Comics / Anime

アイカツ






娘がプリキュアにハマっていたのは3~5歳の頃。その後アニメは、アナ雪、妖怪ウォッチ、ドラえもん、とお気に入りアニメは変遷した。そして少4の今彼女が夢中になっているのがアイカツである。

前からあるアニメだし、低学年のイメージだったが、どうやら親友の影響らしい。子供が好きなものを理解するのは親の務めかと、一緒にテレビやYouTubeを観てみた。要は女子中高生達がトップアイドルを目指して奮闘するという内容で、昨年から始まったアイカツフレンズは、初代アイカツ・アイカツスターズに続く3代目らしい。2年毎に変わるようだが、毎年変わるプリキュアよりはマシか。

このアイカツが世の中の少女達を夢中にさせる要因は、トレーディングカードにあるようだ。キャラクター毎・曲毎に、トップス・スカート・アクセサリーなどの衣装が無数にあり、ゲーセンなどにある端末を操作してそれらを集める。娘も毎週末のようにスーパーにある端末に座り、レアカードを入手しては満足そうにファイリングし、踊るキャラクターが着ているドレスを見ては「これ持ってる!」と喜んでいる。

私が感心したのは音楽である。キャラクター達それぞれ自分の持ち歌があり、毎回順番にステージで歌って踊る。娘はダンスを見るだけでなく、曲のメロディや歌詞までよく聴いている。娘が音楽に興味を持つことは良いことだと思い、早速CDを買ってみた。私も一緒に聴いてみたが、流石プロの仕事、非常に完成度が高い。ポップ系・キュート系・クール系・セクシー系などキャラクター毎に曲調も多彩で飽きさせない。歌詞もキッズカテゴリーなので、恋愛ではなく夢や勇気や友情といった内容で、「良いこと言うなぁ」と共感している娘の様子が微笑ましい。

もっとも娘がいない時にまでキッズアニメソングを聴いている中年男の姿はあまり人様には見せられたものではないが。。


藤子・F・不二雄ミュージアム

IMG_2731

うちの娘はかなりの漫画好き。幼い頃からいつも妻の漫画を読み漁っている。先日も妻が実家から引き上げてきた大量の「ドラえもん」単行本コレクションに飛びつきハマっている。

ドラえもんは私も昔好きだったので、今だにテレビで放映されたり、映画が公開されて、子供達に愛されているのを見るのは感慨深いものがある。声優の交代で昔と声が違うのはやっぱり違和感があるが。

ということで、先日家族で川崎にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってみた。まずここ、ちょっと面倒なのが完全予約制なこと。週末はかなり早めの予約が必要な上、入口でも結構長い列に並ぶ。

中は藤子・F・不二雄氏の生い立ちや仕事机など色んな展示があるが、メインはやはり大量の直筆原画。「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」などの原画がずらりと並んでいた。また、まんがコーナーではF氏の全作品の単行本が揃っていたので、家族でずっと読み漁ってしまいた。他にもシアターやショップなどもあった。

ただ見ていて1つだけどうしても気になったこと。もしこれがF氏だけでなく、喧嘩別れしたA氏との合同ミュージアムだったら、ここに「怪物くん」や「忍者ハットリくん」や「笑ゥせぇるすまん」などもいたのだろうなということ。このミュージアムはF氏の遺族からの寄贈によるものなので当然ではあるし、ドラえもんだけでも海外にも通用するキラーコンテンツではあるのだけれど。本人達の意思に反して合同ミュージアムが建設される日は、来ないだろうな。

麻雀

ノーマーク爆牌党 (9) (近代麻雀コミックス)ノーマーク爆牌党 (9) (近代麻雀コミックス)
片山まさゆき

竹書房 1997-05-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


謹賀新年。

今年は喪中のため淋しい正月だった。しかし喪中というのは、喪中ハガキを大量に出しても全く見返りがないので、非常に損をした気になるのは私だけだろうか。次回からは喪中ハガキを出さずに、年賀状をもらったら寒中見舞で返そうかと本気で思ってしまう。

さて何か正月らしい話題はないかと考えた末、今日は麻雀について書いてみたいと思う。

私が子供の頃は、毎年正月になると、家族でこたつのテーブルをひっくり返して牌を並べて、よく麻雀をやっていたものだった。点数計算まではしていなかったが、役を覚えて家族4人で打っていた。他の家庭は知らないが、正月とはそういうものだと思っていた。その後高校に入ってからはよく親が不在がちな友人宅に週末集まっては徹夜で打つようになった。家族麻雀だけでは知り得なかった奥深さを知ることで、いつしか父親よりも強くなっていた。

地方の大学に進学した際には、更に多くの麻雀仲間が増え、しかも皆一人暮らしなのが災いし、文字通りどっぷりハマることになる。毎週末はもちろん、下手すれば平日も、夜バイトが終わった後に誰かしらの家に集合し、朝まで宅を囲んでいた。皆事前にカップラーメンやコンビニ弁当やタバコをしこたま買い込み、散々食い&吸い散らかすもんだから、自分の部屋を提供した時は終わった後はたまったものではなかったが、それでも楽しくて仕方なかったのだった。私は比較的大学に頑張って行っていた方だが、周りは落第し留年していた者も多かった。今思えば大学に行ってなかった奴の方が麻雀が強いという構図があった気がする。

そんな罪深い麻雀であったが、その奥深さには魔性の魅力があった。世の中には卓上ゲームは数多くあれど、手役の多さ、相手の手の読み方や心理的駆け引き、点数計算の複雑さなど、麻雀の奥深さは比類がないと思っている。学生時代の私は強くなるために人の手筋を分析したり麻雀漫画を読んだり、それこそ大学の勉強以上に熱心に励んでいたものだった。

そして今改めて考えると、それはビジネスにも通ずるものがある。まず自分の手の内にあるものを十分理解をした上で、最終的な目標を設定し、そこまでの道筋をシミュレーションする。次に情報を収集した上で市場やライバルの動向を分析し、攻守のバランスを取りながら業務を遂行する。そしてタイミングを逃すことなく英断的判断を下す。これは対外的なものだけでなく、職場内で考えてもいいと思う。

ここまで考えると、あの学生時代に費やした膨大な時間も、決して無駄ではなかったのだという気がしてきた。そんな正月のひととき。

80年代アニメ主題歌

先週から流れで80年代アニメを取り上げてみる。ただ最初単純にアニメのランキングにしようと思ったら、結果的に原作の方がよかったというものが多かった。なので今回は80年代アニメの主題歌ランキングにしてみた。個人的にオープニング曲よりもエンディング曲の方が印象に強い。


1.ルパン三世
Pete Mac Jr 「ルパン三世のテーマ」
希代の名曲。また登場キャラクターやレトロな雰囲気も少年だけでなく大人の男性の心も鷲掴みするカッコよさだった。またこれだけは原作よりもアニメの方が良いと思う珍しい例。




2.シティハンター
TM NETWORK 「Get Wild」
この曲のカッコよさが、アニメの魅力を倍増させていた気がする。




3.タッチ
岩崎良美 「青春」
オープニング曲が取り上げられることが多いが、個人的にはエンディングの方が印象に残っている。同じく岩崎良美の「君がいなければ」も名曲だった。作品自体も名作。




4.銀河鉄道999
ささきいさお 「銀河鉄道999」
歌詞と歌唱がいい。ちなみにアニメの鉄郎は何かカッコいいが、個人的には原作の情けない鉄郎の方がよかった。




5.ハイスクール奇面組
うしろゆびさされ組 「うしろゆびさされ組」
当時のおニャン子クラブ人気を加速させていたアニメ。当時流行ったギャグも多い。懐かしい。




6.名探偵ホームズ
ダ・カーポ 「空からこぼれたストーリー」
少しマイナーだが、実はこれも宮崎駿監督作品。当時これに触発されて小説「シャーロックホームズ」や「怪盗ルパン」も読んだりした。




7.ドラゴンボール
橋本潮 「ロマンティックをあげるよ」
後に強くなりすぎてしまった感があるので、今思えば冒険のワクワク感があるこの頃が一番良かった気がする。




8.ドラえもん
武田鉄也 「少年期」
初期の頃の長編映画は傑作が多かった。映画で一番好きだったのは「海底鬼岩城」だが、主題歌では「宇宙小戦争」のこれ。動画は関係ないが。




9.天空の城ラピュタ
井上あずみ 「君をのせて」
先週のナウシカと並ぶ、宮崎監督による初期の名作。オリジナルバージョンの動画はなかった。

宮崎 駿 「風の谷のナウシカ」

風の谷のナウシカ 7風の谷のナウシカ 7
宮崎 駿

徳間書店 1994-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日宮崎駿監督が引退するということで、だいぶ話題になっていた。数々の長編アニメを製作し続け、アカデミー賞などを受賞するなど世界的にも高い評価と人気を博し、アニメを芸術のレベルまで昇華させたと言われている。

私は年代的にも「となりのトトロ」までしか見ていないので、あまり語れるわけではないのだが、その少ない中で最も印象に残っているのは「風の谷のナウシカ」である。当時私はまだ小学生だったが、それまで見たことないようなスケールの大きな世界観に圧倒されたものだった。

その後原作があることを知りハマった。原作に比べると、映画が冒頭のほんの一部のみを簡潔にまとめただけに過ぎず、原作はもっと複雑で重かった。

「火の7日間」と呼ばれる最終戦争により地球上の文明社会が滅亡してから1000年後、腐海という有毒菌類の森に覆い尽くされようとする世紀末の世界が描かれている。当時これを読み、核兵器や化学兵器の恐ろしさや、大自然を支配しようとすることの愚かさを痛感したものだった。

あれから20年以上経った今では、エコという言葉が流行しているが、その一方で大自然の破壊は留まることを知らず、またシリアやイラン・北朝鮮のような国も後を絶たない。そんな世の中を見ていると、この作品のように世界が浄化されるためには一度滅亡を経験しなければならないのかと思ってしまう。1000年後までこの美しい地球を残すためには、宮崎監督がこの作品で問うた重いテーマを、私たちは改めて考え直す必要があるのではないだろうか。




プリキュア

映画プリキュアオールスターズ New Stage2 こころのともだち オリジナル・サウンドトラック映画プリキュアオールスターズ New Stage2 こころのともだち オリジナル・サウンドトラック
高梨康治 サントラ 工藤真由 吉田仁美 黒沢ともよ

マーベラスAQL 2013-03-13
売り上げランキング : 43990

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うちの娘は3歳になった頃から、アンパンマンにさっさと見切りをつけ、プリキュアにハマってしまった。これは従姉や保育園の友達の影響が強かった。それまで何万円も投資したアンパンマングッズが一気に無用の長物になってしまった。ストーリーはほとんど理解していないようだが、いつも主題歌のダンスを踊ったり、変身しては必殺技で私を倒そうとしている。

しかしこのプリキュアがまた曲者だった。毎年キャラクターが全て一新されてしまうのだ。昨年9月から見始めたのはスマイルプリキュアだったわけで、そのグッズが家の中に増えていった。私も娘に教えられ5人のキャラクターをようやく覚えた。だがたった数ヶ月でそのスマイルプリキュアは終了し、2月から新しくドキドキプリキュアというのが始まったのだ。また新しくグッズを買い揃えなければいけなくなるのだ。アンパンマンやキティやドラえもんなら、何十年もキャラが変わることがないため買い替える必要もないのに。

ちなみに職場で小さい娘を持つ30~40代のパパ達と呑みに行くと、よく話題に登るのがプリキュア。皆誰しもが通る道のようだ。ただし娘の年齢によって、それぞれのパパが知っているプリキュアが皆違うのだが。大の大人達が集まって女児アニメのキャラクター名を嬉しそうに並べている様子はある種異様だ。

そんな折り、過去の全てのプリキュアが登場する映画が上映され、私が付き添うことになった。歴代の登場プリキュア総勢32人というが、多すぎだろう。もしこれが続いて毎年4~5人ずつ増えていくならば大変なことになりそうだ。またこのオールスターズ映画の上映がこの時期なのも、旧組と新組が主役となるのも、まだ旧組にこだわりのある子達を上手く新組につなぐための商業的背景が読み取れる。

ちなみにこの映画、子供参加型のようで、プリキュア達が負けそうになった時に、もらった小さなライトをかざして応援することになっている。しかしいざその場面になり、回りの子達が「がんばれ~」とライトをかざしている中、うちの娘は微動だにしなかった。確かにうちのは団体行動が嫌いだが。すると挙げ句、映画を見終わった後には、「プリキュアめ、やっつけてやる!」と悪役のセリフを唱えている。どうやら、うちの娘が感情移入していたのは、プリキュアではなく悪役の方だったのかもしれない…。


「宇宙兄弟」 小山宙哉著

宇宙兄弟(17) (モーニング KC)宇宙兄弟(17) (モーニング KC)
小山 宙哉

講談社 2012-03-23
売り上げランキング : 2265

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今年映画化とアニメ化もされた大ヒット漫画「宇宙兄弟」。普段それほど漫画は読まないのだが、随分話題になっていたので読み始めたら、ついハマってしまった。

幼い頃に交わした約束通りに宇宙飛行士になり月へと行った弟。職を失い路頭に迷っていたところに、忘れていたかつての夢を取り戻し、宇宙飛行士を目指す兄。非日常的な舞台における兄弟の夢と絆が描かれている。ストーリーやキャラクターの面白さも勿論だが、宇宙飛行士になるための試験やNASAの訓練など、私達が普段知ることのない世界の様子が事細かに描写されているのがまた興味深い。

私も子供の頃宇宙は大好きだった。もっともこの兄弟のように月への執着は全くなかったが、見える星々や宇宙の巨大さにワクワクし、宇宙の外側の世界に想いを馳せていた。また星座や星の名前も好きでよく覚えていたものだった。特に今頃の空気が澄んだ冬の星空は格別で、オリオン座のベデルギウス、大犬座のシリウス、子犬座のプロキオン、牡牛座のアルデバラン、御者座のカペラなどをつないで冬の大三角や大六角をいつもなぞっていた。しかし今となっては、日々のパソコン仕事のために視力は低下してしまい、もはや二等星以下の星は見えなくなってしまったのが悲しい。

人間夢を見ること、夢を叶えることというのは素晴らしいことである。しかしその夢の内容によっては実現が困難なことも多い。以前私は高校の教員をしていたが、進路指導には苦労した。現実問題として人は生きていくためには稼がなければならないわけで、夢を叶えて食べられるようになるには、資質や努力、時には運も必要になる。若い頃に夢があったとしても、大人になる中で現実を知り、夢の形を変えたり諦めることも多いものだ。だからこそ、この作品で描かれているように一度諦めた夢に改めて挑戦する姿が眩しく見えるのだろう。


アンパンマンと姫



うちの姫が愛してやまないもの。それはアンパンマン。家の中、街の中、どこでも彼を見つけると、「アンパンマン!」と嬉しそうに指差して叫ぶ。彼女がその名前を覚えたのは、言葉を覚えだしてかなり早い段階だった。一方、私のことは未だに「ママ!」とか呼ぶ。 ちょっと、というかかなり悔しい。

家の中はアンパンマングッズで一杯。アンパンマンのむいぐるみ、アンパンマンの手押し車、アンパンマンの絵本、アンパンマンのパズル、アンパンマンのTシャツ、アンパンマンのお面、アンパンマンのDVD、アンパンマンのクッキー、アンパンマンのふりかけ、アンパンマンの…。恐らくこの年齢の子供のいる家庭はどこもそんなものなんだろう。おかげで私も主要キャラクターの似顔絵が描けるようになってしまった。

アンパンマンなんて昔からあったが、私が子供の頃などは今ほどは人気がなかった気がする。調べてみたらテレビアニメがスタートしたのが1988年、絵本ができたのは1974年、作者のやなせたかし氏は今年で92歳になるというから恐れ入る。

昔は確かお腹が空いた子供を助けるために自分の顔を食べさせたりしていた気がするが、最近はそういう展開は見られない。どうやら残酷だというクレームが理由のようだ。今のストーリーは、バイキンマンと戦う時に顔のアンパンがちぎれたり濡れたりすることで力が出なくなってしまうのだが、ジャムおじさんに作ってもらった新しい顔によって復活し、最後は見事勝利するという流れ。とにかく毎回同じストーリーなのだが、なぜだか子供は飽きないのだ。私なんかが見ると、一回くらい負けて終了~とかあると面白いのにと思ってしまうのだが、きっとそれは汚れた大人の証拠なのかもしれない。

さて実は先日うちの姫が2歳の誕生日を迎えたのだが、プレゼントをどうしようかと迷った。もう大抵のオモチャも服もお下がりで沢山揃っているし、むしろこれ以上は邪魔なだけだ。ということで、家族全員で休みを取り、横浜にあるアンパンマンミュージアムに連れてってみた。

着いてみると、平日だというのに子供だらけ。ちょうどうちの姫と同じ位の1~3歳位の子供と、それを連れた若い両親で溢れていた。姫は予想通り大はしゃぎ。色々指差して叫びながら、あっちこっちに走っていく。それをとにかく見失わないように、後から追いかける。そんな光景があちこちで繰り広げられていた。

ミュージアムといっても展示物があるわけではなく、キャラクターの銅像が並んでたり、プレイランドがあったり、紙芝居や人形劇がやってたり、とにかく子供が喜びそうなものばかり。うちの姫はアンパンマンの銅像に向かって「飛んでってよ~」と無理な要求をしたり、アンパンマンの顔をしたアンパンの鼻やほっぺたをむしったりして一日楽しく遊んでいた。

この間産まれてきたと思ったら、もう2歳とは早いものだ。最近じゃ随分言葉も覚えて、色んな会話もできるようになってきた。それと同時に一段と自己主張も強くなりわがままにもなってきた。げに恐ろしき「魔の2歳」である。どうぞアンパンマンのように素直に育っていってください。

  
Gallery
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments