Riot

Riot 「Thundersteel 30th Special In Japan」

riot

Riotの来日公演に行って来た。会場の川崎クラブチッタは10数年ぶり。クラブチッタは最近独自でHR/HMバンドの招致やイベント開催に力を入れているらしく、こうした呼び屋を介さずハコ独自の招致は頼もしい。

18:00場内暗転し歓声が上がる中、演奏が始まると幕が降りた。現れたメンバーは全員黒に赤いラインの入った衣装を着ている。後ろにはメンバーが大きく描かれたバックドロップ。オープニングは来月リリース予定という新作からの新曲”Armor Of Light'。早くてRiotらしい曲。2曲目もそのまま畳み掛けるように”Ride Hard Live Free”。

ボーカルのTodd Michael Hallは噂に違わずスゴかった。確かにTony Mooreに声が似てるが、声の伸びや力強さはTony以上なんじゃないかとすら思った。しかもなかなかのイケメンでムキムキ。

3-4曲目は”On Your Knees”と”Metal Soldiers”と2曲続けてアルバム「The Privilege Of Power」から披露し、オールドファンを喜ばす。ここでToddのMC。「ドモアリガト。今日は寝れたし移動もないから良い日だった。今日は沢山提供するものがあるよ。投げるピックも沢山あるしね。次は”Fall From The Sky”。」

正直最近の曲はあまり予習もせずに今回参戦したのだが、どの曲もファストでカッコ良い曲ばかりで、特に”Angel Eyes”が印象的だった。またどれだけ早くても余裕を見せながら終始息のピッタリ合った演奏を魅せるバンドの演奏力も流石だった。

オールドメンバーのベースDon Van Stavernはステージ右手の定位置をあまり動かなかったが、終始嬉しそうな笑顔。彼作の”Land Of The Rising Sun”はタイトル通り日本愛に溢れる曲で、最後に指でハートマークを作ってみせていた。

左手のギターMike Flyntzもオールドメンバー。この日はMark Realeと同じような黒のレスポールを持って見事なソロを弾いていた。

見ていて面白かったのは一番右手のギターNick Lee。若いこともあり一番元気で、飛び跳ねたりステージを所狭しと走り回ったり。Mikeと並んでのツインリードも見所だった。

15分の休憩を挟み、ここからは第2部として「Thundersteel」の完全再現。白幕に映し出された雷と戦士の映像をバックに詩が朗読された後、タイトル曲のリフが聴こえ大歓声の中幕が降りた。ステージ左右にはアルバムジャケットのバックドロップが追加されていた。

ここからはお祭り状態。場内腕を突き上げ、ヘッドバンキングと大合唱。メンバーも皆楽しそうに笑顔で演奏していた。個人的なハイライトは名曲”Flight Of The Warrior”と”Johnny's Back”。また”Bloodstreet”でのMark Realeの泣きのギターソロを、Mikeが同じ黒のレスポで情感たっぷりと弾いていたところは感動的だった。唯一残念だったのは、”Buried Alive”前半のインストパートが暗転したまま録音音源だったこと。出来ればここも演奏してほしかった。

アンコールは「今度はずっと戻って79年の曲だよ」と”Road Racin”からスタート。続いてToddが「今日ここにMarkにいて欲しかった」と初めてMarkに言及。Donのテキーラを皆で天に捧げて回し飲みしてから”Sword and Tequila”を演奏した。

最後は”Warrior”かと思ったら、ここで「マサヨシを呼ぼう」と何とLoudnessの山下昌良氏が登場した。さらにはステージ両脇からアザラシの被り物をした人達が大勢現れてからスタートした。大名曲でのラストで大合唱ではあったが、正直アザラシ達はいらなかったなと思った。

この日は11台のビデオカメラが入り撮影しており、後日映像作品として発表される予定とのこと。終了は20:30頃だったので約2時間半、純度100%のパワフルなヘヴィメタルの一夜だった。

1. Armor of Light
2. Ride Hard Live Free
3. On Your Knees
4. Metal Soldiers
5. Fall From the Sky
6. Wings Are for Angels
7. Land of the Rising Sun
8. Take Me Back
9. Messiah
10.Angel Eyes
11.Metal Warrior
12.Thundersteel
13.Fight or Fall
14.Sign of the Crimson Storm
15.Flight of the Warrior
16.On Wings of Eagles
17.Johnny's Back
18.Bloodstreets
19.Run for Your Life
20.Buried Alive
encore
21.Road Racin'
22.Swords and Tequila
23.Warrior

 

Riot 「Thundersteel」 (1988)

サンダースティール
ライオット
SMJ
2009-10-07


01. Thundersteel
02. Fight or Fall
03. Sign of the Crimson Storm
04. Flight of the Warrior
05. On Wings of Eagles
06. Johnny's Back
07. Bloodstreets
08. Run for Your Life
09. Buried Alive (Tell Tale Heart)

今月はメタル系の来日が相次ぎ、Riotも来日します。

2012年に創始者であるギタリストMark Realeが亡くなったため、以降バンドはRiot Vと改名し活動を存続していますが、今回の来日では1988年の名盤「Thundersteel」を完全再現してくれるそうです。

実は彼らは秋のLoud Parkへの来日も決まっており、そこでも「Thundersteel」の完全再現をすることになっています。しかもそちらでは当時のボーカルTony MooreとドラムBobby Jarzombekも参加予定とのこと。本来ならそちらの方を観るべきなのかもしれませんが、先だしどうなるか分からないのと、単独の方が長いセットリストを期待できるはずということで、今回参戦することにしました。

「Thundersteel」は言わずもがな80年代正統派HMの名盤です。もっともこれは彼らにとって4年振りの復帰作であり、HR然としたそれまでの作風からは劇的な変化を遂げています。冒頭M1でいきなりMarkの高速ギターリフが切りこんできて、疾走感のあるリズム隊とともに加速し、さらにTonyの強力なハイトーンボーカルが扇情する。どこを切ってもメタル然としていながらメロディアス。このタイトル曲が全てを物語っていますが、以降も最後までテンションが落ちません。全曲素晴らしいですが特にM4、M6は名曲で、M7の湿り気のある哀愁も堪りません。

完全無欠な名盤ですが唯一惜しいのはこのジャケット。Riotは本当にジャケットに恵まれないバンドでしたが、この安っぽいアメコミジャケットもずっと残念に思っていました。もう今となっては愛着がありますが。


Mark Reale (Riot) 急逝



遅れ馳せながらRiotの唯一のオリジナルメンバーでありギタリストのMark Realeが1月25日に亡くなったことを知りました。クローン病との合併症によるものだという。享年57歳。早すぎる死でした。

Riotは93年の「Nightbreaker」までは良く聴いていました。88年の復活以降は、攻撃性と疾走感のある正に正統派へヴィメタルを提示し、特に「Thundersteel」は名盤でした。しかし曲単位で言えば、やはり何と言っても77年のデビューアルバムに収められている“Warrior”が最高傑作でしょう。ヨーロピアンな哀愁をたたえ、美しいツインリードを聴かせるHM史に残る名曲です。

Mark Realeの人生は常に闘いであったと思います。クローン病という病気との闘いをはじめ、プエルトリカンであることへの差別にも苦しんだし、良い作品を作りながらも本国ではなかなか一般的な成功を収めることもできず、バンド存続の危機と度重なるメンバーチェンジにも悩み続けていました。本当に不遇の人でした。それでもいつも穏やかな表情を絶やさなかった。そんな彼を誰よりも最後まで熱心に応援していたのは日本のファンだったのではないかと思います。

孤独な闘いを続けてきた“Warrior”、Mark Realeのご冥福をお祈りします。


Gallery
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 高幡不動尊
  • 高幡不動尊
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments