Hard Rock

Phil Lynottとアイルランド

lynott

今日は私の好きなアイルランドの英雄Phil Lynott(フィル・ライノット)について取り上げてみます。

彼は1949年8月20日イギリスのバーミンガム近郊で、アイルランド人の母親とブラジル人兵士の父親の間に生まれました。しかしすぐに帰国してしまった父親の顔を見ることはなく、肌の色の違いから差別も受けます。その後祖父母のいるアイルランドのダブリンに移り、そこでアイルランド人としてのアイデンティティを強く持つに至ります。

ダブリンで彼は伝承曲を始めとする様々な音楽的影響を受けるとともに、詩作にも目覚めます。それらを元に自己表現として自身のバンドThin Lizzyを結成するに至ります。

彼の作る音楽は、フォークロック、ファンク、ハードロック、エレクトロポップなど、時代とともに様々に変化しましたが、そうした中でアイルランドの伝承曲のメロディを取り入れたものが多くありました。また詩作の面でも、祖国への想いを編んだものも少なくありません。今日はそんな彼のアイルランドに因んだ曲を10曲取り上げてみます。

Whiskey In The Jar (1972)
アイルランド伝承歌をアレンジした曲。バンドとして初めてのシングルヒット

Eire (1971)
中世の頃に侵略してきたイギリス軍と戦ったアイルランドのオドネル卿について綴った叙事詩

Dublin (1971)
故郷ダブリンを離れる時の寂寥の想いを綴った短い叙情詩

The Rise and Dear Demise of the Funky Nomadic Tribes (1972)
タイトル通り中世にアイルランドに侵略したノルマン民族の興亡を綴った長尺ファンク曲

Sarah - version 1 (1972)
祖母に宛てた曲で、後年のものとは同名異曲。美しいピアノは同郷のClodagh Simonds。

Philomena (1974)
こちらは母親に宛てた曲で、タイトルは母親の名前。ギターリフはケルト旋律を奏でている。

Emerald (1976)
エメラルドとはアイルランドのこと。これも中世における英軍侵略の様子が描かれ、このギターリフもケルト音階

Fools Gold (1976)
19世紀半ばのアイルランド大飢饉についての曲。この時に餓死や国外流出で国民の2/3を失った

Roisin Dubh (Black Rose) A Rock Legend (1979)
代表曲の1つ。Danny BoyやShenandoahなどの伝承曲を交えながら、祖国の歴史を俯瞰する一大絵巻

Cathleen (1982)
愛娘に向けて歌った曲。美しいアイルランドの少女という副題が付いている

 

温かみが感じられる曲調や歌詞、そして低い歌声が好きでした。1986年1月4日、ドラッグのオーバードーズにより他界。ダブリン郊外に埋葬され、街の中心部には彼の銅像が建てられています。いつか墓参りにダブリンに行きたいと思っています。

Steve Vai 「Passion And Warfare」 (1990)

PASSION AND WARFARE
スティーヴ・ヴァイ
ソニー・ミュージックレコーズ
1990-05-31


1. Liberty 
2. Erotic Nightmares 
3. The Animal 
4. Answers 
5. The Riddle 
6. Ballerina 
7. For The love Of God 
8. The Audience Is Listening 
9. I Would Love To 
10. Blue Powder 
11. Greasy Kid's Stuff 
12. Alien Water Kiss 
13. Sisters 
14. Love Secrets

先日25周年アニバーサリー版がリリースされていました。ボートラやもう1枚のアルバムもなかなか良かったのですが、やっぱり思い出深いこっちの本編の方について書きたいと思います。

80年代のHR/HMには沢山のギターの達人がいましたが、その中でも彼のプレイは好きでした。AlcatrazzもYngwie Malmsteenのいた1stよりも2ndの方が好きだったし、Whitesnakeも「サーペンスアルバス」と同じ位に「Slip Of The Tongue」が好きでした。批判をされたのも分かりますが、参加する大物バンドのアルバムを自分色に染め上げてしまう位に強烈な個性の持ち主でした。

そんな彼の1990年のセカンドソロアルバム。当時もメタルギターのインストアルバムはほとんど聴かなかったのですが、これだけは例外でした。厳かな①で始まり、軽快な②④、ヘヴィな③、少しブルージーな⑦⑩、可愛らしい⑥、寸劇の楽しい⑧、F1のような王道⑨、摩訶不思議な⑫、穏やかな⑬、ハイパーな⑭と、驚くほど楽曲の幅が広い上に各曲の完成度も非常に高い。これだけ飽きさせないインストアルバムも珍しいでしょう。

彼のギターはテクニカルな早弾きをしつつ、非常にカラフルでメロディアスなのが特徴だと思います。またそれだけではなく、③のようにヘヴィなリフで攻め立てたり、⑦では見事な泣きも披露、⑧の冒頭では人の話し声のようなトリッキーなプレイも聴かせます。また各曲中でも次から次へとまるで万華鏡のように異なる弾き方、フレーズ、音色を繰り出し、ある種極めてプログレッシヴとも言えます。

実は私自身当時ギターを弾き始めたばかりにも関わらず、クラスの友人がこのアルバムのスコアを持っていたため無謀にも試しに借りて弾いてみたのですが、当然ながら全く歯が立たず速攻で挫折した記憶があります。そんな意味でも思い出深いアルバムでした。


Jeff Beck Group 「Beck Ola」 (1969)

ベック・オラ(紙ジャケット仕様)
ジェフ・ベック
EMIミュージック・ジャパン
2004-12-22


A1. All Shook Up
A2. Spanish Boots
A3. Girl From Mill Valley
A4. Jailhouse Rock
B1. Plynth (Water Down the Drain)
B2. The Hangman's Knee
B3. Rice Pudding

前回のVanilla Fudgeのリズムセクションは後にJeff BeckとBeck, Bogert & Appiceを組んでいます。私はJeff Beckのことはスゴいとは思うものの、あまりインスト以降は追っていません。Udo Music Festivalで観た時も3曲ほど聴いたら他のステージに行ってしまった不届き者です。。で、私が好きなのはボーカル入りバンドだった頃の第1期です。

何しろボーカルはRod Stewart、ベースにRon Woodという後のFaces組が参加しています。ここにJeff Beckのギターが暴れる訳ですから最高です。1968年のデビューアルバム「Truth」はブルースロックの名盤でしたが、これはLed Zeppelinよりも早く、ライバルJimmy Pageもこれを参考にしたと言われています。

ということで第1期Jeff Beck Groupで注目されるのはいつも1stなんですが、私が最も好きなのは彼らが翌年に発表した2nd「Beck Ola」。これは似ていますが、実は結構質感が違います。

前作の楽曲は各メンバーの持ち寄りやカヴァー曲が多かったのですが、今作ではメンバーが全員で一緒に練り上げています。で、どれもかなりハードなナンバーで、バンドが一体となって攻め立てているのです。特にA1とB1は強力。B3のインストも名曲です (ちなみに最後がブツ切りなのですが、これ仕様なんですかね?)  Elvisのカヴァーもあり、全体的にブルースロックではなくハードロック&ロールといった趣になっています。

Jeffのギターもスゴいのですが、今作で特徴的なのはここで正式メンバーとなったNicky Hopkinsのピアノ。前作ではゲストとして少ししか露出がありませんでしたが、今作ではバンドサウンドの中心でかなり頑張っています。(Jeff Beckファンには気に入らないかもですが)  M3はNickyのソロ作ですが、静かで美しいピアノも印象的。後にNickyはRolling Stonesなどとのセッションで名を上げ、ソロアルバムも発表しますが、94年に亡くなっています。

もしこの第1期が解散せずに存続していれば、ZeppelinやDeep Purpleにも負けないハードロックバンドとして名を馳せていたと思うのですが。


Vanilla Fudge 「Vanilla Fudge」 (1967)

キープ・ミー・ハンギング・オン
ヴァニラ・ファッジ
ダブリューイーエー・ジャパン
1988-08-25


A1. Ticket to Ride 
A2. People Get Ready
A3. She's Not There 
A4. Bang Bang 
B1. Illusions of My Childhood - Part One 
B2. You Keep Me Hanging On 
B3. Illusions of My Childhood - Part Two 
B4. Take Me for a Little While 
B5. Illusions of My Childhood - Part Three 
B6. Eleanor Rigby

先日Deep Purpleも来日していて気になってはいたのですが、最近ライブ続きで金銭的に余裕がなく行けませんでした。で、今日はそのDeep Purpleではなく、DPに多大な影響を与えたVanilla Fudgeを取り上げたいと思います。

Vanilla Fudgeは一般的にアートロックとかサイケデリックとか呼ばれています。同時代のCreamやJimi Hendrixと並んで語られるべき存在であり、DPやUriah Heepなどへの影響の大きさを考えれば彼らはハードロックの原点の1つだとも思っていますが、どうも不当に評価が低い気がします。

彼らのデビューは1967年。重厚なオルガンとエキセントリックなギター、ヘヴィなリズムで彩られたファーストアルバムは当時相当なインパクトがあったと思います。曲間をつなぐ挿入曲以外は全てThe BeatlesやR&Bのカヴァーばかりでしたが、原曲も分からないほどに徹底的に叩き壊しています。またこのバンドはメンバー全員が歌えてハイトーンのコーラスが綺麗なのですが、不穏な曲調の中でそれが逆に不気味さを増しています。特にシングルとなったSupremesのB2は必聴です。

映像で観ると良く分かりますが、彼らは非常に高い演奏力を持っていたと同時に、とにかくパフォーマンスが激しかった。やたらとオーバーアクションなオルガンのMark Stein、まるで千手観音のようなドラムCarmine Appice、ベースのTim Bogertも激しい (実はギターVince Martelが一番地味ですが)。後のハードロック勢への影響も納得です。

彼らの音楽性の頂点は68年の3rd「Renaissance」。もうカヴァーではなくオリジナル曲ばかりとなり、美しくも狂気をはらんだダークさで、まるでホラー映画のような傑作です。

バンドは3年という短い活動期間に5枚のアルバムを残して1969年に解散。CarmineとTimのリズム隊2人は、この後Cactusとして活動した後に、Jeff Beckと合流してBeck, Bogert & Appiceを組みます。個人的にこのリズム隊は、CreamのJack Bruce & Ginger Baker、Jimi Hendrix ExperienceのNoel Redding & Mitch Michelleと並ぶ最強のコンビだったと思います。


Thin Lizzy 「Jailbreak」 (1976)

脱獄
シン・リジィ
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
1997-09-26


A1. Jailbreak
A2. Angel From the Coast
A3. Running Back
A4. Romeo and the Lonely Girl
A5. Warrior
B1. The Boys Are Back in Town
B2. Fight or Fall
B3. Cowboy Song
B4. Emerald

ゴールデンウイークが終わってしまいますね。今年は芝桜でも見せたいと思っていたんですが、娘がずっと高熱を出していたおかげで外に出られませんでした。。

代わりにGW中ずっと聴いていたのがThin Lizzy。私が最も愛するハードロックバンドの1つです。最初に彼らを知ったきっかけはツインリードギターで、先日のIron MaidenやJudas Priestから遡っていったら辿り着き、結果的にPhil Lynottの魅力にハマりました。

初期から後期まで全て好きなのですが、あえて選ぶなら中期のこのアルバム「Jailbreak」。76年に発表され大成功した彼らの6枚目にあたります。

とにかく名曲だらけ。まずは”The Boys Are Back In Town”。勢いと男らしさに溢れ、中間部のScott GorhamとBrian Robertsonのツインリードも最高です。アメリカでも大ヒットし、Huey Lewis & The News、Bon Jovi、Everclearなど様々なバンドにカヴァーされ愛されています。

また”Cowboy Song”も大名曲。Philの西部志向が最高の形で結実した作品で、乾いた米西部を駆けるカウボーイのロマンティシズムに溢れています。やはりライブ版の"Cowgirl Song"ではなくフルで聴きたいもの。これはAnthraxがカヴァーしてましたね。

そしてラストの”Emerald”。中世ゲール人の闘いをケルト音階のリフでハードに表現した名曲です。Philは常に祖国アイルランドへの想いを強く抱いていましたが、これについては長くなるのでまたの機会に。

冒頭”Jailbreak”も代表曲で、抑圧から自由への脱走というのはこのアルバムのテーマにもなっています。

こうしたハードな曲ばかりが注目されがちですが、"Running Back"や"Fight or Fall"のような穏やかな曲も忘れてはいけません。Philのボーカルは非常に温かみと哀愁に溢れた低音が魅力的です。また他のハードロックボーカリストと違いハードな曲でも決して高音シャウトをしませんでした。声域のせいもあるのでしょうが、そんな彼のスタイルも好きでした。

もう1つこのバンドサウンドの魅力はリズム隊にもあります。このアルバムでは希薄ですが、Brian Downeyのドラムは本来非常にファンキーで、それがPhilのベースと重なった時のリズム感覚はとても個性的でした。

一度でいいから生で見たかったものです。



 

Steve 'n' Seagulls 「Farm Machine」 (2015)

Farm Machine
Steve'n'Seagulls
Spinefarm
2015-05-12


1. Grand Opening
2. Black Dog (Led Zeppelin)
3. Thunderstruck (AC/DC)
4. The Trooper (Iron Maiden)
5. Ich Will (Rammstein)
6. Paradise City (Guns N' Roses)
7. Nothing Else Matters (Metallica)
8. Over The Hills And Far Away (Gary Moore)
9. Seek And Destroy (Metallica)
10. Holy Diver (Dio)
11. Run To The Hills (Iron Maiden)
12. You Shook Me All Night Long (AC/DC)
13. Cemetary Gates (Pantera)

今日はちょっと変わり種をご紹介します。バンドの名はSteve 'n' Seagulls。フィンランドのブルーグラスバンドです。ブルーグラスと言えばカントリーと並ぶアメリカの田舎音楽。なぜ北欧のフィンランドでブルーグラスなのか分かりませんが、テーマは農民、アルバムタイトルも耕運機、格好も完全に農耕職人です。

そして実は彼らが演奏しているのが、ハードロック・ヘヴィメタルなのです。Iron Maiden、AC/DC、Metallica、など往年のHR/HMの名曲ばかり。それらの楽曲が全く新しく生まれ変わっています。彼らが手にしているのは、マンドリン、バンジョー、ウッドベース、アコースティックギター、アコーディオン、ブラシ、etc。完全にブルーグラス。しかも巧い。ただのコミックバンドではないようですね。

特にハマってるのはAC/DCナンバー。③や⑫はむしろこっちの方がオリジナルなんじゃないのかと思ってしまうほどの完成度です。

たぶん世の中にはHR/HMとブルーグラス両方好きという人はほとんどいないとは思いますが、HR/HMファンにはこれを聴いてブルーグラスに興味を持って貰えればと思うし、ブルーグラスファンにはこれがHR/HMにハマるきっかけになればいいですね。これ国内盤出ないんでしょうかね。



他の動画も最高なので是非。

Saigon Kick 「Devils In The Details」 (1995)

Devil in the Details
Saigon Kick
Sanctuary
2002-05-13


1. Intro
2. Russian Girl
3. Killing Ground
4. Eden
5. Going On
6. Everybody
7. Spanish Rain
8. Flesh And Bone
9. Sunshine
10. Victoria
11. Afraid
12. So Painfully
13. Edgar
14. All Around

変わり行く時代の狭間にいたもう1つのバンドを紹介したいと思います。Saigon Kick。これも当時好きでした。

ギターのJason BielerとボーカルのMatt Kramerを中心にアメリカのフロリダで結成され90年にデビュー。このオルタナティヴな香りのするハードロックバンドはデビュー時には話題になり、2nd「Lizard」からは”Love Is On The Way”というアコースティックバラードもヒットしました。

しかしこの後にボーカルのMattが脱退。残ったJasonが自らボーカルを取り、作曲・プロデュースまで1人で4役をこなし3rdアルバム「Water」をリリースします。これも傑作だったのだがなぜか売れず、結局アメリカのアトランティックから契約を切られてしまいます。しかしJasonは諦めず、アジアでの根強い人気を足掛かりにして新たなレコード契約を獲得しこの4thを制作。これが彼らのキャリアで頂点となる名盤でした。

このバンドの魅力はヘヴィなギターの上に乗る粘り着くようなボーカルメロディで、②や④、⑧あたりは癖になります。ここら辺はAlice In Chainsに近いものもあるが、彼らの場合はもっとポップでキャッチー。また今作は跳ねるようなトライバルリズムも特徴的で、そこに突き抜けるようなボーカルコーラスが乗る⑨や⑪も堪らない。さらに今作では多国籍な魅力にも溢れており、①はアフリカ民族風なチャントだし、⑦ではスパニッシュなアコースティック、⑩のピアノはジャジーで高いセンスが光る。驚くほどに幅広い音楽性を驚くほどの完成度で提示してみせたのが今作でした。

私にはなぜこれが当時売れなかったのか分からなかったのですが、つまりオルタナティヴ界からはHR/HMだと思われ、HR/HM界からはオルタナティヴだと思われていたわけです。結局その広い音楽性が結果的に仇となってしまったのでした。


Galactic Cowboys 「Galactic Cowboys」 (1991)

Galactic Cowboys
Galactic Cowboys
Geffen Gold Line Sp.
1996-03-19


1. I'm Not Amused
2. My School
3. Why Can't You Believe In Me
4. Kaptain Krude
5. Someone For Everyone
6. Sea Of Tranquility
7. Kill Floor
8. Pump Up The Space Suit
9. Ranch On Mars Reprise
10. Speak To Me

先週のThe Wildheartsのデビューと同じ頃に、同様にMetallica meets The Beatlesと称されたバンドがアメリカにもいました。それが今週ご紹介するGalactic Cowboysです。

出身はアメリカの中西部ミズーリ・テキサス。1991年にセルフタイトルの今作でデビューした時は衝撃的でした。スラッシュメタル並みにヘヴィで分厚いギターリフで攻め立ててきたと思ったら、サビは見事なコーラスハーモニーで極上のポップメロディを歌い上げる。その変化の幅は先週のThe Wildhearts以上でしょう。プロデューサーはKing's Xを手掛けたSam Taylorで、そのサウンドに通じるものもありました。

彼らが面白い存在だった理由はサウンドだけではなくコンセプトにもあります。バンド名やジャケットにも現れている通り、彼らは出身である米片田舎と宇宙の融合を目指していました。オープニングは牛の鳴き声で、馬の蹄鉄職人だったボーカルはハーモニカも吹きます。一方で歌詞は宇宙などを舞台にした意味深い物語になっており、さらにはM11の大作を始め複雑な曲展開もみせ、プログレッシブな面も持っています。とにかくいい曲が多いのですが、歌メロが極上なM5だけでも聴いてほしいと思います。

93年のセカンドではそのサウンドの個性をさらに磨きをかけ、日本ではより知名度を上げます。が、本国では成功を収めるまでは至らず。レーベルを変え何枚かリリースした後に解散してしまいます。今聴いても充分カッコいいのですが、これが売れなかったのはHR/HMとオルタナティヴの中間という立ち位置のせいでしょうか。非常に勿体無いですね。


Steve Clark 没後25年

steve

1月8日はDef Leppardの初代ギタリストSteve Clarkの命日でした。毎年この時期になると思い出しますが、亡くなったのは1991年なので、あれからもう四半世紀の月日が経ちました。早いものです。

あの頃はロックにのめり込むようになってまだ浅く、好きなミュージシャンが死ぬというのも初めてのことでした。死因はストレスによるアルコールの過剰摂取。落胆も大きく翌年の来日も誘われましたが結局行きませんでした。一方で表紙で追悼特集を組んでくれた当時のMetal Gear誌は未だに捨てられずに持っています。

結構シャイな性格だったらしく、同時代の早弾きギターヒーロー達に比べると地味な印象を持たれがちでしたが、ブロンドの髪をなびかせてレスポールを低い位置で弾きながら派手なステージアクションを決める彼は最高にカッコ良かったものです。

また作曲面での彼の貢献は大きく、彼の作る曲は素晴らしいものばかりでした。中でも最も好きだったのは唯一彼が1人で書いた2ndのインスト”Switch 625”。カチっとした硬質なリフがカッコ良く、そこに乗るソロも見事で、数あるメタルインストの中でもトップレベルの名曲だと思っています。

In memory of Steve

 


Scorpions 「Tokyo Tapes (Deluxe Edition)」 (2015)

01. All Night Long
02. Pictured Life
03. Backstage Queen
04. Polar Nights
05. In Trance
06. We'll Burn The Sky
07. Suspender Love
08. In Search Of The Peace Of Mind
09. Fly To The Rainbow
10. He's A Woman - She's A Man
11. Speedy's Coming
12. Top Of The Bill
13. Hound Dog
14. Long Tall Sally
15. Steamrock Fever
16. Dark Lady
17. Kjo No Tsuki

CD2:
01. Robot Man
02. Hell Cat (Unreleased Live Track)
03. Catch Your Train (Unreleased Live Track)
04. Kimi Ga Yo (Unreleased Live Track)
05. Polar Nights (Unreleased Live Track)
06. He's A Woman She's A Man (Unreleased Live Track)
07. Top Of The Bill (Unreleased Live Track)

Scorpionsが今年結成50周年だということで、それを記念しての往年の8枚のタイトルがデラックスエディションとして乱発された。その中でまず入手したのはやっぱりこれ「Tokyo Tapes」。彼らの人気が沸騰していた日本での初来日公演を収めた名ライブ盤だ。

収められているのは1978年4月24日と27日の中野サンプラザ公演。直後に脱退するUli Rothの飛翔する鋭いギターと、後に演らなくなる70年代の名曲の数々がスタジオアルバム以上に堪能できる。Blu-Specのリマスターされた音質も申し分ない。

で、今回の再発の最大の目玉はこれまで削られていた楽曲が収められていることだ。元々収録されていた18曲以外に、実際の公演では”Speedy's Coming”の後に”Catch Your Train”が、またアンコールでは”君が代”、”Hell Cat”が演奏されていたのだが、今回はこれらを含む未発表音源がボーナスディスクに収められている。しかし欲を言えば当時のセットリストを再現する曲順にして欲しかったところだ。

後で知った話だが、当時Uliは脱退することが決まっていたため、そもそもこの日本公演には消極的だったらしい。ラストに彼がボーカルを取った”Hell Cat”や、Jimi Hendrixが演ったアメリカ国歌へのオマージュでもある”君が代”が削られたのには、そうした背景があったらしい。しかし実際にステージでは素晴らしい熱演を披露したのは、今回収録された楽曲からもよく分かる。また今年の2月に来日して中野サンプラザで「Tokyo Tapes」を再現してくれたように、結果的にUliにとっても日本のファンの熱狂は印象深かったようだ。

ちなみに私の持っているブートは4月24日をフルで収めたオーディエンス録音なのだが、かなりリアルに観客の声を拾っている。面白いのは”荒城の月”でKlausが観客に歌わせた際に、若い男性の声が「こんな曲分かんねーよ」「知らねーよ、こんな歌」などと言い合いながら、かなり適当に声を張り上げている場面がある。これが海外に流通しているのが日本人として恥ずかしいが、私自身も歌えないので人のことは言えない(笑)

次は79年の来日公演DVDの付いた「Lovedrive」が気になるところ。「Tokyo Tapes」の映像はないのかな?


Gallery
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments