山アート

第37回 山への賛歌 武井清 油絵展

IMG_2983

7月に観た日本山岳画協会展では、素晴らしい山岳画の数々に魅了されたが、中でも最も感銘を受けたのが武井先生の作品だった。その際に武井先生の個展が新宿小田急の美術画廊で開催されると教えて頂いていたので観に行ってきた。毎年開催されていて、今年がなんと37回目になるという。

会場には30点以上の先生の作品がずらりと並んでいた。槍ヶ岳、穂高連峰、鹿島槍、五竜岳、白馬岳、立山、甲斐駒、北岳といった日本アルプスを中心に、八ヶ岳や富士山まで。日本山岳会にも所属されている先生はご自身で登った山しか描かないそう。どれも美しい雪山で、麓の新緑とのコントラストが綺麗なものから、人も寄せ付けないような厳しい山稜風景まで様々。まるで今その山と対峙しているようにリアルなのだが、近づいて見ると勢いのあるナイフ捌きも分かる。

特に印象的だったのがマッターホルンの作品群。ツェルマットから見る天に聳える東壁は惚れ惚れするような山容だ。その中で一枚だけ50Fという一際大きなキャンパスに描かれた「マッターホルン西壁」があった。先生は実際にこのオートルートを登られて、厳しい山行の末に登頂されたという。先週のウィンパーの初登頂にも思いを馳せながらずっと見入っていた。

ちなみに作品には値段が付いていたが、4Fの小さなものでも数十万円。先の「マッターホルン西壁」は1,944,000円だった。今の私にはとても手が出せないが、いつか小さくても良いので先生のマッターホルンを購入させて頂きたいものだ。そして一度生のマッターホルンを拝んでみたい。

「江戸百名山図譜」

江戸百名山図譜
住谷 雄幸
小学館
1995-10


日本の山岳画を遡る過程で見つけたのが、谷文晁の「日本名山図絵」でした。谷文晁(1763-1840)は江戸時代後期の文人画家で、当時の老中松平定信に随行し全国の山水画を残しています。「日本名山図絵」はそうした文晁が全国の名山88座を描いたものでした。

なかなかお目にかかる機会がなかったのですが、本著でその全作品を拝むことが出来ました。彩色のないシンプルな木版画なのですが、どの山もどっしりと構えた迫力のある作品となっています。

本著ではさらに12座を加えて、江戸百名山として紹介しています。まず気付くのは、深田久弥の「日本百名山」とはだいぶ異なり、箱根峠や鋸山など低山も多く選定されていること。その理由は修験道など信仰の対象であったり、人里に近かったりと、当時の人々の生活に密着した山である点です。

ここでは文晁の絵とともに、それぞれの山の江戸期以前の登山記録も収録されています。上人の開山に始まり、学者や儒者の登山の様子が原文で記載され、若干読み辛さはありますが、今とは異なる当時の山の様子をタイムスリップした気分で味わうことが出来ます。

文晁の絵を愉しむだけでなく、日本の山々の登山史を知るにも興味深い一冊です。

myogi

創立82周年 日本山岳画協会展

images

創立82周年 日本山岳画協会展が東京交通会館で開催されていたので観に行って来ました。

日本山岳画協会は、1936年に足立源一郎氏や丸山晩夏氏、吉田博氏ら錚々たる山岳画家によって創立されています。その名の通り日本の山岳画の最高峰です。

この日会場には24名の協会員の先生方の全部で68作品がずらりと並んでいました。槍穂高や剣などの北アルプスを始め、八ヶ岳・妙義山など国内の名山の数々、ヒマラヤやヨーロッパアルプスなど海外の山々もありました。油彩画、水彩画、木版画、ペン画など表現方法も様々で、画風も様々。緑柔らかな山麓風景から、荒々しい岩雪の山頂風景まで、それぞれ見事な山岳画の数々に時間を忘れて見入ってしまいました。

長いこと場内をうろちょろさせて頂いている間に、いらっしゃった画家先生方にも色々お話を伺うことが出来ました。やはり山々に対する長年の歴史と想いは並々ならぬものがあり、特にY先生の終戦直後の焼け野原に見えた富士山のお話や、T先生のマッターホルン登頂のお話は鮮烈でした。

私のような山岳画を好きな者にとっては正に夢のようなひと時でした。帰ってからも購入した画文集を眺めて愉しんでいます。感謝々々。

IMG_2717

日本山岳写真協会展 2017

sangaku

先日の「山へ! to the mountains 展」の山岳写真では物足りず、ちょうど良いタイミングで日本山岳写真協会展「山・われらをめぐる世界」が東京都美術館で開催されていたので覗いて来ました。

これがまた期待を遥かに越えるほど素晴らしかった。青空にそびえる夏の山頂や稜線。紅葉に染まる秋の山麓。真っ白な雪に覆われた冬の急斜面。雪解けに咲く春の山花。さらにはそこに朝焼けや夕焼けの色が足されて絶妙な色合いを魅せるものも。1つ1つ見入ってしまいますが、そんな作品が全部で300以上も場内にずらりと並んでいるわけで、回りきるのに相当時間がかかりました。

特別出展として皇太子殿下の作品「アイガー北壁」もありました。クライマーの冬の聖地は迫力がありました。

展示作品で一番多いのは北アルプスでしたが、他にも北海道から九州、さらにはヒマラヤやヨーロッパなどまで。国内外のあらゆる山々に登った気になれます。しかし実際はこれらの場所に行き、これらの絵を捉えることは並大抵のことではないわけで。そんな撮影者達の苦労の末の沢山の感動を共有させてもらえることは有難いことです。

やっぱり写真にしても絵画にしても山はいつでも最高のモチーフだと思います。

「山へ! to the mountains展」

mountains

世田谷文学館で「山へ! to the mountains展」が開催されていたので観てきました。

登山家、作家・随筆家、植物学者、写真家、建築家、漫画家など、山に深い関わりのある各界の著名な人達の品々が展示されていました。山になぞらえて一合目から頂上まで全部で10のブースに分かれており、どれも良かったのですが、特に以下の展示が興味深かったです。

●三合目
・深田久弥と日本百名山 「百の頂に百の喜びあり」
かの「日本百名山」を著した深田久弥は世田谷在住だったようで、地図やピッケルなど遺品が多く展示されていました。百名山の直筆原稿もあり、色々推敲を重ねていた様子が分かります。

●八合目
・田部井淳子「それでも私は山に登る」
昨年惜しくも他界された世界的な女性登山家の田部井淳子さん。女性として世界で初めてエベレストに登頂成功した時の登山ウェアや装備一式が展示されていて思わず見入りました。現地から夫に宛てた葉書や寄稿文などにも彼女の強さが現れていました。

●四合目
・「山岳写真にみる日本百名山」
岡田紅陽、田淵行男、白旗史朗、白川義員。歴代の著名な山岳写真家4名の作品展示。どれも素晴らしい写真でしたが、数が少なかったのが残念。

●一合目
・坂本眞一「そこから道は二つに分かれていた」
単独行の登山家  加藤文太郎を描いた人気漫画「孤高の人」。K2東壁へ挑戦するクライマックスの原画が展示されていて見入りましたが、まだ未読の人にはネタバレかもしれません。

とにかく山好きには愉しめます。開催は9月18日まで。

「吉田博展 山と水の風景」

yoshida

先日、損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている「吉田博展 山と水の風景」に行って来ました。生誕140年を記念した巡回展の最終展です。

吉田博は明治から昭和初期に活躍した風景画家で、先日取り上げた丸山晩霞らと共に太平洋画会を立ち上げ、白馬会の黒田清輝と敵対したことでも知られています。

場内には少年期のスケッチから晩年の作品まで181点が展示されており、しかも前後期で66点が入れ替えと、非常に見応えがあるものでした。

年代によって、水彩画・油彩画・木版画と様々な表現をしており、そのどれもが素晴らしい。また題材も、日本アルプス・瀬戸内海など日本国内だけでなく、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど旅をし続けた世界中の絶景が見事に描かれていました。

やっぱり個人的に最も好きなのは、毎年夏に山籠りして描いたという山岳画。中でも油彩画「穂高岳」の迫力のある筆使いと、木版画「劔山の朝」の絶妙な色合いには圧倒されました。さすが「絵の鬼」です。時間があればもっとゆっくり見たいところでしたが。後期も行こうかな。

ちなみにこの美術館、実はゴッホの「ひまわり」なども飾られていてビックリしました。

 

Gallery
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments