山梨県

茅ヶ岳登山

IMG_1303

今年は深田久弥の没後50年に当たる。彼は1971年3月21日に山梨の茅ヶ岳を登山中に急に脳卒中を起こし亡くなった。その節目を弔うべく先月末に茅ヶ岳へと向かった。

IMG_2860
深田記念公園にある記念碑。刻まれているのは「日本百名山」の一節「百の頂に百の喜びあり」。

IMG_2864
9:10 登山開始。しばらくはウグイスやヤマガラなどのさえずりを聞きながら明るくなだらかな路を行く。新緑が柔らかい。

IMG_2895
そこかしこにこの黄色いダンコウバイが咲き乱れていた。マメザクラも咲いていた。

IMG_2866
女岩は行く手を遮って聳え立っている岩壁だったが、落石のため近寄れず。右に巻くがここから急登の始まり。

IMG_2874
ようやくコルへ出てから少し登ると深田久弥先生終焉之地碑が立っていた。こんな山頂目前で倒れたのか。当時の同行者の悲しみと遺体担ぎ降ろしの苦労を思う。

IMG_2887
見晴らしの良い茅ヶ岳山頂(1,704m)に到着。北側には金峯山(2,599m)がよく見えている。

IMG_2877
南側にはまだ白く雪を残した甲斐駒ヶ岳(2,967m)や仙丈ヶ岳(3,033m)、鳳凰山(2,841m)なども拝むことができた。

IMG_2888
西側にはお隣の金ヶ岳(1,764m)の向こうに八ヶ岳(2,899m)が連なる。金ヶ岳まで登るつもりだったが、暑い中登り返しが辛そうで断念。

茅ヶ岳は標高こそ高くはないものの、全方位望める独立峰で久弥が百名山に入れたがった理由も実感できた。誰よりも山を愛し、山好きに囲まれながら山で死んだ彼は、きっと幸せな最期だったことだろう。

大菩薩嶺

IMG_2355

今年の登り納めは奥多摩の鷹ノ巣山と思っていたが、想定ルートがあいにく通行止になっていたため、いっそ別の山塊を目指すことにした。いつも都心からは奥多摩山塊の左に同じ大きさの山梨の大菩薩山塊が見えているので、そこの最高峰の大菩薩嶺(2,056m)を目指した。もっともこの山は雲取山(2,017m)より高い割にずっと楽に登れる。まず大菩薩湖に立ち寄り山姿を拝みルートを再確認する。

IMG_2357
9:20 上日川峠に車を停めて登山開始する。天気予報に反して快晴だ。

IMG_2360
9:40 福ちゃん荘を通過。平日のため営業していなかった。

IMG_2361
唐松尾根というくらいカラマツが立ち並んでいるが、あいにくもう全て散ってしまっていた。

IMG_2363
しばらく登るとコメツガやトウヒといった常緑樹に変わる。歴史のある峠道の趣きがある。

IMG_2365
10:20 大菩薩峠(1,897m)に到着した。稜線上は冷たい強風の通り道となっており、体感温度は一気にマイナスとなる。

IMG_2367
東側を見ると今年登った奥多摩の山々が全て見渡せた。

IMG_2373
かつて「大菩薩峠」という歴史小説を書いた中里介山の文学碑が立っていた。

IMG_2379
賽の河原を通過する。ここだけ名前の通りものものしい雰囲気が漂っている。

IMG_2384
畳岩に到着。曇ってしまったが、大菩薩湖の向こうに鎮座する裾野を広げた富士山を拝むことが出来た。本当はここで昼食にしたかったが、あまりに寒くて先を急いだ。

IMG_2387
11:40 大菩薩嶺山頂に到着。ここは木立に囲まれているために眺望が全くない代わりに風を防げるのでここで昼食を取り下山した。

今回は周回ルートを辿ったが、直登すればもっと早く登ることも出来る。日本百名山であり絶景も堪能出来るのに、こんなに楽に登れてしまうので子供にもお勧めだ。

日野春アルプ美術館

IMG_1322

かつて「アルプ」という文芸雑誌が存在した。串田孫一が発行人となり1958年から1983年までの25年間にわたって刊行された山の文芸誌である。深田久弥や田淵行男など、多くの著名な作家・学者達が寄稿していた。

これを見つけたのは神田神保町の「悠久堂」だった。山の本で有名なこの古本屋の2階にアルプのバックナンバーが大量に積み重なっており、試しに3冊だけ購入してみた。これが小冊子ながら非常に読み応えのあるものだった。

このアルプの美術館が山梨にあるということを山と渓谷誌で知り行ってみた。緑に囲まれた木造ロッジ風の素敵な建物だった。1階には坂本直行 (通称ちょっこうさん)の山岳画がずらりと展示されていた。北海道で開拓農民をしていたこともあり、遠景の日高山脈の絵が多い。実は坂本龍馬の長兄の孫にあたるのだということを、館長さんが教えてくれた。2階は畦地梅太郎の他、多くの現役画家さんの作品が並ぶ。栗田政裕氏の木口版画と中村好至惠氏の水彩画が特に素晴らしかった。

イメージ_1

この美術館のもう1つの目玉は「山の文庫」コーナー。館長さんがライフワークにされている古本屋巡りで集められた山に関する書籍が山のように並んでいる。他ではお目にかかれないような貴重な名著の数々に圧倒された。

館長さんが気さくな方で、画家や古本屋、登山などについて色々教えて下さった。実はこの美術館はあと3年で閉館されるのだという。アルプの発行期間が25年間だったのに合わせ、美術館も25年間で閉じると決めてらっしゃったとのこと。既に本棚の整理を始めてるらしい。

そして最後にとんでもないお土産を頂いた。被っているアルプのバックナンバーを段ボール一杯に下さったのだ。何と有難い、館長さんのご厚意に感謝。当分の間暇することはないだろう。閉館までに通い続けたい。

IMG_2121

山アートの旅(山梨編)

少し前になるがぶらりと山梨へ旅をしてきた。旅のテーマは山アート。

IMG_1245 IMG_1247
まず最初に山梨県立美術館へ。ここはミレーを始めフランス風景画を多く所蔵している。また企画展「コレクションに見る山」では伊藤孝之と高野史静が良かった。

IMG_1290 IMG_1285
午後は昇仙峡を訪れた。足早に渓谷に沿って歩いていく。覚円峰と仙娥滝はさすが迫力があった。

IMG_1267 IMG_1272
ロープウェイで渓谷の上に出る。そこから20分ほど登って羅漢寺山(弥三郎岳)(1,058m)の山頂に到着。金峰山、茅ヶ岳、南アルプス、富士山と全方位のパノラマは絶景だった。

IMG_1304 IMG_1314
この日泊まったのは日本山岳画協会の先生方に教えて頂いた「画家の宿 志満屋」。昭和初期からの多くの画家達の山の絵が無数に飾られており、まるで美術館のようだった。

IMG_1305
この宿が画家の先生方に人気があるのは、甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山を真正面に見えるアトリエがあるから。この日は少し雲がかかっていた。

IMG_1322
翌日にまず向かったのは日野春アルプ美術館。昔の山岳文芸誌「アルプ」に関する美術館なのだが、こちらについては来週改めて書きたい。

IMG_0889 IMG_0890
そこから足を延ばして早川渓谷の奈良田へ向かった。古民家カフェ鍵屋でビーフシチューを頂く。

IMG_0891 IMG_0893
最後の目的地は南アルプス山岳写真館。ここは昨年末に亡くなった山岳写真家・白旗史郎さんの記念館でもあり、見事な作品の数々を堪能した。

富士山、南アルプス、八ヶ岳、秩父山系など数多の名山に囲まれた山梨県。いつか移住したいものだ。

夜叉神峠

緊急事態宣言が出される前の3月下旬に夜叉神峠へ登っていたのだが、宣言発令後は山行記録をアップするのも躊躇われていた。ようやく宣言解除となったのでアップする。

イメージ

都内にある私の勤め先のビルの屋上からは、冬の晴れた日には南アルプスも拝むことが出来るのだが、春になるにつれ空気が霞み見えなくなってしまった。雪化粧をした南アルプスの白峰三山を間近で見たくなり、山梨の夜叉神峠へ登ることにした。

イメージ_1
向かう途中の山肌に春らしくポツポツと桜が咲いていた。街中の並木や公園の桜よりも、こうした自然の桜の方が断然良い。

イメージ_2
芦安にある南アルプス芦安山岳館に立ち寄ろうと思っていたのだが、残念ながらコロナ の影響で休館だった。

イメージ_3
南アルプスの入口である夜叉神トンネルは冬季閉鎖中。ここから登山開始。

image1
約1時間ほどの急登。振り返ると遠くに甲府盆地が広がっていた。

イメージ (1)
ほどなく夜叉神峠(1,770m)に到着。まだ残雪のある峠からは絶景が広がっていた。

イメージ_1 (1)
右から北岳(3,193m)・間ノ岳(3,190m)・農鳥岳(3,026m)。国内標高第2位と第3位が連なる様は見事。いつかあの稜線を歩きたいものだ。

イメージ (2)
麓の御勅使川の氾濫を繰り返す夜叉神の怒りを鎮めるために建てられたという石の祠。

イメージ_1 (2)
芦安には食べるところがどこにもなかったため、街中まで降りて山梨名物ほうとうを食して帰った。

岩殿山登山

IMG_3956

GW中に娘と奥多摩の三頭山に登る予定だったのだが、あいにく雨で行けず。代わりに別の日に単独で山梨の岩殿山に行った。中央道を走ると大月でいつも見える断崖絶壁の山で、低山ながら見所が多く人気がある。

CIMG4328
この辺の山は駅からのアクセスが良い。車もなかったので珍しく電車で向かう。大月駅に到着し9:40から浅利へ向かって歩き始めた。

CIMG4343
浅利川に沿って歩くも登山口がなかなか見つからず手間取った。GWなのに他に登山者も全くいなかったが、どうやら皆逆ルートだったようだ。

CIMG4390
この時期はとにかく新緑が綺麗。さらにヤマツツジも至る所で咲いており、急登の疲れも癒された。

CIMG4411
11:50に稚児落し(590m)に到着。200mの断崖絶壁に足がすくみ、名前の由来がさらに怖さを倍増する。ビビりながらも崖上で30分昼休憩。

CIMG4422
この後は稜線歩き。眺望は良いが、天神山(596m)、鎖場、築坂峠と結構なアップダウンが続く。崩落箇所もあった。

IMG_3923
13:45に岩殿山(634m)に到着。ここは戦国時代に小山田氏の岩殿城があった山であちこちに城跡が残っている。

IMG_3928
また岩殿山は秀麗富嶽十二景の1つ。最初は高川山に隠れていたが、ここからの眺めは流石秀麗。

IMG_3955
もう1つ目当ては、中腹にある岩殿山ふれあい館。ここには山岳写真家 白旗史朗氏の写真館があり、秀麗富嶽十二景の作品が拝めた。
低山だが満足感のある山行だった。

富士山麓探訪

IMG_3539

今月アメリカから従弟一家が来日している。従弟は生粋の日本人だが生まれも育ちもアメリカ。嫁さんは台湾人で、この間生まれた男の子は早くも2歳半になっていた。富士山に行ってみたいとのことだったので、車で観光案内をしてみた。

IMG_3534
まず行ったのは河口湖畔にある天上山ロープウェイ。太宰治の「カチカチ山」の舞台だが、子供に説明するには残酷な内容ではある。中国人団体でごった返していたが、なかなかの景観が楽しめた。

IMG_3526のコピー
ランチはほうとう不動東恋路店。ほうとうも旨いし、真っ白のかまくら風建築も面白い店である。

IMG_3540
食後は河口湖湖畔を走り大石公園へ行った。ここも河口湖を前景にした撮影ポイントである。この日は天気は良かったが、山頂の雲がなかなか晴れなかった。

IMG_3552
河口湖美術館に行こうと思っていたのだが閉館時間が早いため、代わりに富士急ハイランドにあるフジヤマミュージアムへ。ここも建築が面白く、新旧の富士山の絵画が楽しめた。

IMG_3428
最後は夕焼けを拝むために山中湖畔の三国峠へ登った。富士と山中湖と周辺の山々が静かに染まる雄大な景色を一望できた。

個人的には他にも色々行きたい所があったが、今回は自然と建築と美術の好きな夫婦のために行程を組んでみた。かなり喜んでもらえたので良かった。今度は富士山に登ってみたいということだったので、早く子供が大きくなるのを待っていよう。

Gallery
  • 茅ヶ岳登山
  • 茅ヶ岳登山
  • 茅ヶ岳登山
  • 茅ヶ岳登山
  • 茅ヶ岳登山
  • 茅ヶ岳登山
  • 茅ヶ岳登山
  • 茅ヶ岳登山
  • 茅ヶ岳登山
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments