7.23

IMG_1343

先週はメイドハードロックバンドBAND-MAIDを取り上げた。オフィシャルサイトを見たところ、どうやらこの7月から予定されていたZEPPツアーはコロナの影響により中止になってしまっていた。その代わりに無観客オンラインライブが企画されていた。

無観客とは演奏する側はやり辛いだろうが、現況下では仕方ないだろう。観客側としてもやはり生の迫力に及ぶものではない。でも単なるライブ動画とは違うオンタイムな繋がりを感じることは出来る。何よりも世界中から同時に繋がることが出来るというのは画期的だ。チケット代も1500円と安いので購入してみた。

当日開演の16:00前に自宅のノートPCの前にビールとつまみを用意してスタンバイする。通常に比べれば早い時間だが、日本では祝日なのと、世界中からアクセスがあることを考慮しての設定なのだろう。

JULY 23, 2020
ONLINE OKYU-JI
1 MINUTE LEFT

という黒画面が10秒前からカウントダウンが始まり、バックスクリーンに白いリボンが掲げられたステージが映し出される。激しいロックサウンドのSEの中、メンバーが1人ずつ登場。KANAMIのギターリフから"DOMINATION"で勢いよくスタートした。

ステージ右手からギターKANAMI、ボーカルSAIKI、ギターボーカルMIKU、ベースMISA、後方のドラムセットにAKANE。イヤホン聴きでボリュームを上げると、SAIKIの歌声と1人1人の楽器がダイレクトに聴こえる。5人が一体となって疾走するバンドサウンドが繰り広げられる。観客がいなくても全力投球だ。

映像は予想以上に綺麗だった。昔ならこんな大容量の映像に全世界からアクセスしていたら、確実にフリーズしていただろう。カメラも何台入ってるんだか、メンバー全員のアップと引きの絵が次々と絶妙に切り替わり続けて、生配信なのにまるで既に完成されたパッケージを観てるかのようだった。

まずSAIKIのボーカルに感嘆した。綺麗なルックスの黒姫は、非常にロック然とした迫力あるボーカルを聴かせてくれている。目の前に観客がいないのはさぞやり辛いだろうに、そんなことはお構いなしに「かかって来いよー!」と煽り立ててくれる。

隣では白いメイド姿のMIKUがハイトーンのボーカルを重ねている。バンドを始めてから練習したとは思えないほどにリズムギターも堂に入っている。飛び跳ねながら非常に楽しそう。

もう1人のメイド姿がギターのKANAMI。細い可憐な容姿とは裏腹に物凄いテクニックの持ち主で、海外でも彼女のファンは多い。毎曲見事なソロで魅せてくれるので、出来れば彼女の手元をずっと凝視していたかった。もっとも映像ではそのスピードは捉えきれていなかったが。

ドラムのAKANEも海外ファンが多い。彼女も細いのにパワフルで手数も多いドラミングで、終始笑顔で楽しそう。

MISAは黒衣装で仁王立ちになって5弦ベースを弾いている。フットライトに片足をのせて弾く姿がカッコ良い。3曲目の"PLAY"の冒頭ではインストパートが拡大されていたが、ここでのスラップは見ものだった。

MIKUのMC。「お帰りなさいませ、ご主人、お嬢様。BAND-MAIDのオンラインお給仕の始まりだっぽー!」メイドなので、彼女らのライブはお給仕であり、観客はご主人お嬢様なのだ。ちなみに「ぽ」は彼女の苗字が小鳩だかららしい。

ステージ前には観客がいない代わりに、世界中から繋がっているチャット画面が映るモニターが設置されているようで、メンバー皆で楽しそうに覗き込んでいた。バックに写ったMISAの片手には既にスーパードライが握られていたり、AKANEが緊張で本番前にトイレに6回行ったことが暴露されたりと、メンバー同士のゆるい会話が和ませる。

お約束のMIKUのおまじないタイム、画面の向こうの観客とメイド独特のコールレスポンスでは、MIKUのギターがハウリングして笑わせてくれた。

後半も怒涛の展開が続く。MIKUがフライングVに持ち替えて始まった"輪廻"は、彼女らのレパートリーの中で最もアッパーなナンバーの1つで、AKANEも前のめりになって高速リズムを叩く。"DICE"ではMISAのバキバキいうベースを堪能。メロディアスな"Endless Story"で一旦クールダウン。"Freedom"ではKANAMIがフロントに出てきてネックを振り上げギターソロ。名曲"Blooming"に至ってはもはやじっと観ていることも出来ず汗だくになってしまった。

きっかり1時間でお給仕は終了。通常は2時間近く演るはずなので、正直ここで休憩を挟んで第2部でもあるのかと思っていたが、初の試みとしてはこれ位がちょうど良いのだろう。次を観たいと思わせる濃密な1時間だった。

ちなみにこの日はTwitterも合わせて見ていたが、日本語と英語のツイートが開演前から凄い勢いで上がり続けていて、日本国内ではトレンド2位を記録したらしい。

ライブ映像は終わった後もすぐに見直せるというのも嬉しかった。4日間は再視聴が可能になっていたので何度も見返したのは言うまでもない。

1.DOMINATION 
2.Dilemma
3.Play
MC Time 1
4.The Non-Fiction Days
5.Glory
6.Don't You Tell Me
7.輪廻
MC TIME 2
8.DICE
9.Endless Story
10.Freedom
11.Blooming


BAND-MAID 「WORLD DOMINATION」 (2018)

WORLD DOMINATION(初回生産限定盤A)
BAND-MAID
日本クラウン
2018-02-14


1. I CAN’T LIVE WITHOUT YOU.
2. PLAY
3. ONE AND ONLY
4. DOMINATION
5. FATE
6. SPIRIT!!
7. ROCK IN ME
8. CLANG
9. TURN ME ON
10. CARRY ON LIVING
11. DAYDREAMING
12. ANEMONE
13. ALIVE-OR-DEAD
14. DICE

アイカツでは"硝子ドール"、あつ森では"けけメタル"。アニメやゲームで娘はどうやらメタル系の曲にハマっていた。なかなか良い趣向だと、父としてはその興味を拡げてあげるのが務めだと思った。

そこでまずBabymetalをYouTubeで見せたところ、どうもダンスがお気に召さなかった。次にAldiousと思ったが小学生にはちょっとケバ過ぎるか。娘は黒が好きだからLovebitesはカラーがホワイトなのでダメか。などと色々考えあぐねながら探していたところ、最終的にこのバンドに辿り着いた。

BAND-MAID、メイド姿で演奏する本格的ハードロックバンドだ。まずこのギャップに驚く。元々秋葉原でメイドをしていたMIKUを中心に2013年に結成。当初MIKUのみがボーカルだったが、楽曲に合わせて低音ボーカルのSAIKIが加入したことにより、MIKUはリズムギターも練習したようだ。

彼女らの音楽性はヘヴィメタルではなくハードロックだ。サウンドは充分ヘヴィだが、歌メロはキャッチーだし、楽曲の幅も広い。デビューEPでは外部ライターに頼っていたが、ファーストフルアルバムから完全に自分達で作るようになり、そのレベルもどんどん上がっているのが分かる。特に"Dice", "Daydreaming"は名曲だ。

極め付けはその演奏力の凄まじさだ。リードギターKANAMIのタッピングソロは聴く者の心を鷲掴みするし、AKANEの豪快なドラミングにも圧倒される。"Dice"での前面に出ているMISAのバキバキベースも一聴ものだ。

ワールドツアーや海外フェス参加で海外でも大きな反響を得ているのはリアクション動画の多さが物語っている。Babymetalが世界への門戸を開けたことで、こうした実力のあるバンドが飛び出して行けるようになったのだろう。

どうやらおっさんメタラーのファンが多いようだが、もっと若い人に聴いてもらいたいものだ。もし娘が気に入ってくれたら一緒にライブを観に行きたい。


『ボヘミアン・ラプソディ』

queen

この映画はひょっとしたら陽の目を見ることはないんじゃないかと思っていた。日頃音楽ニュースサイトを見ているのだが、この映画の製作はかなり前にスタートしていたにも関わらず、やれ監督がクビになったとか、主演が降板したとかいうニュースばかりだった。それがようやく公開されることになり、全米で大ヒット、日本でも絶賛されている。製作者の苦労も報われただろう。

実際に観てみて、前評判に違わぬ内容だった。元々彼らのバイオグラフィーはドラマティックではあるが、不必要な脚色もほとんどなく、基本的には忠実に事実に基づいて製作されていた。前監督はもっと生々しいものを作りたかったらしいが、ゲイの描写もあったりして充分リアルだったのではないかと思う。

ファンとしてはやはりQueenの音楽がふんだんに使われているのが嬉しい。初期Smile時代の”Doing Alright”から始まり、”Bohemian”や”Another One”のレコーディング風景など、特徴を良く捉えているメンバー達の演奏で堪能できた。そしてクライマックスのライブエイド21分ノーカットで、感動的に締められていた。

今でこそゲイやバイセクシャルに対する社会の理解は広がりつつあるが、当時はまだ軽蔑の対象であった。そんな中でAIDSを抱えながら彼が感じた孤独は、この映画でも描写されていたが実際はそれ以上だっただろう。当初予定されていたという彼の死までの闘いの描写も観てみたかった。


「Hysteria: The Def Leppard Story」

先日の来日公演の余韻が残るDef Leppard。今日は彼らの映画を紹介したい。これは2001年に制作された彼らの歴史を再現したドラマなのだが、日本では未公開なのであまり知られていない。

70年代のパンクに反旗をひるがえし、集まった彼ら。当時まだ皆わずか10代、Rick Allenに至っては15歳だった。バンドの結成をまとめたリーダーだったPete Willisは、アルコールに入り浸り解雇される。後任にGirlのPhil Collinが加入。当初から目指していたアメリカで成功。グルーピーたちとの乱痴気騒ぎ、Rickの交通事故、そして大けがにより左腕の喪失。そしてSteve Clarkのアルコール問題と他界。

他のバンドが経験することがないほどの壮絶な物語。歴史として知っている一つ一つの事実がドラマとして忠実に再現されている。役者もそっくりとまではいかずとも、かなり似ており、よく集めたなぁと感心する。ファッションまで本人にそっくりだ。初期の楽曲の数々がストーリー中の随所に演奏されるのも良い。ファンであれば一見の価値あり。


Def Leppard Live Report 2018

IMG_3019

Def Leppardの来日公演に行って来た。今回は「Hysteria」の再現とのことで楽しみにしていた。早めに会場の武道館に着くと、まだリハーサルをやっており、大音量が辺りにこだましていた。地響きのようなドラムサウンドに乗って聴こえるテンポの速いギターリフは何と”Let It Go”。今夜これも聴けるのかと思うと更に期待が高まった。開場後に中に入る。席は1階南西の最後尾。開演前に満員になった。

Rolling StonesやThin Lizzy、Depech ModeなどイギリスのグループばかりのSEが流れた後に暗転し、場内大歓声。”Women”のイントロが聴こえた後、Phil Collinがステージ前方に伸びている花道でギターを鳴らしていた。入れ替わりでJoe Elliottが"In the beginning ~"と歌いながら花道に出て来る。Philはステージ右手へ。左手にはもう1人のギターVivian Campbell、一段上がったドラムセットにはRick Allen、その右手にベースRick Savage。

続いてアルバム通りのSEから”Rocket”が始まる。「Hysteria」の忠実に再現してくれることが分かり嬉しくなる。息の合った演奏もさることながら、分厚いコーラスも見事。

Joeは見た目も声も昔とあまり変わらない。マイクにはユニオンジャックが垂れ下がっていた。Philはスタートから上半身裸。若い頃よりも今の方がムキムキなんじゃないだろうか。Savはブロンドの髪が最初Steve Clarkかと思ってしまった。ピンクのスーツやQueenのTシャツが何故か似合ってカッコ良い。

残る2人は年相応になったかな。Rickはバスドラ1つのシンプルなドラムセットに座り、片手と両足でニコニコ叩いている。Vivianは一時大病を患っていたと聞いたが、見る限り元気そうだった。

明るい”Animal”、泣きのバラード”Love Bites”と名曲が続き、ノスタルジーを掻き立てる。隣の女性は目頭を抑えていた。ここでJoeのMC、「初めて日本に来てから34年になるね。またこの同じメンバーで26年になるよ。今日はHysteriaアルバムを演奏するね」大合唱の”Pour Some Sugar On Me”と、Vivianの紹介から”Armagedon It”が続く。

印象的だったのはこの後。それまでバックスクリーンにはイメージ映像が流れていたのが、突然在りし日のSteve Clarkを映し出した。Hysteriaツアーでのラウンドステージでギターソロを弾くSteveの姿に思わず見入る。そして彼作曲の”Gods Of War”。彼が他界してからもう27年経つが、彼が今でもバンドのメンバーなのだと感じさせてもらえた。

個人的に大好きなアップテンポの”Run Riot”で拳を上げた後は、最もノスタルジーを刺激する”Hysteria”。幸せなひと時。”Excitable”の後の”Love And Affection”も同様の感慨を感じさせてくれた。そしてHysteriaは終わってしまった。メンバーは退場。

アンコールに戻って最初に演ってくれたのが”Let It Go”。攻め立てるハードなリフと疾走感が堪らない。「High 'n' Dry」アルバムからは他にも色々演って欲しい曲はあったが、この夜は残念ながらこれだけ。最近のバラードの後、”Let's Get Rocked”と”Rock Of Ages”で場内合唱。ラストは”Photograph”で、バックスクリーンには沢山の昔の写真が走馬灯のように流れる。花道ではPhilとVivianが並んで仲良くソロを披露していた。最後にメンバー全員で花道に並んで挨拶をして終了した。

今回はとにかくHysteriaの名盤っぷりを痛感できたステージだった。できればいつかHigh 'n' Dry再現なんてのも観てみたいものだ。

1. Women
2. Rocket
3. Animal
4. Love Bites
5. Pour Some Sugar on Me
6. Armageddon It
7. Gods of War
8. Don't Shoot Shotgun
9. Run Riot
10.Hysteria
11.Excitable
12.Love and Affection
Encore:
13.Let It Go
14.When Love and Hate Collide
15.Let's Get Rocked
16.Rock of Ages
17.Photograph 
...

Def Leppard Hysteria Tour

leps

Def Leppardの「Hysteria」再現ツアーでの来日が決定しました。このツアーはかなり以前から噂されていて、ずっと気になっていました。発表を受けて急いで先行で確保済み。10月24日(水)@日本武道館です。

改めて言う必要もないですが「Hysteria」は1987年にリリースされた名盤で、彼らの4枚目。全世界で売れた数は1500万枚と思っていましたが、その後も売れ続けていたようで、今や3000万枚に達したとのこと。HR/HMでは他に類を見ないモンスターヒットですね。

私も初めて聴いたというのもあり大好きなアルバム。成功は批判も呼ぶものではありますが、この完成度の高さはやっぱり否定し難いでしょう。「Hysteria」と同じくらい81年の2nd「High 'n' Dry」も好きなのですが、こっちの再現はないだろうな。
...

Pat Torpey (Mr. Big) 他界

pat

今年は訃報が続きます。去る2月7日にMr.BigのドラマーPat Torpeyが他界してしまいました。享年64歳でした。

Patがパーキンソン病を患っていたことは前から公表されていました。症状の進行に伴いドラムを叩くことも難しくなりつつある中で、周囲のサポートも受けながら出来る範囲でアルバムやツアーに参加し続けていました。昨年も来日していただけに唐突感は否めません。

甘いマスクに爽やかな笑顔。パワフルでグルーヴィーなドラミング。

RIP 

  

Zeno 「Zeno」 (1986)

ZENO(ジーノ)
ジーノ
EMIミュージック・ジャパン
1993-10-20


1. Eastern Sun
2. A Little More Love
3. Love Will Live
4. Signs On The Sky
5. Far Away
6. Emergency
7. Don't Tell The Wind
8. Heart On The Wing
9. Circles Of Dawn
10. Sent By Heaven
11. Sunset

ドイツのギタリストZeno Rothが亡くなりました。実兄のUli Rothが明らかにしました。享年61歳でした。

寡作なため数枚しかアルバムを発表していませんが、Zenoと言えばやはり86年の名盤デビュー作。と言っても私はリアルタイムで聴いたわけではなく、93年のCD再発の頃が初でした。

とにかく神々しいほどの極上メロディの宝庫。透き通るような高音ボーカルと分厚いコーラス、駆け上るギターソロ、正に天上の音楽。歌詞に見られる圧倒的な肯定感もある種宗教歌のよう。B誌では98点という高評価がされていましたが、それに違わず素晴らしい内容でした。全曲名曲ですが特にM5が好きでした。

しかし結果的にこれが売れず。契約金が100万ドルだったらしいのでプレッシャーも相当なものだったことでしょう。これによりZenoは業界不信になりその後しばらく表舞台から退いてしまいます。

あまり世渡りが器用な方ではなかったようですが、彼の作った音楽は記憶されるべきものだと思います。


L.A. Metal Summit 公演中止

lametal

L.A. Metal Summitの公演が中止になった。これは来月幕張メッセでの開催するはずだった80年代アメリカンハードロックのフェスで、以下のバンド・ミュージシャンが出演予定だった。

<5/13>
Vince Neil of Mötley Crüe
Cinderella's Tom Keifer
L.A. GUNS  (Featuring Phil Lewis<Vo>, Tracii Guns<G>)
Faster Pussycat
Hair-King
Li-sa-X

<5/14>
RATT  (featuring Stephen Pearcy<Vo>, Warren DeMartini<G>, Juan Croucier<B>, Carlos Cavazo<G>)
Sebastian Bach
Slaughter 
Enuff Z'nuff 
Hair-King
Li-sa-X

チケットが売れてなかったからなのかと思ったが、どうやらそれだけではないらしい。個人的にもこのLA Metalという呼称には違和感はあり、そもそもCinderellaもSkid RowもLAではなく東海岸出身である。大阪のバンドをつかまえてTokyo Metalと呼んでいるようなものだ。また開催発表が2ヶ月前というのもあまりに遅過ぎだったろう。

最近話題のLi-sa-Xも気になっていたが、私が一番目当てだったのはTom Keifer。Cinderellaが好きだったのだがチャンスがなく、数年前にTomがソロアルバムをリリースして復活して以来観られる日を楽しみにしていた。今後また機会があるとは到底思えない。。

Gallery
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments