2000s-2010s

Angels & Airwaves 「Love」



1. Et Ducit Mundum Per Luce
2. The Flight of Apollo
3. Young London
4. Shove
5. Epic Holiday
6. Hallucinations
7. The Moon-Atomic (…Fragments and Fictions)
8. Clever Love
9. Soul Survivor (…2012)
10. Letters to God, Part II
11. Some Origins of Fire

 新しい仕事にもなんとなく慣れてきた今日この頃。若い人が多い職場でやりづらさもあるのだが、残業もあまりなく休みもしっかり取れるのは良いところ。まぁ片道2時間の通勤には閉口するが。

 さてこちらはTom Delongeの新しい仕事Angels & Airwaves。Blink182の解散以降もひそかに彼の動向は追っていた。先日Blink182も再結成したらしいが、それよりもむしろこちらのプロジェクト(ではなくバンドか)が存続することの方がホッとしたものだ。世の中のBlinkのファンの中には、後期のシリアス路線よりも往年のおバカ路線を求めている人も多いようで、さらには未だにPVやライブで彼らが脱ぐことを期待している人も少なくないらしい。シリアス路線は歳を重ねた趣向の変化によるところが大きかったと思われるが、脱いだことはいわば両刃の剣であり、結果的に自分たちの首を絞めてしまったようである。AV AでやりたいことがやれているTomにとって、Blinkをやることのメリットは今はあまり感じられない。

 さて今作は早くも3rdになるが、今回はWeb上での無料配信し、任意で好きな金額を寄付という形で支払うのだという。これは以前Radioheadも行っていた手法であり、違法ダウンロードが横行する中で革新的な方法だとは思うが、いかんせんファン層が違うためどの程度バックがあるのかは不明。一応私はある程度寄付しておいたが。

 そして今作は同時に制作された同タイトルの映画とのコラボレーションになっているそうだ。このバンドの結成以来のイメージとなっている宇宙を舞台にした愛をテーマとした作品とのこと。あまりに直球すぎるタイトルだが、Box Car Racer以来描いてきた戦争や世紀末観などを通して、やはり最終的にこれが彼の一番言いたいことなのだろう。バレンタインデーにリリースというのはいかがなものかと思ったが。

 楽曲はこれまで通りとてもキャッチーでよく出来た曲が並んでおり、優れたソングライターであることを今回も示している。透明感と広がりがあり流れるような楽曲は、適度なエレクトロニクスとも相まり、スペーシーな雰囲気を醸し出している。しかしこれまでと全く同じカラーとなってしまっているため、どこかにアクセントとなる新しさが欲しかった。M10はBox Car Racerの同名曲の続編。

★★★


The Most Favorite Albums in 2000s (後編)

2000年代のお気に入りアルバムたち、次は後編としてAlternative Rock編とHeavy Rock編をいってみたいと思います。

Alternative Rock編

Cave In 「Antenna」 03

ボストンハードコアに端を発し模索していく中で、時流バンドとは異質な世界観を完成させていた。これもあくまでも一時的な音楽性であったが。

Green Day 「American Idiot」 04

決してコンセプトだけでなく、世の中をギャフンと言わせるだけの楽曲もあったことが勝因。キャリアを塗り替えたターニングポイント。

Red Hot Chili Peppers 「Stadium Arcadium」 06

ベストメンバーによって00年代は彼らにとって第2の黄金時代となった。中でも最も充実していた貫禄と躍動感を見せた1枚。

Blink 182 「Blink 182」 03

おバカ路線を捨て、シリアス路線で試行錯誤した力作だったが、そうしたエゴが解散へとつながってしまった。再結成後どうなる?

Jimmy Eat World 「Bleed American」 01

エモという時代を加速させた傑作。ほとばしる感情ときらびやかなポップ感覚で彩られた青春絵巻。でも個人的には前作の方が上。




Heavy Rock編

downy 「無題」 04

日本のアンダーグラウンドシーンからポンとこんなものを出されて驚愕した。今となっては活動休止が悔やまれる。

Cynic 「Traced In Air」 08

15年ぶりの新作もやっぱりスゴかった。あえて言うならプログレッシブデスメタルとなるのだろうが、とにもかくにも唯一無二の存在。

Deftones 「White Pony」 00

思えばこの頃がヘヴィロック全盛期だったのではないだろうか。その中で激情だけではない懐の深さを見せつけ、一時代を築いた功績は大きい。

System Of A Down 「Toxicity」 01

アルメニア人としてのアイデンティティと政治姿勢、そしていわゆる変なカラーを個性たらしめた強引な説得力。奇異な存在だった。

Neurosis 「Eye Of Every Storm」 04

ヘヴィミュージック・アングラシーンの神的存在。メジャーにいない分、時代とは隔離されたところで独自の進化を遂げ続けている。




以上、各ジャンル5枚ずつで計20枚を挙げてみました。どれも個人的にはアルバム全編を通して何度も飽きずに聴ける作品たちでした。今後も入れ替わる可能性は大ですけども。
さて、向こう10年間もまた良い音楽が沢山生まれてくるのでしょうか。まぁいずれにせよ私自身が音楽と向き合える時間は確実に激減するでしょうけどね。

The Most Favorite Albums in 2000s (前編)

2000年代が終わったということなのですが、正直言って未だにその実感がないというのが事実だったりします。ついこの間、2000問題がどうのこうのとか言ってたと思ったら、もう10年たったのかという感じ。ただその10年で歳を重ねたせいか、個人的な音楽指向は大きく変化してしまいました。60~70年代のものや、ルーツロック系に指向が傾いていくかわりに、オルタナティブ系やヘヴィロック系にはうとくなったし、新人にもまったくついて行けなくなりました。ロックンロールリヴァイバルやガレージロック、UKモノにもほとんど食指が動かなかったし。

という10年間でしたが、一応その間に毎年新譜は20~30枚くらいは聴いていたから、10年なら200~300枚程度は聴いていたのだと思います。そんな中からあまり悩みもせずに各ジャンル5枚ずつを選んでみました。まずはPop/Rock編とRoots Rock編から。



Pop/Rock編

Beirut 「The Flying Club Cup」 07

東ヨーロッパの民族ブラス音楽を世間に紹介したというだけのことなのだが、そのエレクトリックを排した音楽性は逆に新鮮だった。

Ben Folds 「Rockin’ The Suburbs」 01

極上のピアノメロディを湛えたポップとロックの理想的な融合。しかも全て一人で作り上げた文字通りのソロ作。

Norah Jones 「Feels Like Home」 04

ジャズ畑出身かと思いきやポップスやカントリー、あげくはロックにパンクまでこなしてしまう。そんな彼女の癒し系傑作。

N.E.R.D. 「Fly Or Die」 04

ロックはもともと黒人のものだったのだということを説得力を持って聴かせてくれた。しかしこの1枚だけだったが。

東京事変 「大人」 06

力量のあるメンバーが揃ってバンドとして円熟味のある1枚。ジャズやボサノバ・テクノなどバラエティに富み、素直に楽しめた。





Roots Rock編

Cake 「Pressure Chief」 04

ひょうひょうとしていながら確信犯。John McCreaという男は実に不思議な魅力を持っている。ところで新作はまだですか。

Levon Helm 「Electric Dirt」 09

かのThe BandのドラマーだったLevonの完全復活作。生粋の南部男の生き様を見せつけながらも、歳を取ることはかくも素敵なことと教えてくれる。

Son Volt 「The Search」 07

武骨さ、逞しさ、不器用さ、温かさ、優しさ、はかなさ。カントリーロックとはつまりこういうことなのだという現代アメリカンロックの良心。

Bob Dylan 「Modern Times」 06

歴史的偉人が現代においても第一線で活躍し続けているだけでなく、音楽的にも商業的にも大成功を収めているという事実が脅威的。

Ry Cooder 「I, Flathead」 08

世界のルーツ音楽探求家によるカリフォルニア3部作の最終章。00年代も実りの多い年代でした。

John Mayer 「Battle Studies」

Battle StudiesBattle Studies
John Mayer

Sony 2009-11-20
売り上げランキング : 114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Heartbreak Warfare
2. All We Ever Do Is Say Goodbye
3. Half Of My Heart
4. Who Says
5. Perfectly Lonely
6. Assassin
7. Crossroads
8. War Of My Life
9. Edge Of Desire
10. Do You Know Me
11. Friends, Lovers Or Nothing

 3年ぶりの4枚目となる新作。ライブアルバム「Where The Lights」では、アコースティック、トリオ、バンドの3部構成で魅せ、それまでのキャリアの集大成してみせていた。そのため今作は彼の新章ということになるか。
 
 スローテンポでゆったりと流れる甘いメロディ、John Mayerはこの手の曲を作るのが巧い。しかしそれがアルバム全編に渡るとなると、さすがに食傷気味になってしまう。グラミー賞も受賞した甘いマスクのセレブアイドルに対して、世の中の乙女たちが求めるものはこうしたものなのかもしれない。しかしDerek Trucks、John Fruscianteとともに、現代の世界三大ギタリストに数えられている彼に対して世の中のギターファンが求めるものはこうしたものではない。M7のCrossroadのカバーや、M3のTaylor Swiftのゲスト参加も、お茶を濁した程度でしかない。やはりTrioでの活動に期待するしかないのだろうか。

 世の期待が大きすぎるのかもしれないが、守りに入るにはまだ早いだろう。左腕に隙間なく入れてしまったタトゥーも、彼の音楽性や人間性に全く合っていないと思うのだが。彼は一体どこへ行こうとしているのだろう。

★★★

Nelly Furtado 「Mi Plan」

Mi PlanMi Plan
Nelly Furtado

Universal Latino 2009-09-15
売り上げランキング : 8295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Manos al Aire
2. Más
3. Mi Plan
4. Sueños
5. Bajo Otra Luz
6. Vacación
7. Suficiente Tiempo
8. Fuerte
9. Silencio
10. Como Lluvia
11. Feliz Cumpleaños

拝啓Nelly様

 正直私は3rdの前作「Loose」は好きではありませんでした。Hip Hop色が強く、妙に露出も多く、時流に乗ったいわゆる今風な路線に、売りに走ったという印象が強く感じられてしまいました。もちろんHip Hopは貴方にとって一つの大きな構成要素であるし、器用な貴方ですから、その路線としても完成度も高く、TimbalandやMissy Elliotなど一流の人達とコラボもしたことは大きな成果だったでしょう。

 ですが、それは他の多くのR&Bアーチストがやっているのと同じこと。カナダ生まれのポルトガル人であるという特異な出自を生かし、貴方にしかできないことがあったはずです。それが2nd「Folklore」、その名の通り伝承をテーマにし、サンバやボサノバなど幅広いワールドミュージックをポップに吸収・昇華させた佳作でした。

 貴方は2000年に「Whoa, Nelly !」でデビューし、”I’m Like A Bird”の大ヒットによりアルバムも全世界で600万枚の大成功を収めましたが、「Folklore」はデビューアルバムほどの成功を収めることはできませんでした。そうしたことを考えると、3rdの路線も分からないでもありませんが、それでも少し残念に感じられたのでした。

 しかし今回のアルバムはスペイン語で歌われたとのこと。しかも数曲のみならまだしも全編他言語で歌っている、さらには様々なラテン系アーチストとコラボしながら、優れたラテンポップアルバムとして完成させている。特にM1とM11は佳曲です。これは貴方にしかできないことでしょう。実際全編ラテン語というのは、セールスに大きく影響する、かなり危険な行為であったと思います。(日本でも国内盤はリリースされていません。) それを分かっていながら、あえてこうした挑戦をされたことに嬉しく感じられました。

 誠に勝手ながら一人のファンの私見を言わせてもらいました。是非今後もその個性を生かした活動を期待しています。

★★★☆



「Mi Plan」からのシングル、"Manos Al Aire"。




こちらは2nd「Folklore」から2004EUROカップのテーマソングにもなった"Forca"。名曲です。

Cave In 「Planets Of Old」

Planets of Old [12 inch Analog]Planets of Old [12 inch Analog]
Cave In

Hydrahead 2009-08-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Cayman's Tongue
2. Retina Sees Rewind
3. The Red Trail
4. Air Escapes

今週はまたこれまでと全く音楽性が異なります。全く絡みづらいブログだこと…。
 音楽雑誌の新譜情報を何気なく立ち読んでいたら、Cave Inがひそかに復活していたとの情報を発見した。前作「Perfect Pitch Black」が2005年だから、もう既に4年ぶりか。

 ボストンハードコアの雄としてデビューしたのが1998年。その後ポップ性を開花させ、急速に音楽性を変化させていった。2006年の来日時に渋谷のクアトロに見に行った時には、その両面の音楽性をブレンドした熱いライブを見せてくれた。しかしその後なぜか活動を休止。その間ボーカルのStephen Brodskyは色々ソロ活動をしているようだったが、ようやくバンドとしての復活を果たしたようだ。

 ひとまず4曲入りの12inchアナログが、例のHydraheadレーベルからリリースされている。M2とM4はロック路線、M3はカオティックハードコア、そしてM1はスペーシーな雰囲気を持ちながらロック路線とハードコア路線の両者をまた巧くブレンドしている。相変わらずこの2つの路線は並行していくようだが、この微妙な立ち位置が今の彼らの個性となっていると言える。

★★★

http://www.planetsofold.com/  (全曲試聴可)


Gallery
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments