邦楽

浜田省吾 「旅するソングライター」 (2015)

~Journey of a Songwriter ~~ 旅するソングライター (期間生産限定盤)~
浜田省吾
ソニー・ミュージックレーベルズ
2015-04-29


1. 光の糸
2. 旅するソングライター
3. きっと明日
4. マグノリアの小径
5. 美しい一夜
6. サンシャイン・クリスマスソング
7. 五月の絵画
8. 瓶につめたラブレター
9. ハッピー・バースデイソング
10. 夢のつづき
11. 夜はこれから
12. 恋する気分
13. 永遠のワルツ
14. アジアの風 青空 祈り part-1 風
15. アジアの風 青空 祈り part-2 青空
16. アジアの風 青空 祈り part-3 祈り
17. 誓い

Shazamというスマホのアプリを会社の後輩に教えてもらった。流れている曲が何というアーティストのものなのかを教えてくれるもので、かなり重宝している。先日も聴こえていた邦楽を聞き覚えのある声だなと思いShazamしてみたところ、浜田省吾の”旅するソングライター”と出てきた。

ハマショーは80年代の代表曲を少しだけ知っている程度だったので、これも昔の曲なのかなと思ったら、2015年にリリースされた新曲だった。10年振りのアルバムだったらしいが、失礼ながら未だ現役とは知らなかった。気になったのでアルバムを探して聴いて以来ずっとこればっかり聴いている。

もう彼も還暦過ぎらしいが、未だにグラサンをかけていて若々しい。そして何よりこの音楽が若い。M1冒頭から小気味良いロックサウンドに乗って爽やかな叫び声が伸びる。タイトルソングM2ではレゲエのリズムに乗って軽やかに世界をさすらう。M4の綺麗なコーラスハーモニーは完全にBeach Boysへのオマージュ。自立していく子供達に歌うM10には同じ父親として共感するし、妙にエロティックなダンスチューンのM11には驚く。どの曲も煌びやかメロディも持った懐かしさを覚える曲調で、あえての日本語歌詞もすんなり入ってくる。

と、かなり楽しみながら聴き進めていたが、どれもメジャーコードで非常にポジティブな楽曲が続いていたので、このまま終わったら少し物足りないなと思っていたところに流れてきたのが組曲M14~16だった。メランコリックなピアノに導かれる兵士への鎮魂歌M14。それまでになかった曲調のハードなロックナンバーM15では「あまりに尊い犠牲を払った。充分過ぎるほど学んだ。違うか」と歌われ、M16では物哀しいギターソロから壮大なオーケストラへ。これはこの国や地域の将来を憂う反戦歌であって、それまでのポジティブさもその裏返しだったのだろう。もう文句をつけるところはありません。


坂本龍一 『Merry Christmas Mr. Lawrence』 (1983)

戦場のメリー・クリスマス
坂本龍一
ミディ
1993-09-21


01. Merry Christmas Mr. Lawrence
02. Batavia
03. Germination
04. A Hearty Breakfast
05. Before The War
06. The Seed and The Sower
07. A Brief Encounter
08. Ride, Ride, Ride (Cellier’s Brother’s Song)
09. The Fight
10. Father Christmas
11. Dismissed
12. Assembly
13. Beyond Reason
14. Sowing The Seed
15. 23rd Psalm
16. Last Regrets
17. Ride, Ride, Ride
18. The Seed
19. Forbidden Colors (ft. David Sylvian)

今日は世の中はクリスマス。正直私は娘へプレゼントを買うこと以外はもはや何も感慨もなく、毎年この時期は街中のあらゆる場所で流れるお決まりのクリスマスソングに辟易してしまっています。

そんな中で私の耳が喜ぶ数少ないクリスマスソングの代表格が、坂本龍一の”Merry Christmas Mr. Lawrence (戦場のメリークリスマス)”。1983年の同名映画の有名なテーマ曲です。

今年はDavid Bowieも亡くなってしまったので、映画も改めて観ました。監督は大島渚、主演がDavid Bowieに坂本龍一にビートたけしという豪華キャスト。個人的には実際このような看守と捕虜の友情なんてものが存在するのかというひねくれた思いで観てしまうのですが、何よりも2人の日英の大音楽家が銀幕の中で熱演対峙しているのは見ものです。

またこれはサントラも聴きもの。まずはやはりタイトル曲M1。舞台は南国でしたが、むしろ降りしきる雪景色に似合います。不思議と何度聴いても飽きない名曲です。またDavid Bowieの小さい弟が透き通る声で歌っていたM8や、兵士達による温かい賛美歌M15も良いです。ちなみにこのサントラは数年前に30周年記念盤も出ていました。

 

忌野清志郎 "トランジスタラジオ"

kiyoshiro

先週の尾崎豊に続いて、もう1人今は亡き日本のカリスマを取り上げたい。忌野清志郎。5月2日は彼の命日だったので、色々特番が組まれていた。

その中で代表曲”トランジスタラジオ”をモチーフにしたドラマがあった。内容はよくある学園ドラマだったが、授業をサボって屋上でギターを弾くというのは私にも覚えがある。それと舞台になっていた清志郎の母校である都立H高校は私の地元なのでよく知っていた。川沿いの高校なので、あの屋上から川を見降ろしながら弾いていたのかと思うと、勝手ながら親近感を感じていたものだ。

清志郎はRCサクセションとして1970年にデビューした。3人組のフォークグループだが、Otis Reddingなどの影響を受けたR&Bを歌うという独特なスタイルだった。しかし同じ事務所の井上陽水が売れた一方で、彼らはなかなか陽の目を見られず。”スローバラード”など名曲を収録した3rd「シングルマン」を1976年に発表するも鳴かず飛ばずだったため失意のうちに活動を休止する。その後1978年に仲井戸麗一らを迎え新たに5人編成のロックバンドとして再始動。エネルギッシュなライブが注目を集め、1980年の「Rhapsody」以降は爆発的な人気を集めていった。

私が初めて清志郎を知ったのはRCではなく覆面バンドのザ・タイマーズだった。1989年当時テレビに出てきた工事現場ヘルメットにグラサンをかけた変な男が、音楽業界や原発、FM東京や相棒だったチャボなど、あらゆるものに対して悪態をつきまくっていたのを見て、何なんだこの男は?と強烈なインパクトを受けたのをよく覚えている。

以来数多くの彼の名曲を聴いてきた上で思ったのは、この人はもの凄く純粋で感性の強く、自分に正直な人なんだな、ということだった。だから普通の人は書かないような言葉が歌詞に連ねられていて、その言葉が圧倒的な歌唱力とエンターテイメント精神で表現されることで聴く人・見る人の心に突き刺さる。彼は才能と努力と信念で、あの屋上から日本ロックの頂点へ登りつめたのだなと思う。

以下は私の好きな彼の曲ベスト10です。

① 雨上がりの夜空
② ヒッピーに捧ぐ
③ ロックン仁義
④ スローバラード
⑤ トランジスタラジオ
⑥ いい事ばかりありゃしない
⑦ I Like You
⑧ デイドリームビリーバー
⑨ よォーこそ
⑩ パパの歌


尾崎豊 「十七歳の地図」(1983)

十七歳の地図
尾崎豊
ソニー・ミュージックレコーズ
1991-05-15


1. 街の風景 
2. はじまりさえ歌えない 
3. I LOVE YOU 
4. ハイスクールRock’n’ Roll 
5. 15の夜 
6. 十七歳の地図 
7. 愛の消えた街 
8. OH MY LITTLE GIRL 
9. 傷つけた人々へ 
10. 僕が僕であるために

先日BSフジの「ザ・ミリオンセラー」で尾崎豊のデビューアルバム「17歳の地図」を特集していた。担当プロデューサーやスタジオミュージシャン、そして長男の尾崎裕哉が登場し当時を回想していた。この作品は個人的に非常に思い出深いものなので興味深く観ていた。

私が高校生の頃はまだ尾崎豊は生きていた。当時あまり真面目な生徒ではなかった私は、毎朝M5を聴いては、盗んだものではないが自分のバイクで学校をサボってどこかへ行ってしまっていたものだった。

番組の中では彼の当時の肉声インタビューが聞けた。彼は不登校になった小学校6年の頃からアコギを弾き始め、音楽の中に自分の存在意義を初めて見つけたらしい。以来曲を書き続け、弾き語りで録音したデモテープを持って、17歳の時にソニーのオーディション通過の末レコーディングに臨んだという。

このアルバムにはバラエティに富んだ楽曲と煌めくメロディの数々が80年代らしい煌びやかな音作りの中で輝いている。そしてベストアルバム並みに名曲の数々が収録されている。10代特有の閉塞感を前例ない位にブチまけたM5やM6、切々と歌い上げるバラードの名曲M3とM8。こうした代表曲以外にも、M1やM9も胸に染みる傑作だし、最も好きなM10は私にとってずっと応援歌だった。

このアルバムのキーワードは”街”である。自由を求めて飛び込んだ街の中で厳しい現実に傷付く一方で、出会った恋人との恋愛を通しても成長し、最終的にこの街の中で自分らしく生きていくのだと決意する。そうした起承転結が自分の街を舞台に展開され、聴く者の人生と重ね合わされていく。これを作ったのが17歳というのが未だに信じ難い。

このアルバムは今日まで300万枚売れたという。当時若者の代弁者としてカリスマ的人気を集めながらも、1992年に26歳の若さで急死したが、その後も高い人気がある。以前私は通信制高校の教員をしていたが、軽音部の顧問としてよく不登校だったヤンチャ系の生徒達の相手をしていた。彼らが文化祭ステージでM3を演奏した時は驚いたが、時代を越えても彼の曲は若者に訴える力を持っていたのだろう。

★★★★☆

 

downy 「第五作品集『無題』」 (2013)

第五作品集『無題』第五作品集『無題』
downy

felicity 2013-11-19
売り上げランキング : 842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この時を待ち侘びていた。活動停止していたdownyの9年ぶりの復活である。

私は2004年の4作目で初めて彼らを知った。普段邦楽はほとんど聴かないのだが、激しさと知性が高次元でせめぎ合うそれは衝撃的な作品だった。打ち込みサウンドを全て人力で再構築するというコンセプトのもと、ドラムには一切オカズを入れてはならないなど、ある種非常にストイックな音作りも私には新鮮だった。

しかし間もなく活動停止が発表された。最後のライブも観に行ったが、そのサウンドを生で再現している高い演奏技術に感嘆した。会場で偶然青木ロビン氏を見かけたため、少しだけ話をさせて頂いたのだが、活動停止の理由は他にやりたいことがあるからだということを伺った。その後は沖縄へ渡り、しばらく音楽から離れた生活をしていたようだ。

私は日本のロックシーンには全く疎いのだが、9年の間に日本でもポストロックは浸透しているようだ。それでも独特の世界観は今でも斬新に聴こえるはずだと思う。ドラムとベースが織りなす光速で複雑な怒涛の変拍子リズムの上に乗る流麗かつ妖艶なギターとボーカル。非常に対照的な2つのパートが合わさることで構築される不思議な浮遊感は健在だ。全体的に攻撃性が薄まりメロディが増量されたようだが、これは青木氏に子供ができたことも影響しているようだ。

9年前に見たライブでは凄すぎるリズムセクションに思わず笑ってしまったのをよく覚えている。もう1度見てみたいものだ。

★★★★


80年代アニメ主題歌

先週から流れで80年代アニメを取り上げてみる。ただ最初単純にアニメのランキングにしようと思ったら、結果的に原作の方がよかったというものが多かった。なので今回は80年代アニメの主題歌ランキングにしてみた。個人的にオープニング曲よりもエンディング曲の方が印象に強い。


1.ルパン三世
Pete Mac Jr 「ルパン三世のテーマ」
希代の名曲。また登場キャラクターやレトロな雰囲気も少年だけでなく大人の男性の心も鷲掴みするカッコよさだった。またこれだけは原作よりもアニメの方が良いと思う珍しい例。




2.シティハンター
TM NETWORK 「Get Wild」
この曲のカッコよさが、アニメの魅力を倍増させていた気がする。




3.タッチ
岩崎良美 「青春」
オープニング曲が取り上げられることが多いが、個人的にはエンディングの方が印象に残っている。同じく岩崎良美の「君がいなければ」も名曲だった。作品自体も名作。




4.銀河鉄道999
ささきいさお 「銀河鉄道999」
歌詞と歌唱がいい。ちなみにアニメの鉄郎は何かカッコいいが、個人的には原作の情けない鉄郎の方がよかった。




5.ハイスクール奇面組
うしろゆびさされ組 「うしろゆびさされ組」
当時のおニャン子クラブ人気を加速させていたアニメ。当時流行ったギャグも多い。懐かしい。




6.名探偵ホームズ
ダ・カーポ 「空からこぼれたストーリー」
少しマイナーだが、実はこれも宮崎駿監督作品。当時これに触発されて小説「シャーロックホームズ」や「怪盗ルパン」も読んだりした。




7.ドラゴンボール
橋本潮 「ロマンティックをあげるよ」
後に強くなりすぎてしまった感があるので、今思えば冒険のワクワク感があるこの頃が一番良かった気がする。




8.ドラえもん
武田鉄也 「少年期」
初期の頃の長編映画は傑作が多かった。映画で一番好きだったのは「海底鬼岩城」だが、主題歌では「宇宙小戦争」のこれ。動画は関係ないが。




9.天空の城ラピュタ
井上あずみ 「君をのせて」
先週のナウシカと並ぶ、宮崎監督による初期の名作。オリジナルバージョンの動画はなかった。

南野陽子 「GLOBAL」 (1988)



1. Hello! Goodmorning
2. 月のファウンテン
3. マイ・ファニー・IVY
4. 土曜日3時ステラ・ホテル
5. カリブヘ行きたい
6. どうやって愛したらいいの?
7. 眠り姫の不幸
8. あなたを愛したい
9. SPLASH
10. さよならにマティーニは禁物
11. マイ・ハート・バラード

懐メロ特集最後は、正真正銘のアイドルものを一つ。これは私が一番最初に買ったアルバムでもある。幼少の頃から家の中では親がThe BeatlesやSimon & Garfunkel、クラシックなんかのレコードをよくかけていて、それらは当時私自身も好きだった。しかし自発的に聴くようになった音楽は、恥ずかしながらこんなアイドルものだった。

当時のアイドルは、浅香唯、中山美穂、工藤静香などいたのだが、その中で私は南野陽子だった。なぜ南野陽子だったのかは今となっては定かではない。ただ小学6年~中学1年の当時の私は、あの笑顔とアゴのエクボにヤラれていたようだ。23歳の誕生日にプロポーズしてくれた人と結婚すると公言していた彼女の言葉に、自分の年齢を計算したりしていた。まさか自分の方が先に結婚するとは思いもしなかったが。

当時はまだCDが出始めていた頃で、まだそれほど普及していなかったはずだ。その証拠に私が買ったのもCDではなくカセットテープだったのだ。我が家にもCDプレーヤーはまだなかったし、父親は依然古いレコードプレーヤーで聴いていた。で、そんなテープなどはとっくの大昔に捨てていたわけだが、先日急に懐かしくなってBook Offで探したらCDで250円で売っていた。

このアルバムは彼女の全盛期のものだと思う。なにしろレコーディングを、海外のニューヨークやバハマで行っている。今聴くと音作りもとてもきらびやかで、ホーンセクションやストリングスなどが散りばめられていたり、ちょっとジャジーな曲もあったりする。そうしたところから、この頃それだけの予算があったことが分かる。

そんな環境作りもあってか、彼女自身もイメージチェンジを行っている。それまではスケバン刑事のような少女のイメージだったのが、このアルバムでは大人の女性のイメージへと変化しているのが分かる。歌詞もM3、M4、M5、M10のように、大人指向・海外指向が強く見て取れる。そしてそんなイメージが私にとっての南野陽子のイメージだった。彼女自身は決して上手い歌手とは言えない。声も細いし、表現力もあるわけではない。しかしその舌足らずで甘い声が、むしろアイドル然としていると言えるし、それが当時は好きだったものだ。懐かしい青春の1枚。

★★★


東京事変 「大人」 (2006)

大人(アダルト) (初回限定盤)(DVD付)大人(アダルト) (初回限定盤)(DVD付)
東京事変

EMIミュージック・ジャパン 2006-01-25
売り上げランキング : 11222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. 秘密
2. 喧嘩上等
3. 化粧直し
4. スーパースター
5. 修羅場 adult ver.
6. 雪国
7. 歌舞伎
8. ブラックアウト
9. 黄昏泣き
10. 透明人間
11. 手紙

東京事変が解散した。私は普段あまり邦楽は聴いていないし、このバンドも最後までずっと追っていたわけではなかったが、国内では非常にプレイヤビリティの高いバンドだと思っていたので、今回の解散は残念である。

東京事変を聴く一般的なきっかけはやはり椎名林檎嬢だとは思うが、単なる彼女のサイドプロジェクトではなく、ちゃんとしたバンドとして機能させたいというのが彼女の意図だったと思う。そして結果的にバンドとして非常に有機的に機能をし、その意図は大成功だったと言えるだろう。特にプロデューサーでもあるベースの亀田誠治氏の存在は大きかったのではないか。

当初ソロ活動は彼女にとってある種完璧な芸術作品たりえなければいけないというジレンマがあった気がする。それに対して東京事変は気軽に楽しむことが彼女自身の中で許される場所だったのではないかと思う。一方で当時の椎名林檎のファンは、彼女の初期にあった破天荒なロックを求めていた人が多かったようだ。彼女が追求したソロ3rd「加爾基精液栗の花」が難解だと一般的に支持されなかったのもそうした背景だろう。そんな需要と供給が一致したのが東京事変だったわけである。

私が最も好きだったのは2nd「大人」だった。1st「教育」の初期衝動が、タイトルの通り少し落ち着きを見せ、より整合感の感じられる作品になっている。同時にロック、パンク、ポップ、ジャズ、テクノ、ヴォードヴィル、昭和歌謡に至るまで本当に多岐にわたるジャンルの音楽を吸収しながら、独自の音楽を提示してみせているところが見事である。中でも特に私が好きなのはM3、哀愁のメロディが秀逸なボサノバの名曲だ。

こうした高品質な楽曲群を可能にしたのが、林檎のアイディアであり、また先述したこのバンドのプレイヤビリティなのである。なので彼女が次作は完全にバンドメンバーに委ねてみたいと思ったのも必然の流れだったのかもしれない。またしばらく時間をあけた後で、活動を再開することを期待している。

★★★★


私の青春の邦楽 pt.2

しつこいようですが、もう1週だけ懐メロで行かせてください。先週挙げきれなかった男性ソロや女性バンドを中心に。

佐野元春 - 約束の橋 (1989)

この人はもっと評価されていいんじゃないかな。彼の音楽には古さは全く感じられない。

大江千里 - 格好悪いふられ方 (1991)

声が特徴的でしたね。よくカラオケで物真似させてもらってました。

岡村靖幸 - だいすき (1988)

この人のアクの強さはインパクトがありましたが、この頃はまだそれほど人気はなかった気がする。

チェッカーズ – Cherie (1989)

彼らの数多くの名曲の中で、マイナーだがこの曲が一番好き。高杢さんがカッコよかった。

Personz- Dear Friends (1989)

これも名曲でした。しかし改めて見るとやっぱり●●が濃いですよね。

Go-Bang's - スペシャル・ボーイフレンド (1989)

これもまたアクの強いバンドでした。実は故忌野清志郎によって発掘されたらしい。

The Timers - ロックン仁義 (1989)

その清志郎の覆面バンド。世の音楽に噛みついたこの曲のインパクトは凄まじかった。RIP

本当に良い時代でしたね。

私の青春の邦楽

先月からもう完全に懐メロモードに入ってしまいました。本当は先月行ったBeirutのライブレポートを用意していたのですが、もうどんどん後回しになってしまっています。というわけで今週は、「私の青春の邦楽」と題して80年代末当時に特に好きだった邦楽曲を並べてみました。あの頃は結構邦楽を聴いていたんだなぁ。

爆風スランプ – RUNNER (1988)

言わずと知れた当時の名曲。他にも“月光”、“リゾラバ”、“大きな玉ねぎの下で”など名曲多数。ただサンプラザ中野についた「くん」はいらないと思う。


ZIGGY – Gloria (1988)

この曲も当時本当に人気がありました。”I’m Getting Blue”や”Don’t Stop Believing”も好きでした。


レピッシュ - パヤパヤ (1987)

デビューはスカパラよりもさらに前。国内のスカの草分け的存在。先日メンバーが亡くなってしまいました。


The Mods - Napalm Rock (1989)

この人達は今見ても普通にカッコいい。日本パンクの元祖。デビューは1980年で未だ現役。


D'erlanger - Darlin' (1990)

ヴィジュアル系は聴かないのですが、これだけは印象的に残ってます。マイナーでしたが。


Complex - Be My Baby (1989)

吉川晃司と布袋寅泰によるユニット。ちょうど同時期の氷室京介のソロも好きでした。


TM Network “Get Wild (1989)”

これと、“Runner”、“Train Train”、”大迷惑”の4曲はカラオケのお約束でした。
Gallery
  • 成田太鼓祭
  • 成田太鼓祭
  • L.A. Metal Summit 公演中止
  • Generation Axe 2017 Live Report
  • Generation Axe 2017 Live Report
  • Pride & Glory 「Pride & Glory」 (1994)
  • Chuck Berry 他界
  • Chuck Berry 他界
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments