Paul McCartney

Paul McCartney Live Report 2013



Paul McCartney @ Tokyo Dome, 18 Nov 2013

Paul McCartneyの来日公演に行ってきた。Paulを見るのは今回初。実際これまでもチャンスはあったのだがそれを逃してきていた。何度もここには書いてきたが、私はThe Beatles世代の両親のもとで幼少からレコードを聴かされて育ったので、The Beatlesは私にとって原点であり先生だった。あれから長い年月が経ったがこんな日が来るとは思わなかった。

追加公演も出た東京の初日だけあって会場は満員御礼。5万人いたらしい。外のグッズ売り場も大変なことになっていた。私の席は1階席の中段あたり。19時過ぎに暗転。SEで”The End”のコーラスが聴こえた後にメンバー登場し、”Eight Days A Week”でスタートした。

Paulはステージ中央に立ち、あのヘフナーベースを左利きで弾いている。声量のある力強いボーカルで、キーも高い原曲のまま。すらっとスリムな体型も昔から変わらず、とても71歳には見えない。その右側にはギターのBrian、左側には同じくギターRusty、後方中央にドラムAbe、左手キーボードWix。続いて2曲目には新作からのハードなナンバー”Save Us”で畳み掛ける。

「コンバンワ、トウキョウ!タダイマ!」に大歓声。「キョウハニホンゴガンバリマス。デモエイゴノホウガトクイデス」の西日本と同じMCで笑わせてくれる。またステージの両端にはスクリーンがあり、そこにPaulの話す英語の日本語訳が表示されているが、表示が遅いのと「ありがとう東京」とかまで訳す律儀さがまた笑いを誘う。

今日のPaulは白いシャツに黒のロングジャケットを着ていたが、途中でジャケットを脱いだ後はサスペンダーで何度もおどけてみせていた。その後エピフォンカジノに持ち替えたと思ったら、”Let Me Roll It”へ。ヘヴィなグルーヴが心地良く、それがそのまま違和感なくJimi Hendrixの”Foxy Lady”につなげられていた。

今度はステージの右上段に上がりピアノに座る。本当にマルチプレイヤーだ。「Nancyのために書いた」と言いつつ、”My Valentine”。Wingsファンにと”1985”。続いた”The Long & Winding Road”も感動的だった。Lindaに書いたという”Maybe I'm Amazed”のバックスクリーンにLindaは出てこなかったが、映っていた子供について「彼女は今4人も子供がいるんだよ」と言っていた。

次はまたステージ中央に出てきてマーティンD-28を手にし、ここからはアコギコーナー。”I've Just Seen A Face”は特に嬉しかった。とにかく名曲の多いこと。それぞれ曲が短いからすぐ終わるのだが、その分多くの曲を聴くことができお得感も満載だ。

アコギを持ちながら1人ステージ前方に出てきた。60年代に公民権運動で苦しんでいた人達を応援するために書いた曲だと、静かに”Blackbird”を歌う。いつの間にPaulのいるステージがせり上がり、その側面には大きな地球が映し出されている。その後、Johnに捧げると歌い出したのは”Here Today”。君が今日ここにいればという歌詞は聴く者を思わず感傷的にさせてくれた。また後のほうでGeorgeに対しても”Something”を歌い、こちらでは2人がレコーディングしている映像も見せてくれた。

今度はステージ中央に派手なサイケデリック色のピアノが登場し、”New”や”Queenie Eye”の新曲を披露。新曲もこの名曲揃いのセットリストの中でも聴き劣りしていない。”Everybody Out There”の後には観客とのコール&レスポンスが物足りなかったのか、もう一度煽っていたが、その時はドーム内が地鳴りのような反響がするほどのレスポンスだった。

驚きだったのは”Live And Let Die”。日本では消防法の関係でダメだろうと思っていたパイロが派手に上がったのにはビックリした。本編最後は”Hey Jude”。会場内が大合唱と笑顔で包まれた。

アンコール一部では、Paulともう1人が日本とイギリスの国旗を掲げながら登場。そして"Day Tripper", "Hi Hi Hi", "Get Back"の3曲立て続けのR&Rでノリノリに。アンコール二部では、フクシマに捧げると”Yesterday”をしっとりと歌う。その後一転しヘヴィに”Helter Skelter”。

最後は”Golden Slumbers~Carry That Way~The End”。The Beatlesの作品中Abbey RoadのB面のメドレーが最も好きな私にとっては、考えうる限り最高のエンディングだ。Paulのピアノから始まり大合唱。ドラムソロの後に、Paul、Rusty、Brianの3人が並んでギターソロ回し。左利きのPaulだけギターのネックの向きが逆になっている。そして最初のオープニングSEに戻るかのように、And in the end the love you take is equal to the love you make ♪ の一節を合唱して、3時間弱にも及ぶ夢のひとときは終了した。

全部で39曲という膨大な数の楽曲を通して聴いてみて感じたのは、Paulの音楽がいかにジャンルを超越しているかということだった。ロックにポップ、R&R、R&B、カントリー、ゴスペル、サイケデリック、ハードロック、プログレ、クラシック、ワールドミュージックなど、ありとあらゆるジャンルを取り入れているのが良く分かった。50年以上の永い年月に渡る創作活動の中で、それぞれの時代の常に新しいものを吸収し続け、結果時代を超える名曲の数々を残した彼の功績の大きさは図り知れないものがあるだろう。

またその年齢を全く感じさせない姿勢とバイタリティを見せられ、もはや年齢や固定概念を押し付けることすら失礼なのだと感じた。今回の来日が最後になるなどということも全く言われていないわけで、これは間違いなく次回があるだろうと思われる。いやはや脱帽である。

1. Eight Days a Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen to What the Man Said
5. Let Me Roll It / Foxy Lady
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred and Eighty-Five
9. The Long and Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen a Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit of Mr. Kite
25. Something
26. Ob-La-Di Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude
Encore:
32. Day Tripper
33. Hi Hi Hi
34. Get Back
Encore 2:
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End


Paul McCartney 「New」 (2013)

New -Deluxe-New -Deluxe-
Paul Mccartney

Hear Music 2013-10-14
売り上げランキング : 297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Save Us
2. Alligator
3. On My Way To Work
4. Queenie Eye
5. Early Days
6. New
7. Appreciate
8. Everybody Out There
9. Hosanna
10. I Can Bet
11. Looking At Her
12. Road
13. Turned Out
14. Get Me Out Of Here

先日遂に11年振りに来日したSir Paul McCartney。1966年当時と同じように法被を着て降り立ったり、相撲観戦に行ったりと話題を振りまいているが、西日本の各会場を盛り上げながら、いよいよ明日は東京にやってくる。今日はそんなPaulがツアーに先駆けてリリースした新作「New」を取り上げたい。

純粋な新作としては2007年の「Memory Almost Full」以来6年振り。昨年スタンダードのカヴァー集が出た時は流石に年相応だなと感じていた。また今作のタイトルが発表された時も、正直あまり食欲が湧かなかったが、予習としてひとまず耳にしてみた。

それが実際に聴いてみて驚いた。恐ろしいほどの若々しさなのである。知らない人に20代の新人アーティストだと言って聴かせても、きっと疑われることもないだろうと思うくらいだ。

まず冒頭かつてのハードロックばりに前のめりな勢いでギターリフが疾走する。中盤には力強いコール・レスポンスを喚起するようなアンセム曲。デジタル処理をしたサウンドも随所に聴かれる。とにかくこれが71歳が作った作品というのが信じ難い。今回4人のプロデューサーを起用したというが、その影響もあるのだろう。ちなみにその内の2人は、George MartinとGlyn Johnsの息子だという。こうしたこともありアルバム全体が非常に多様性に富んだ内容になっている。そして楽曲の質も高い。

しかし一方で世の中は彼の作品にいつまでもThe Beatlesらしさを追い求め続ける人が多いのも事実。ソロとしても十分な成功を収めているにも関わらず。きっとそれはPaulにとっては非常にやり辛い話だろうと思う。先月からのセットリストには、この新作からM1、M4、M6、M8の4曲が加えられているが、これらの新曲は彼のステージに新たな風を吹かせている。71歳になっても前進を続けているSir Paul McCartney。その姿が明日見られる。

★★★★


Paul McCartney 来日



まだチャンスはあるはずだと思っていた。もう71歳になるが、近年の精力的な活動を見ていると、きっとあと1回はあるのではないかと期待していた。

The Beatles世代の両親のもと、幼少の頃から聴いて育った。以来The Beatlesは私にとっては神であり、音楽的な原点としてあり続けていた。4人の中でJohnは死して伝説となった一方で、Paulは生きて伝説となった感がある。私は決してPaulのソロ活動を熱心に追っていたわけではなかったが、やはり生きているうちに1度は見ておきたかった。

発表された11月の東京ドーム3日間。ぴあの最速先行抽選に3日間とも申し込み、運良くその初日が当選した。11年ぶりの来日。私は初だ。

今年のツアーのセットリストではThe Beatlesの楽曲がこれまでよりも多く演奏されているということだが、それは素直に嬉しい。あとちょうど3ヵ月。楽しみだ。

Paul McCartney 「Good Evening New York City」

グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ(DVD付)グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ(DVD付)
ポール・マッカートニー

ユニバーサルクラシック 2009-11-18
売り上げランキング : 484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Drive My Car
2. Jet
3. Only Mama Knows
4. Flaming Pie
5. Got To Get You Into My Life
6. Let Me Roll It
7. Highway
8. The Long And Winding Road
9. My Love
10. Blackbird
11. Here Today
12. Dance Tonight
13. Calico skies
14. Mrs. Vandebilt
15. Eleanor Rigby
16. Sing The Changes
17. Band On The Run
18. Back In The USSR
19. I'm Down
20. Something
21. I've Got A Feeling
22. Paperback Writer
23. A Day In The Life / Give Peace A Chance
24. Let It Be
25. Live And Let Die
26. Hey Jude
27. Day Tripper
28. Lady Madonna
29. I Saw Her Standing There
30. Yesterday
31. Helter Skelter
32. Get Back
33. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The End

 本当は昨年のうちに上げたかったのだけど、遅くなってしまった。昨年末に急遽リリースされたPaul McCartneyのNew YorkのCiti Fieldでのライブ作品。ただこれについてはまず言いたい。2000年以降のここ10年だけ見ても、「Back In The US」、「In Red Square」、「The Space Within Us」などと、ライブアルバムやライブ映像作品は多くリリースされている。そこへ今回の「Good Evening New York City」なわけだが、9月に世界的にThe Beatlesリマスター祭りとなった直後なだけに、どうしてもビジネス的なものを感じざるを得なくなってしまう。

 と、最初に苦言を呈してしまったが、作品自体は一級品である。というのも、Paulのライブは常に超一級品だからである。今年、齢67歳になるPaul翁。まったく衰えを見せずに2時間以上歌い続け、ベースやギター、キーボードを演奏し続けるパワフルさたるやどうだ。そして何よりもアレンジを変えていないため、原曲のキーで歌っていることの凄さよ。彼のプロフェッショナルさとファンへの想いに、こちらも頭が下がる思いである。

 セットリストはここ10年ほどの間、基本的にはあまり大きくは変わっていない。解散後のWings時代の曲や、ソロの曲(最新作からも”Dance Tonight”と”Only Mama Knows”を収録)、そしてThe Beatlesナンバーと、全時代の名曲をまんべんなく演ってくれている。The Beatlesナンバーに関しては、これまで彼は自身の曲に限って歌ってきた。それだけでもそうそうたる楽曲群なのであるが、今回はトリビュートの意味合いからGeorgeの”Something”や、Johnの“Day Tripper”“Day In The Life”“Give Peace A Chance”まで披露している。こうなると、もし今ここにFab Fourの4人が揃っていて、何の制約もなく選曲ができたら、どんなセットリストになるのだろうと、叶わない想像をしてしまったりもした。

 かつてのThe Beatlesには2人の天才がいた。一人は死して伝説となり、もう一人は生きて伝説となった。その生きた伝説を、一度でいいからこの目で見ておきたい。同じ時代を共有している間に。

★★★★


Billy Joelとの夢の共演。
Gallery
  • 河口湖自動車博物館
  • 河口湖自動車博物館
  • 北アルプス 表銀座
  • 北アルプス 表銀座
  • 北アルプス 表銀座
  • 北アルプス 表銀座
  • 北アルプス 表銀座
  • 北アルプス 表銀座
  • 北アルプス 表銀座
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments