神奈川県

真鶴・伊豆探訪

先日娘と行ったキャンプの前後で少し観光もした。どこもそれほど人も多くなくて安心したが、酷暑の中マスクをするのは辛かった。

IMG_1447
真鶴岬の先にある三ツ石。干潮時は歩いて渡れるのだが、娘が暑がってしまい断念。

IMG_1440
ケープ真鶴にある遠藤貝類博物館。世界中の珍しい貝・巨大な貝の数々に思いのほか娘は楽しんだ。

IMG_1508
伊豆半島の尾根を縦断する伊豆スカイライン。有料だが絶景が楽しめる気持ちの良いワインディングロード。

IMG_1454
伊豆高原にある「まぼろし博覧会」。かなり古く猥雑な博物館なのだが、古今東西の怪しい品物が所狭しと並び、知見と恐怖を味わえた。

IMG_1484
山がちな伊豆半島の中でも特に気になっていた大室山(580m)。火山による綺麗な緑の円錐形で、怖がる娘をリフトに乗せて登る。

IMG_1491
思ったより火口は大きく、下界を見下ろしながら山頂を目指してぐるりとお鉢巡り。遠くに伊豆最高峰の天城山(1,405m)も拝めた。

根府川キャンプ

IMG_1404

今年はコロナのために娘の小学校も夏休みは2週間のみだった。日頃どこにも連れて行ってやれず、アウトドアならまだ安心かと思い、根府川の海岸沿いにあるオートキャンプ場「なみのこ村」へキャンプに行ってきた。

IMG_1413
実は私自身もキャンプなんてボーイスカウトだった子供の頃以来。テントもビーチ用のしょぼいものしかなく、お隣のデカいファミリーテントに比べると少し恥ずかしいのだが、いいのだ寝られれば。

IMG_1397
日差しが強かったが、キャンプ場は松の木陰で涼しい。木のブランコを見つけ早速に風になる娘。

IMG_1407
残念ながら海は遊泳禁止になっていたので、波打ち際で少しだけ遊ぶ。打ち上げられた石はみんな綺麗に丸くなっていた。

IMG_1415
夕食はバーベキュー。コンロから食材まで一式貸してくれるので非常にお気楽。炭に火をつけて、肉や野菜を焼いて最後に焼きそば。日頃料理などしない娘も積極的に手伝ってくれるので、私はビール片手に一休み。

IMG_1425a
日が暮れたら海辺で花火。これもマンション住まいだとなかなか出来ないので喜んでいた。最後は線香花火で締め。

IMG_1427
海の向こうからは日の出ならぬ満月の出が綺麗に海面に映り幻想的だった。しかし夜に岸壁に寄せる波の音はドドーと予想以上に大きく聞こえ、夜中に目が覚めた後はなかなか寝つけず困った。

そんな感じで初の試みは期待以上に上手く運んで安心した。次回は山か湖か、場所を変えてまたやってみたい。

箱根探訪

IMG_4505

分散して取った夏休みの最後は箱根に行って来た。また今年も来日したアメリカの叔母とその友人、そして両親を車で連れて行った。

IMG_4491
蕎麦が食べたいとのリクエストで、仙石原の座りやへ。ここは蕎麦屋なのにタピオカも人気だ。

IMG_4494
叔母と友人がアート好きなので、続いて行ったのはポーラ美術館。開催中の企画展は現代アート中心だったが、コレクション展示でルノアールやモネなども観ることが出来た。

IMG_4503
この夜泊まったのは湯本にあるマイユクール祥月。部屋に用意されたウェルカムデザートや、夕食の可愛らしい前菜の盛り合わせなど、女性に受けの良さそうなホテルだった。

IMG_4508
翌朝はあいにくの雨。芦ノ湖で海賊船という希望もあったが断念。代わりに箱根ホテルのカフェで湖畔を眺める。

IMG_4511
大涌谷も通行止めで行けず、やむなくラリック美術館へ。ルネ・ラリックはカーマスコットしか知らなかったが、女性や自然生物をモチーフにした見事なガラス工芸の数々に見入った。

IMG_4510
ラリック美術館の庭園には、モネの睡蓮の庭が再現されていた。

結局箱根は2日間雨と曇りというあいにくの天気だったが、結果的に今回は少し小洒落た旅となった。

宮ヶ瀬探訪

IMG_3894

先日は家族で宮ヶ瀬にも行ってきた。まだギリギリ桜を見ることが出来たが、目的は花見ではない。

anpan
まず最初に立ち寄ったのは、オギノパン本社工場。ここは無料で工場見学が出来る上に、出来立ての様々なパンを食べられる。私は丹沢あんぱんを堪能し、妻と娘は揚げパンに大喜びしていた。

IMG_3902
続いて行ったのは宮ヶ瀬ダム。春以降は毎月第2日曜日に観光放流が実施されている。結構な人だかりで、予想以上の水量と勢いに歓声が上がっていた。

IMG_3852
最後に訪れたのは服部牧場。神奈川県で唯一の牧場で、様々な動物と触れ合うことが出来る。早速乗馬体験をさせてもらう。17歳のサクラという名のおばちゃん馬。

IMG_3864
続いては牛舎で乳搾り体験。名前はウシコ(笑)。結構巧く絞れてたと思う。

IMG_3889
広い牧草地では沢山の羊たちもいて、娘は草をあげるのに夢中になっていた。

他にもヤギ、ミニブタ、ウサギ、シープドッグ、ニワトリ、アヒルなど、様々な動物がいた。さらには作り立てのソフトクリームやドイツソーセージなんかも食べられ、一家で楽しませてもらった。動物好きの娘には楽園だったようで、また連れて行くことを約束させられた。

IMG_3876

鎌倉探訪

長かった娘の夏休みもようやく終わったが、夏休みの終わりにもう1つ小旅行をしたので書いておきたい。アメリカから親戚(叔母と従弟)が来日し、鎌倉に泊まりたいというリクエストがあり、うちの家族も連れて行ってきた。

shirasu
まずは江ノ島からスタート。生シラスを食べたかったので、魚華で生シラス・釜揚げシラス・ネギトロの三色丼を賞味する。

eno
続いて江の島神社をお参りし、亀ヶ岡広場まで行き海を眺める。本当は岩屋洞窟まで行きたかったが、母親の足が悪いので断念。船で行くことも出来たらしいが、波が強くこの日は動いていなかった。

IMG_2871
この日の夜、親戚は鎌倉プリンスホテルに泊まったが、こちらはそんなにお金がないので、WeBace鎌倉に泊まった。ホステルだが広いファミリールームもあった。

IMG_2869
翌朝は早く起きて由比ヶ浜を散歩。朝靄が気持ち良かった。

dai
2日目はまずはお約束の高徳院へ。大仏の中にも入ってみたが、とにかくこの日は暑かった。

hachi
続いて鶴岡八幡宮。酷暑の中で長い参道と階段を歩くのが厳しかったので、側道から本宮へ入った。

219
ちょっと涼しい所に行きたくなり、新しく出来たという鎌倉歴史文化交流館へ。それほど大きくはないが、なかなか見応えがあって良かった。

昼は小町通りで蕎麦を食べた後、少し散策。暑いのに若い人達で賑わっていた。

hanabi
夜は横浜金沢へ花火大会を観に行った。スゴい人ごみの中、数々の鮮やかな花火を堪能した。駐車場は2時間前に来た時は余裕で停められたが、帰る時には大混乱で出るだけで1時間半もかかって大変だった。

ひとまずアメリカ生まれの従弟に色々日本文化を見せることが出来たと思う。が、私自身も鎌倉や江の島は近いわりにはあまり行っておらず、今回はゆっくり出来なかったので、今度改めて行きたいと思った。

「風景印かながわ探訪」



一昨年から集め始めた風景印。休みの日にちょこちょこと郵便局巡りをしていましたが、その数は県内だけでも200近くになりました。ただ私の場合、何かを収集する際、1つ1つのデザイン等よりも、とかく数を集めることに集中してしまいがち。そんな中で出会ったのが、フリーライターの吉沢保さんでした。

この方は風景印の案内人として有名で、数々の著書を出されています。実際に何度かお会いしたこともありますが、教えて頂いたことは描かれている図柄からその土地の歴史や文化等の背景を学ぶことの楽しさでした。

これは吉沢さんの昨年末に出た新刊。これまで神奈川新聞に連載されていた県内の風景印の紹介86篇に、新たに2編を加えて出版されたもの。私は神奈川県に移り住んで10年ほどになりますが、まだまだ知らないことが沢山あるので、そんな住む土地について風景印の図柄と合わせて楽しく学ぶことが出来るのは有難いものでした。

昨年はこの出版を記念した講演会もありました。多くのスライドと笑いを交えながら、各地の取材での様々なエピソードを披露して下さりました。その中で私も訪れ印象深かったところをピックアップしてみます。

① 相模原磯部局
isobe
相模川の大凧祭は、まだ子供が小さかった頃に見に行きました。想像以上に大きな凧でしたが、その年はなかなか上がらず、やっと上がったと思ったらすぐに落ちて壊れてしまっていました。それも想定内というか、何とものんびりしたお祭でした。

② 半原局
hanbara
県内にいくつかある湖のうち、宮ヶ瀬湖は特に好きでたまに訪れます。色々見所は多いですが、ダムの観光放流は知りませんでした。私が子供の頃は宮ヶ瀬湖は地図には載っておらず、代わりに当時は宮ヶ瀬村となっていました。なので私はいつも湖を眺めながら消えた村に想いを馳せます。

③ 藤沢本町局
fujisawa 
江戸時代の神奈川には東海道の宿場が9宿存在していましたが、藤沢はその1つ。ここでは歌川広重の「東海道五十三次・藤澤」の江ノ島詣が描かれています。街中には浮世絵が至る所で見られ、辻堂にある藤澤浮世絵館も見応えありました。

色々巡ってみるほどに知ることができる県内の奥深い歴史や文化。これからも探訪は続きます。
Gallery
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments