Jimi Hendrix

Jimi Hendrix 「Valleys Of Neptune」

Valleys of Neptune (Dig)Valleys of Neptune (Dig)
Jimi Hendrix

Sony Legacy 2010-03-09
売り上げランキング : 16114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Stone Free
2. Valleys Of Neptune
3. Bleeding Heart
4. Hear My Train A Comin'
5. Mr. Bad Luck
6. Sunshine Of Your Love
7. Lover Man
8. Ships Passing In The Night
9. Fire
10. Red House
11. Lullaby For The Summer
12. Crying Blue Rain

 昨年リリースされた作品でレビューしていなかったものというのが沢山あり、これもそうした中の一つ。オリジナルアルバムのリイシューや、その後追い打ちをかけるようにボックスセット「West Coast Seattle Boy」もリリースされ、完全に追い切れなくなってしまった。とりあえず一つずつ消化していきたい。

 まず死後あまりにも多くのライブ音源や未発表曲がリリースされ続けているが、この人は生前一体どれだけ創作意欲に溢れていたのかと考えると本当に脱帽する。これについてファンなら素直に喜ぶところなのだろうが、ただ今作みたいに「奇跡の新作」と言われるとどうもピンと来ない。97年にリリースされた「First Rays of the New Rising Sun」に比べるとなおさらだ。しかし音自体は素晴らしいものだと思う。タイトル曲のM2と、Elmore JamesのカバーM3やCreamのカバーM6はこれまで未発表音源で、あとは既発曲の新録バージョン。69年あたりの後期の録音にも関わらず、音作りもまだ初期段階だからかシンプルなものとなっており、各楽器の音が際立っている。特にギターの音が中央に聞こえ、とにかくJimiが弾きまくっているのが聴きごたえある。やはりこの人はギタリストとして全時代の中で際立った存在であることが再認識できる。

 ちなみに今回の再発はJimiの版権管理会社であるExperience Hendrix社(以下EH社)とSony Music Entertainmentが提携をしたことにより、実現したものである。EH社は、Jimiの父親であるAl Hendrixが息子の版権を買い戻した後、1995年に養子であるJanny Hendrixと設立した会社である。しかし同社は、Jimiの右腕だったベーシストNoel Reddingから、正当な著作権の支払いがなされていないという訴訟を受けたことがある。またJannyはAlの死後、Jimiの実の弟であるLeonから、不当に遺産相続したという訴訟も起こされている。

 誰が正しいのかは分からない。しかしJimiの死後、彼の残した音源が生み出し続ける遺産について、多くの利害関係が渦巻いているということは確かだろう。今回の再発によって血縁も功績もない人に莫大な利益が入ったであろうことに少し複雑な気持ちを抱きつつも、純粋に音を楽しみたいとも思うのだった。

★★★★


Jimi Hendrix 鏡ばりの部屋

ジミ・ヘンドリクス 鏡ばりの部屋 (P‐Vine BOOKs)ジミ・ヘンドリクス 鏡ばりの部屋 (P‐Vine BOOKs)

ブルース・インターアクションズ 2008-01-11
売り上げランキング : 102536
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 私は音楽を読むことが大好きです。レビュー解説本や伝記本を読みながら、音楽に新たな発見をすることが非常に楽しみであります。そのため、よく本屋や中古本屋で興味のある新刊・旧刊を見つけると、ついつい買ってしまいます。しかし、いかんせん時間がない。この週末みたいに土日まで仕事だと、本当に時間がない。そのため、読んでいない本がどんどん積み重なっていく。それはCDも同じで、未消化のCDが沢山あるわけなのに、どんどん新しいCDが増えていく。1週間ほど本気で引きこもりたい今日この頃です。

 さて、ようやく読み終わったジミヘンの伝記本。1960年代後半に一世を風靡するものの、デビューからわずか4年でこの世を去った、伝説的な黒人ギタリスト。そのテクニックや、火をつけたり、歯で弾いたりといったパフォーマンスは、つとに有名ですが、彼の生い立ちから死に至るまでがここには克明に記されています。この詳細さは、恐らく筆者の膨大なインタビューの賜物でしょう。

 彼は幼少の頃から貧困生活や複雑な家庭環境、そして黒人であることによる差別など、幾多の困難をくぐり抜け生きながらえていました。生活のために軍隊に入隊するも、音楽へ陶酔するあまり自らゲイであると偽り退役を認められます。そしてR&BやブルースやDylanなど影響を受けながら、自身のワイルドなスタイルを完成させていきます。南部からニューヨークへとどさ回りをする内に、The AnimalsのChas Chandlerに見出だされ、イギリスに渡った後に、彼は瞬く間にスターになる。その後、成功により手に入るようになった、名声、ドラッグ、女などに溺れながらも、音楽的挑戦を続けるが、その栄光もわずか4年で終わりを告げるのでした。

 このたった4年間で当時そして後世に与えた影響は計り知れないほど大きい。しかし彼のあまりにも壮絶な人生において、彼は常に何かを求め、手にし、そして失い続けてました。この希代の才能を持ったスターは果たして幸せだっただろうか、と疑問が残ります。この伝記は映画化が予定されているようです。
Gallery
  • スメタナ 『交響詩 「わが祖国」』
  • ミュシャ展
  • ミュシャ展
  • The Smashing Pumpkins 「Mellon Collie and the Infinite Sadness」 (1995)
  • グランジ傑作10選
  • グランジ傑作10選
  • グランジ傑作10選
  • グランジ傑作10選
  • グランジ傑作10選
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments