Helloween

Helloween 「Pumpkins United World Tour 2018 in Japan」

united

Helloweenのライブに行って来た。会場のZepp Tokyo。アリーナ中央の右手から入ると、ソールドアウトの場内は開演前からスゴい熱気だった。

SEの最後に”Let Me Entertain You”が流れると大歓声。幕が降りてメンバー登場。右手からWeikie、Kai Hansen、Markus Grosskopf、Sascha Gerstner、後ろのドラムセットにはDani Loble。オープニングはいきなり長尺の”Halloween”。そして歓声の中ボーカルの2人Andi DerisとMichael Kiskeもマイクを持って登場。これだけ豪華なメンバーがステージに並んでいることが信じ難い。

ボーカルの2人は花道で掛け合いをしたり肩を組んだり仲良さそう。かつては美青年だった2人も随分丸くなってしまったが (Kiskeに至っては頭部も見事に別人)、声は昔から変わらない。

ギタリスト達も交互に花道に出てきてくれるのだが、3人もいるとツインリードを弾いている時も後ろにもう1人リズムギターがいるわけで、やっぱり音の厚みが違う。さらにはトリプルリードなんてものまで見せてくれる豪華さ。

”Dr. Stein”の後にAndiのMC。「Good evening Tokyo。戻って来られて嬉しいよ。ちょっとまだ喉の調子が悪いから皆歌うのを手伝ってくれよな。日本人はアニメは好きかい?」「好きだと思うよ」とKiske。「SethとDocを紹介しよう」。バックスクリーンに2人のカボチャのアニメキャラクターが登場する。これはスペインのファンが作ったものらしいが、普通にどこかの大手プロダクションが作ったみたいによく出来ていた。ただこの後毎曲終わるごとに登場してくるのは、ちょっと閉口したが。

”I'm Alive”の後は、”If I Could”、”Are You Metal”と2曲続けてAndiボーカル。調子悪いと言っていたが、それでも高音も出ていたし、かなり頑張っていたと思う。一方で昨年はずっと調子を壊していたというMichaelは絶好調で、深みのある低音から伸びる高音まで流石だった。

AndiとKaiがシルクハットを被って演奏された”Perfect Gentleman”の後は、いよいよKaiの見せ所。中央のスタンドマイクに立ち「80年代のオールドスクールメタルの準備はいいか?」と煽り、”Happy Halloween”のアニメーションの後に強烈なスクリームから怒涛の勢いで”Starlight”に雪崩れ込む。場内はヘッドバンキングの嵐。その勢いのままメドレーで”Ride The Sky”, ”Judas”, ”Heavy Metal”と駆け抜けていく。ここはこの日のハイライトの1つだった。

それにしても場内凄まじい暑さ。まるでサウナにいるような熱気で、Tシャツも汗びっしょり。ステージで革ジャンを着たままのKiskeやSaschaが信じられない。たまに開くドアの外からの冷気だけが救いだった。

Kiske「この曲は俺がHelloweenに加入して初めてレコーディングした曲だよ」と言って始まったのは”A Tale That Wasn't Right”。この日初めてのバラード。紫のライティングの中しっとりとKiskeが歌い上げた。

新曲”Pumpkins United”に続いてはDaniのドラムソロ。するとスクリーンにビデオテープをセットする映像が流れて、在りし日のIngoが現れた。感傷を誘うIngoのドラムプレイが流れた後に、Daniがそれに合わせて同じリズムを叩き始めた。この演出は事前に知っていてもグッと来るものがあった。

その後も新旧織り交ぜて盛り上げた後にAndi「次は最後の曲だ。本編のね(笑)。この曲は俺が初めて聴いたHelloweenの曲だった。その時に俺はこう思ったんだ。なんでこの曲を書いたのが俺じゃないんだろうって」そう言って始まったのは”How Many Tears”。ボーカルの3人が交互に歌いながら疾風の如く駆け抜ける。Andiがそう感じたのもよく分かる名曲だ。最後静かにアルペジオを奏でながらメンバーが1人ずつ退場していき、最後にSashaだけが残った。

私はもうここで熱さに堪らず飛び出してドリンクを取りに行った。マシかと思って後方から再度中に入ったが熱さは変わらなかった。

アンコールは”Invitation”から”Eagle Fly Free”。ちゃんとイントロ付きでこの名曲を聴けるのが嬉しい。そしてここで大曲”Keeper of the Seven Keys”。2度目のアンコールは”Future World”に”I Want Out”。これでもかという名曲が立て続けで、最後は沢山のオレンジの大きな風船が降ってきて、このお祭りのフィナーレを飾った。今までZeppは何度も来ていたが、こんなに場内が熱かったことはないと思う。

1. Halloween
2. Dr. Stein
3. March of Time
4. If I Could Fly
5. Are You Metal?
6. Rise and Fall
7. Perfect Gentleman
8. Starlight / Ride the Sky / Judas / Heavy Metal
9. A Tale That Wasn't Right
10.I'm Alive
11.Pumpkins United
12.Drum Solo
13.Livin' Ain't No Crime / A Little Time
14.Why?
15.Power
16.How Many Tears
encore1
17.Invitation / Eagle Fly Free
18.Keeper of the Seven Keys
encore2
19.Future World
20.I Want Out


Helloween 「Keeper of the Seven Keys Part Ⅱ」 (1988)

2. Eagle Fly Free
3. You Always Walk Alone
4. Rise And Fall
5. Dr. Stein
6. We Got The Right
7. March Of Time
8. I Want Out
9. Keeper Of The Seven Keys
10.Save Us
 
来月Helloweenが来日します。今回は往年のメンバーKai HansenとMichael Kiskeが加わりPumpkins United Tourとしてやって来ます。

お約束ですが一番好きなアルバムは初めて聴いた1988年の「Keeper Of The Seven Keys Ⅱ」。荘厳なインストM1から飛翔感のあるM2への流れがまず理想的。M4とM5もコミカルな中に社会風刺が効いている名曲。そして極めつけはM9。静かなアルペジオから始まり、緩急のめくるめく展開を聴かせ、高揚感溢れるサビへとつながる大作です。他にも名曲揃いですが、Kai Hansen主導だった硬質な前作と比べ、今作はメンバーそれぞれが作曲に関わりバラエティに富んでいるのが特徴的です。個人的には特にメロディアスなMichael Waikathの楽曲が好きでした。

Michael Kiskeの伸びやかなハイトーンと表現力、KaiとWaikathのメロディアスなツインリードギター、MarkusとIngoの疾走感溢れるリズム隊。ここに強力な楽曲群が備わり不朽の名作となりました。

こうしたメロディとスピードというスタイルはドイツ国内で数多の後続バンドに継承され、ジャーマンメタルという潮流を生み出しました。以降はドイツ国外への影響からメロスピと呼ばれるようになったようです。


Gallery
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
  • 「バンクシー展 天才か反逆者か」
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments