Ry Cooder

Buena Vista Social Club 「At Carnegie Hall」 (2008)



Disc 1
1. Chan Chan 
2. De Camino a la Vereda 
3. El Cuarto de Tula 
4. La Engañadora 
5. Buena Vista Social Club 
6. Dos Gardenias 
7. Quizás, Quizás 
8. Veinte Años 

Disc two
1. Orgullecida 
2. ¿Y Tú Qué Has Hecho? 
3. Siboney 
4. Mandinga 
5. Almendra 
6. El Carretero 
7. Candela 
8. Silencio

先日のハイチと同じカリブ海に浮かぶ美しい島キューバ。今年はこのキューバとアメリカの国交正常化交渉が話題になっており、先日遂にキューバのアメリカ大使館も再開したらしい。かつてのキューバ危機から続く冷戦時代の負の遺産を清算することができれば偉業である。

キューバには昔から固有の素晴らしい音楽がある。それを世界に紹介してくれたのが97年の「Buena Vista Social Club」だった。Ry Cooderが急遽集めたキューバの古参ミュージシャン達による至宝のような音楽は、後にWim Wenders監督の同名映画によって、ワールドミュージック史上空前の大ヒットとなった。

ここに参加していた面子はとにかく皆老練揃いだった。99年の映画が撮られた時点で、ボーカルのIbrahim Ferrerは72歳、ピアノのRuben Gonzalezは80歳、ギターのCompay Segundoに至っては何と92歳!そんな彼らが熟練の演奏を聴かせる。

今日取り上げたいのは、彼らが98年にニューヨークのカーネギーホールに出演した時の伝説のライブアルバム。これは2008年にようやくリリースされたものだが、何故10年もお蔵入りさせていたのか不思議な位素晴らしいものだった。ソンやグァヒーラ・ボレロなどの伝統音楽が、スタジオアルバム以上に生き生きとした演奏で繰り広げられる。特に女王Omaraの歌うM6の高揚感は感動的だし、M5で感極まって流す彼女の涙を拭うIbrahimの姿も思い出させる。愛すべき老演者達が強いお互いの絆から紡ぎ出す至宝のような音楽だ。

このように彼らがアメリカに入国することができたのは、当時比較的自由なクリントン政権だったからであった。しかし後のブッシュ政権になってからは両国間の往来は禁止され、このプロジェクトは頓挫を余儀無くされる。そしてそうしている間、悲しいことに2003〜2005年に主要メンバーが皆他界してしまうのである。

ちなみに今年の3月には未発表音源集「Lost & Found」がリリースされたが、これもまた素晴らしかった。毎年夏になると、こうした南国の音楽が心地良い。

★★★★★ 


Ry Cooder 「Pull Up Some Dust & Sit Down」 (2011)

プル・アップ・サム・ダスト・アンド・シット・ダウンプル・アップ・サム・ダスト・アンド・シット・ダウン
ライ・クーダー

ワーナーミュージック・ジャパン 2011-09-21
売り上げランキング : 4791

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. No Banker Left Behind
2. El Corrido de Jesse James
3. Quick Sand
4. Dirty Chateau
5. Humpty Dumpty World
6. Christmas Time This Year
7. Baby Joined the Army
8. Lord Tell Me Why
9. I Want My Crown
10. John Lee Hooker for President
11. Dreamer
12. Simple Tools
13. If There's a God

ニューヨークで勃発したデモは、今や全米に飛び火した。なかなか改善されない失業率や経済不況などに業を煮やした米国民の不満がここに来て噴出したようである。そんな不満をデモに先行して代弁していたのが、このRy Cooderの新作だったのかもしれない。

これは3年ぶりの新作だが、ここのところ彼は本当に活動的である。作品もコンスタントに発表してくるし、合間にもサントラやプロデュースも手掛け、2009年にはNick Loweと来日も果たしている (残念ながら見に行けなかったが)。個人的にはカリフォルニア三部作はどれも力作だったと思うし、愛聴していた。それに比べて今回は特にストーリーはないし、ジャケットも地味だったのでどうなのだろうと思っていたが、なかなかどうして素晴らしい出来映えであった。

今回のテーマは言ってみれば政治経済。彼の視点はいつも弱者の立場に立っているが、今回もそうした視点から経済格差を生んだ金融政策や移民法などを糾弾している。しかしそれがあまり押し付けがましくならないのは、そうしたシリアスな歌詞をあえて明るい曲調に乗せていたり、John Lee Hookerを大統領に推薦しているM10のように独特のユーモアセンスに包んでいるからだろう。

また楽曲もバラエティに富んでおり、ストレートなロックあり、テックスメックスあり、カントリーブルース、R&B、レゲエ調、バラッドなど幅広い。今作は特に曲が良く、全体的に明るく軽快な楽曲群と合間に挟まるバラッドのバランスが良い。昔はカヴァーばかりだったのと対照的に今は自作曲ばかりだが、模倣から吸収してオリジナルの境地に立ったかのようだ。

相変わらず彼のギターの音色とボーカルも味わい深い。バックにはお馴染みフラコヒメネスのアコーディオンや息子ヨアキムのドラムが支え、また曲によっては男性ゴスペル隊のコーラスやホーンセクション、M8ではJim Keltnerが共作とドラムで華を添えている。欲を言えばもう少しスライドを聴かせてほしかったが。

それにしてもRy Cooderという人は本当に多才な人だと思う。長いキャリアの中で、ギタリスト、シンガーソングライター、ルーツ音楽探求家、民族音楽探求家、プロデューサー、映画音楽家など様々な肩書きを持つに至り、それらの仕事すべてに素晴らしい功績を残している。何よりも彼の場合、それらを仕事としてではなく、一人の音楽ファンとして携わっているという姿勢に好感が持てるのである。

近いうちにまた今度は是非単独での来日をお願いしたいところである。

★★★★


The Chieftains featuring Ry Cooder 「San Patricio」

サン・パトリシオサン・パトリシオ
チーフタンズ feat.ライ・クーダー

ユニバーサル ミュージック クラシック 2010-03-10
売り上げランキング : 2600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. La Iguana (Lila Downs)
2. La Golondrina (Los Folkloristas)
3. A la Orilla de un Palmar (Linda Ronstadt)
4. Danza de Concheros (Los Folkloristas)
5. El Chivo (Los Cenzontles)
6. San Campio (Carlos Nunez)
7. The Sands of Mexico (Ry Cooder)
8. Sailing to Mexico (Carlos Nunez)
9. El Caballo (Los Camperos de Valles)
10. March to Battle (Across the Rio Grande) (Banda de Gaita de Batallon, Liam Neeson, Los Cenzontles and L.A. Juvenil)
11. Lullaby for the Dead (Moya Brennan)
12. Luz de Luna (Chavela Vargas)
13. Persecucion de Villa (Mariachi Santa Fe de Jesus (Chuy) Guzman)
14. Cancion Mixteca (Intro) (Ry Cooder)
15. Cancion Mixteca (Los Tigres Del Norte)
16. Ojitos Negros (Los Cenzontles)
17. El Relampago (Lila Downs)
18. El Pajaro Cu (La Negra Graciana)
19. Finale (Los Cenzontles, Carlos Nunez, Los Folkloristas, Banda de Gaita de Batallon and L.A. Juvenil)

 最近このThe Chieftainsというグループの存在を知り興味を持った。もう既に結成から50年間に渡って伝統的なケルト音楽を演奏し続けてきたアイルランドのベテラングループである。それだけでもスゴいことだが、彼らがスゴいのはそれに留まらず、これまでロックやカントリーなど世界中の様々なジャンルのアーチストたちと交流やコラボレートをし続け、常に新しい音楽を創造し続けている。伝統的でありながら、革新的なグループなのである。

 そのThe Chieftainsが今回あのRy Cooderと組んでコンセプトアルバムを制作した。このタッグは以前The Chieftainsの「Santiago」やRyの「My Name Is Buddy」でもお互いのアルバムに参加している。今回は1846~48年にアメリカとメキシコ間で繰り広げられた米墨戦争において、メキシコ側に味方して戦ったアイルランド人カトリック教徒の聖パトリシオ大隊を題材にしており、その英雄とされる兵士たちを現代に伝えることを目的としている。

 ここでの楽曲はメキシカントラディショナルありオリジナルありだが、そのアレンジとしてはThe Chieftainsが持つアイルランド音楽と、メキシコのミュージシャンが持ち寄るメキシコ音楽が、見事に融合されている。きっと当時2つの文化が出会っていたら生まれていたであろう新しい音楽が構築されているのである。またアメリカのLinda RonstadtやVan Dyke Parksの他、メキシコの歌姫Lila DownsやアイルランドのCarlos Nunezなど3カ国から大勢のゲストミュージシャンを迎え、曲毎に豪華なゲストたちがそれぞれに華を添えている。DVDのメイキング映像にもあったが、特にM1はタップダンスまで披露される大円団。M10はアイルランドのマーチングバンドが行進曲を盛り上げ、M12では90歳のChavela Vargasが歌っている。

 音楽とは文化であり、また文化の数だけ音楽がある。そして異なる文化と文化が邂逅した時に、新しい文化と新しい音楽が誕生する。これが文化の歴史であり、音楽の歴史なのである。この2大アーチストによる共演が提唱している異文化交流の素晴らしさが、もっと世界に広がりますように。

★★★★☆


Gallery
  • レコード
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • ヒプノシスのジャケットアート10選
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments