World Music

「ジョアン・ジルベルトを探して」

joao

ジョアン・ジルベルト(Joao Gilberto, 1931-2019)、ボサノヴァの創始者。この映画「ジョアン・ジルベルトを探して(Where are you, Joao Gilberto, 2018)」の日本公開が決定したのは6月上旬だったと思う。以来楽しみにしていたのだが、7月7日に流れたニュースに愕然とした。ジョアン・ジルベルト他界。享年88歳だった。

勘違いする人もいるかもしれないが、この映画はよくある偉大な音楽家を讃えるドキュメンタリー映画とは製作意図が全く異なる。元になっているのは、ドイツ人作家マーク・フィッシャー(Mark Fischer)の著書「Ho Ba La La」。これは彼が憧れたジョアンを探してブラジルを訪ね歩いた記録だが、その願いは叶わず本著出版直前に自死を遂げている。この本に共鳴したフランス人監督ジョルジュ・ガショ(Georges Gachot)が彼の意思を引き継いだのがこの映画である。

リオデジャネイロにディアマンティーナ、5年前のマークの足跡を辿る。ミュージシャン仲間、元妻、料理人、理髪師、マークが会ったジョアンを知る関係者を訪ね歩く。10年以上雲隠れしているジョアンを探しながら、同時にマークも探しているかのよう。テレビ、レコードショップ、人々の歌声、リオの街中にジョアンの音楽は流れている。しかしリオにいるはずのジョアンには辿り着けない。

ジョアンに会いたい。ドア越しでもいいから、”Ho Ba La La”を聴かせてほしい。死んだマークのために。そんなジョルジュ監督の想いの詰まった映画だった。


Rubén González 「Introducing...」(1997)

イントロデューシング
ルベーン・ゴンサーレス
ダブリューイーエー・ジャパン
1997-10-15





1. La Enganadora
2. Cumbanchero
3. Tres Lindas Cubanas
4. Melodia Del Rio
5. Mandinga
6. Siboney
7. Almendra
8. Tumbao
9. Como Siento Yo

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブが人気を集めたのは、その素晴らしい音楽もさることながら、老ミュージシャン1人1人の愛すべきキャラクターも大きな要因であった。男気溢れるコンパイ・セグンド、気の良いイブライム・フェレール、姉御肌のオマーラ・ポルテゥオンド、etc。そんな中で私が最も好きなのはピアノのルベーン・ゴンザレスだった。

ルベーン・ゴンザレス(Rubén González)は元々アルセニオ・ロドリゲスやエンリケ・ホリンといったキューバ音楽を代表する人達のバックで長年ピアノを弾いてきており、キューバのトップピアニストとして3本指に入ると言われていた。しかし80年代にホリン他界後バンドリーダーとなったが、性に合っていないと音楽界から引退してしまう。自宅にあったピアノも虫に喰われて捨ててしまい、以降何年もピアノを弾いてすらいなかったという。そんな彼が96年にブエナビスタのレコーディングに招集される。当時彼は齢77歳だった。

実はこの時既に彼はアルツハイマーを抱えていた。日々の生活や過去の記憶もだいぶ忘れがちな状況にあった。しかしピアノだけは覚えていた。エグレム・スタジオで久々にピアノを弾いた彼は正に水を得た魚のようだった。以降彼は毎日誰より早くスタジオに行って待ち、スタジオが開くと同時にピアノに向かって突進したのだという。

そんな彼のピアノを堪能できるのが、このソロアルバムである。多彩なリズムの中で軽快に力強く踊り舞い、そこから紡がれる旋律はどこまでもメロディアスで美しい。言葉で語るよりも遙かに能弁であり、これを聴けばいかに彼が楽しんでレコーディングをしていたかが良く分かるだろう。

歩く時も介添が必要ではあったが、ステージでの彼は鍵盤のないところまで立ち上がって弾き続けるような茶目っ気たっぷりのパフォーマ ンスで観客を沸かせていた。一度生で彼のプレイを観てみたかったが叶わず、2003年に84歳で他界。06年に来日したアディオスツアーでも、他界を痛感させるスクリーンの彼の写真がただ悲しかった。

きっと向こうの世界で虫に喰われることのないピアノをいつまでも嬉々として弾き続けていることだろう。
RIP


『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』

adios

映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』を観た。当初単にアディオスツアーのことを取り扱った続編ドキュメンタリーかと正直あまり期待していなかったのだが、実際は非常に見応えのある内容だった。

1999年に公開されたオリジナル映画の方は、キューバの老ミュージシャン達の当時の様子を良く捉えていたものだった。今作はもっとキューバの歴史やソンの起源などを掘り下げている。スペインからの独立、黒人差別、カストロの革命、ソンにおけるコンガの禁止、etc。

またメンバー1人1人の生い立ち、若かりし頃の貴重な映像も見られる。知らなかったのは、オマーラ・ポルテゥオンドがまだ若かった頃姉妹で歌っていた後ろで、イブライム・フェレールがバックシンガーとして歌っていたこと。その後オマーラはソロとして成功した一方で、イブライムは素晴らしい歌声を持ちながらも陽の目を見ずに引退した。2人で情感深く歌っていた背景にはこうした歴史があったのだ。

アムステルダム公演前のリハーサル場面も印象的だった。エリアデス・オチョアにとってコンパイ・セグンドは憧れの大先輩だったのだが、リハーサルでエリアデスはコンパイにギターのキーが外れていると指摘し、これに対してコンパイが激昂する。公演中2人は笑い合いながら演奏していたが、裏にこんな経緯があったからこそあの笑顔だったのだというのも初めて知った。

今は亡きコンパイ、ルベーン、イブライムら愛すべき老名手達の葬儀の様子も観ることが出来て良かった。イブラヒムの追悼公演でのオマーラの熱唱には目頭が熱くなった。

オバマ大統領時代にホワイトハウスに招かれたというのはニュースで知ってはいたが、この時の様子も収録されていた。あの時は両国の明るい未来を夢見たが、トランプ時代の今となってはもはや遠い過去のようである。


『リメンバー・ミー』

me

先日娘と映画「リメンバー・ミー」(原題「Coco」)を観に行ってきました。ディズニー映画はこれまで「アナ雪」「インサイドヘッド」「ズートピア」と毎回娘に付き合わされてましたが、今回の「リメンバー・ミー」はテーマが音楽ということで、むしろ私の方が楽しみにしていました。

この映画の舞台はメキシコ。主人公はギターを弾いて歌うのが大好きな少年ミゲル。しかし彼の一家は、曽曽祖父が音楽のために家族を置いて出ていって以来、代々音楽が禁止されています。音楽か家族の二者択一を迫られたミゲルが、死者の日になぜか死者の国に迷い込む。そこで自分の曽曽祖父かもしれない伝説のミュージシャン・デラクルスを探しに冒険するというのが大まかなストーリー。

序盤からガイコツばかり出てくるし、ディズニー映画にしては結構ドロドロしていたので、大人は楽しめましたが、娘は途中怖がって耳を塞いでいました。でも最後は泣いていたから、一応ある程度理解してたのかな。

さて注目すべきはメキシコ音楽。ギターの弾き語りやマリアッチ、現代的なアレンジのものまで、様々なスタイルのメキシコ音楽が溢れています。”ベサメムーチョ”など名曲のカヴァーもあるが、それ以上に”Remember Me”など書き下ろしのオリジナル曲が良い。これはやはり日本語ではなくスペイン語バージョンで聴くべきでしょう。また死者の日には死んだ祖先が帰ってくるなど、メキシコの伝統文化を知る上でも興味深いものでした。

元々移民の国であったアメリカでは、現在トランプによって白人至上主義がまかり通るようになりました。メキシコとの国境には壁の建設が主張され、経済的な圧迫も危惧されています。しかしアメリカには現在黒人以上にメキシコ系移民がおり、ハリウッドやピクサーの製作陣にも少なくありません。この映画はそうした彼らのメキシカンとしての誇りの結晶なのでしょう。

 

アイルランド 血の日曜日事件

eire

先週に引き続き今週もアイルランドに想いを馳せたいと思います。

アイルランドでは1月30日は血の日曜日(Bloody Sunday)として記憶されています。1972年1月30日に北アイルランドの返還を求めてデモを行ったアイルランド市民に対して、イギリス軍が武力で鎮圧し多数の市民が虐殺された日です。

アイルランドは長い伝統と豊かな自然を持つ美しい国ですが、一方で不遇の歴史を持つ国でもあります。ノルマン人(ヴァイキング)の侵攻や飢饉など様々な苦難がありましたが、アイルランドの不幸のほとんどは隣の大国によってもたらされたものでした。

中世の頃にイングランドの侵攻によって支配されて以来、搾取と文化の同化が始まります。以降弾圧や飢饉に苦しむアイルランド人の多くがアメリカなどに逃亡し続けることになります。

プロテスタント化したイギリス人が移住するようになってからは、カトリックのアイルランド人との対立が深まりました。これにより19世紀の独立以降も北アイルランドはイギリス領のままでした。血の日曜日事件はこうしたことを背景に勃発したのでした。

以下はこの事件を取り上げた代表的な楽曲です。事件から46年が経ち、その間和平の合意もされましたが、依然北アイルランドが返還されることはありません。

John Lennon "The Luck of the Irish"


Paul McCartney "Give Ireland back to the Irish"


U2 "Sunday Bloody Sunday"
 

Dolores O'Riordan 急逝

dolores

アイルランドのThe Cranberriesの紅一点ボーカルのDolores O'Riordan (ドロレス・オリオーダン,1971-2018)が1月15日に亡くなりました。享年46歳でした。

The Cranberriesを初めて聴いたのは94年のシングル”Zombie”でした。とてつもなくヘヴィなサウンドをバックに歌う彼女の強烈なボーカルに衝撃を受けました。しかしその後この上なく穏やかな”Ode To My Family”や”Linger”を聴き、とても同じバンドとは思えず、その表現の幅に驚きました。

実際ほとんどの楽曲の作詞作曲は彼女が手掛けており、バンドの解散後に発表したソロアルバムもなかなかの力作で愛聴していました。

結構強気な性格のようで、当時から歯に衣着せぬ物言いは物議を醸していました。それでも私は彼女の持つアイルランドの曇天のような寂寥感のある歌声と音楽が好きでした。

RIP



 

鼓童 「TATAKU BEST OF KODO Ⅱ 1994-1999」 (2000)

TATAKU - BEST OF KODO,1994-1999
鼓童
ソニー・ミュージックレコーズ
2000-11-22


1. いぶき
2. SHAKE~いつかまた
3. 宇宙の歌
4. KIRINAのテーマ ~篠笛バージョン
5. THE HUNTED
6. 蒼き風
7. 響酔
8. 七節
9. Strobe’s Nanafushi
10. Bird Island
11. 虹のなごり

せっかく和太鼓に触れたので、もう1つご紹介します。恐らく国内外で最も高い知名度と実力を持つのが、この「鼓童」です。

大太鼓、宮太鼓、平胴太鼓、桶胴太鼓、締太鼓、などなど様々な太鼓の数々を、威勢の良い掛け声とともに、鍛え上げられた肉体で一心不乱に叩き続ける。こうした彼らの演奏は日本の伝統芸能の持つ力強さと美しさに溢れており、国内のみならず世界中の人々を惹きつけてきました。1981年に結成され、ベルリン フィルハーモニーホールでデビューを飾って以来、世界中で公演をし続け、数多くの賞も受賞しています。

しかし彼らがスゴいのは、単に伝統芸能の披露に留まっていないことです。これまで20枚以上の作品を発表していますが、クラシックやジャズ、他国の民族音楽など、様々な音楽要素を貪欲に取り込みながら、常に音楽的挑戦をし続けています。

この作品は1994年から1999年の彼らの第2期の楽曲を収録したベストアルバムですが、ここでも多彩な要素が散りばめられています。Bill LaswellのプロデュースのM1は、平胴大太鼓、手びら、篠笛だけしか使用していないのに、その音階やリズムは非常に西洋的で新鮮に響いています。また昨年亡くなった冨田勲氏作曲のM3は、壮大のシンセサイザーの風景の中で鳴らされる厳かなリズムも和太鼓には聴こえません。映画「The Hunted」のテーマ曲M5、DJ StrobeのリミックスM9も、彼らのグローバルな活動を物語っています。

ちなみに彼らの拠点は新潟の日本海に浮かぶ佐渡ヶ島。海外遠征に出ていることも多い一方で、毎年彼らはここで国際芸術祭「アースセレブレーション」というイベントを主催しています。国内外から様々なミュージシャン・アーティストを招き、島全体が国際文化交流の場となっているそうです。私も一度参加してみたいと思っています。


セントパトリック・クラフトフェスティバル

IMG_1528 IMG_1542
相模原の米軍施設 相模デポで行われた「セントパトリック・クラフトフェスティバル」に娘と行ってきました。今年は日本アイルランド交流60周年ということで、アイルランド大使館後援で初開催。セントパトリックのフェスは代々木公園でもありましたが、今回はこちらへ。普段は入れない場所というのもありましたが、目当ては世界各国100種近くのクラフトビールの数々。

IMG_1529 IMG_1531
で、私が呑みたかったのは、やっぱりアイルランドのビール。ここはあえてギネスではなく普段呑めないキルケニーを。コクのあるレッドエールビールを、フィッシュ&チップスと一緒に堪能。

IMG_1535 IMG_1536
続いてセントパトリックディ限定のグリーンビール。ブルーキュラソーを混ぜて緑色にしているそうです。今度のお伴はビーフステーキ丼(呑み食いばっかだな)。

IMG_1533a IMG_1540
ちなみにこの日は皆一斉に緑色をまとうことになっているので、娘は黄緑、私はモスグリーンを着ています。キッズアトラクションも結構充実していました(全部有料でしたが)。

IMG_1538 IMG_1543
もう1つの目当てがステージだったのですが、早い時間だったからか若干寂しめ。なぜかメキシカンバンドが多かった。でもアイリッシュダンスもあったし、最初のバンドはThin Lizzyの"Call The Police"なんかも演っていました。もっと遅い時間までいられればアメリカ陸軍軍楽隊の演奏も見られたのに残念。また来年かな。

Phil Lynottとアイルランド

lynott

今日は私の好きなアイルランドの英雄Phil Lynott(フィル・ライノット)について取り上げてみます。

彼は1949年8月20日イギリスのバーミンガム近郊で、アイルランド人の母親とブラジル人兵士の父親の間に生まれました。しかしすぐに帰国してしまった父親の顔を見ることはなく、肌の色の違いから差別も受けます。その後祖父母のいるアイルランドのダブリンに移り、そこでアイルランド人としてのアイデンティティを強く持つに至ります。

ダブリンで彼は伝承曲を始めとする様々な音楽的影響を受けるとともに、詩作にも目覚めます。それらを元に自己表現として自身のバンドThin Lizzyを結成するに至ります。

彼の作る音楽は、フォークロック、ファンク、ハードロック、エレクトロポップなど、時代とともに様々に変化しましたが、そうした中でアイルランドの伝承曲のメロディを取り入れたものが多くありました。また詩作の面でも、祖国への想いを編んだものも少なくありません。今日はそんな彼のアイルランドに因んだ曲を10曲取り上げてみます。

Whiskey In The Jar (1972)
アイルランド伝承歌をアレンジした曲。バンドとして初めてのシングルヒット

Eire (1971)
中世の頃に侵略してきたイギリス軍と戦ったアイルランドのオドネル卿について綴った叙事詩

Dublin (1971)
故郷ダブリンを離れる時の寂寥の想いを綴った短い叙情詩

The Rise and Dear Demise of the Funky Nomadic Tribes (1972)
タイトル通り中世にアイルランドに侵略したノルマン民族の興亡を綴った長尺ファンク曲

Sarah - version 1 (1972)
祖母に宛てた曲で、後年のものとは同名異曲。美しいピアノは同郷のClodagh Simonds。

Philomena (1974)
こちらは母親に宛てた曲で、タイトルは母親の名前。ギターリフはケルト旋律を奏でている。

Emerald (1976)
エメラルドとはアイルランドのこと。これも中世における英軍侵略の様子が描かれ、このギターリフもケルト音階

Fools Gold (1976)
19世紀半ばのアイルランド大飢饉についての曲。この時に餓死や国外流出で国民の2/3を失った

Roisin Dubh (Black Rose) A Rock Legend (1979)
代表曲の1つ。Danny BoyやShenandoahなどの伝承曲を交えながら、祖国の歴史を俯瞰する一大絵巻

Cathleen (1982)
愛娘に向けて歌った曲。美しいアイルランドの少女という副題が付いている

 

温かみが感じられる曲調や歌詞、そして低い歌声が好きでした。1986年1月4日、ドラッグのオーバードーズにより他界。ダブリン郊外に埋葬され、街の中心部には彼の銅像が建てられています。いつか墓参りにダブリンに行きたいと思っています。

アイルランドの名盤10選

eire

毎年3月17日はセントパトリックデイ。アイルランドに初めてキリスト教を伝播したカトリック牧師を祝したアイルランドの記念日で、本国を始め移民の多い各国で祝われます。

アイルランドは元々は自然信仰の国であり、伝播されたキリスト教もその自然信仰と融合したことで、この国に浸透しました。豊かな自然と、2000年のケルト文化を受け継ぐ伝統のある国です。

この国の魅力は色々あるのですが、特に人を魅了するのが音楽です。様々な固有の楽器で、陽気さと哀愁を併せ持つメロディを奏でるそれはケルト音楽とも呼ばれます。アメリカのカントリーに与えた影響も大きく、カントリーが後のロックンロールに発展したことを考えると、その影響の大きさも分かるでしょう。

今日はそんなアイルランドのミュージシャン達の名盤を選んでみました。ただ奥が深いので、ここではあくまでもポピュラーミュージックにおける有名どころのみを並べています。

The Clancy Brothers & Tommy Makem 「The Clancy Brothers & Tommy Makem」 (1961)
clancy
ニューヨークへ渡った移民達の粗野だが温かみのあるフォークソング集。Bob Dylanにも影響を与えた。
 
Van Morrison 「Astral Weeks」 (1968)
van
孤高の大音楽家。88年のThe Chieftainsとの合作「Irish Heartbeat」も傑作。

The Chieftains 「8」 (1978)
chief
Paddy Moloney率いるアイルランドの至宝。半世紀以上にわたり様々な形で伝統音楽の普及を続けている。

Thin Lizzy 「Black Rose」(1979)
lizzy
ダブリン出身のPhil Lynott率いたハードロックバンド。多くの祖国に因んだ曲の中でもタイトル曲は有名。

U2 「War」 (1983)
u2
アイルランド史上最も世界的に成功したロックバンド。社会活動にも積極的で影響力も大きい。

Gary Moore 「Wild Frontier」 (1987)
gary
Thin Lizzyにも在籍した名ギタリスト。親友Phil他界後に制作した本作は祖国色が強い。

The Pogues 「If I Should Fall From Grace With God」 (1988)
pogues 
アイリッシュトラッドにパンクを足したら飛びきりカッコ良くて楽しい音楽が誕生した。最高。

Enya 「Watermark」 (1988)
enya
世界的にケルトブームを巻き起こした立役者。多重録音による荘厳な音像は単なるヒーリングに非ず。

Altan 「Harvest Storm」(1992)
altan
こちらも伝統音楽を脈々と受け継ぐグループ。ゲール語で歌うMaireadの澄んだ歌声が心地良い。

The Corrs 「The Corrs」 (1995)
corrs
世界的な成功を収めた姉妹4人組。優れたポップソングの中で踊るフィドルが良い。
Gallery
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 高幡不動尊
  • 高幡不動尊
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments