Museum

森の中のギャラリー

IMG_3111

ある日、東京郊外で車を走らせていると、突然目の前に現れた大きなボッティチェリに目を奪われ、思わず車を止めた。緑の木立の中にそのギャラリーはあった。「コンティーナ」という名前の通りコンテナで造られた素敵な画廊だった。

以来幾度となく通った。洋画・日本画・版画など毎月のように様々な企画展を催されていて、行くたびに愉しませて貰った。通常画廊はなかなか敷居が高くて入り辛いものだが、社長さんが非常に気さくな方で、行く度に様々な画家や画法について教えて頂いた。特にモンゴルやエストニアなど様々な国々にその土地の風土に根差した美術の奥深さを知ることも出来た。

また併設されているカフェではいつも美味しいコーヒーと手作りケーキを頂いた。経済的に絵を購入することは出来なかったので、せめてもの思いがあったのだが、逆にこれが美味しかった。時にはイベントでモンゴル料理をご馳走になったこともあった。

そんなギャラリー コンティーナが先月末をもって立ち退きを余儀なくされた。都道新設のためだという。最終日には多くの人が詰めかけ名残を惜しんだ。色々教えて頂いた私の美術の学校に感謝。いつかどこかでまた再開を待っている。

IMG_3110

「生誕110年 東山魁夷展」

kaii

「生誕110年 東山魁夷展」が国立新美術館で開催されていたので観に行ってきた。東山魁夷(1908-1999)は戦後の国民的画家。日本画家なのだが、その画風はむしろ洋画っぽい。人物を決して描き入れず、徹底して自然風景画に拘った点も好きなところ。平日でも混んでおり人気の高さを伺えた。

展示作品は全部で70点。6章に分かれていたが、各章で個人的に最も好きな作品を挙げてみたいと思う。

<1章 国民的風景画家>
「残照」1947年
敗戦と同時に家族を失った東山が、自然を見つめ直した作品。正に「国破れて山河あり」。長野辺りかと思っていたが、千葉の山々らしい。

<2章 北欧を描く>
「白夜光」1965年
北欧時代の作品。白夜に照らされ、どこまでも連なるフィンランドの森と湖。実はこの頃までの代表作は以前に国立近代美術館のコレクション展で観たことがあるのだが、好きな作品は何度観ても飽きないものだ。

<3章 古都を描く・京都>
「京洛四季習作 年暮る」1966年
この頃の作品のほとんどは信濃の東山魁夷館所蔵で私は初見。小作品ながらどれも趣深いものばかりだった。

<4章 古都を描く・ドイツ、オーストリア>
「晩鐘」1971年
この頃はモチーフのせいか最も洋画っぽく見えるが、よく見るとやっぱり日本画だった。後年西ドイツ大統領から勲章を受けたことにも納得の美しい作品群。

この後、5章の間奏として「白い馬の見える風景」があった。この頃の作品群は個人的にはメルヘン過ぎてあまり好きではなかったが、障壁画を描くにあたり祈りの意味があったことを知った。

<5章 唐招提寺御影堂障壁画>
今回の目玉はこれ。堂の修繕を機に全ての障壁画・屏風絵が展示され、鴨居や柱、畳座敷まで再現されており臨場感も充分だった。失明してまで日本を目指した鑑真和上のために、日本と中国の絶景が圧倒的な迫力で描かれていた。静謐で幽玄な大屏風絵からは、波や滝の音、ホトトギスの声などが聴こえてくるようで、きっと鑑真和上にも届いたであろうと思われた。

<6章 心を写す風景画>
障壁画で終わりかと思われたが、最後の章があった。晩年の作品群は、長い旅の終わりにあたる画業の集大成であり、非常に見応えがあった。


「民家の画家 向井潤吉 人物交流記」

mukai

先日行った岡本太郎美術館のある生田緑地には日本民家園があった。そこには国重文含む23もの様々な古民家が立ち並んでいて、古き良き日本を感じさせるものだった。

そんな折に世田谷美術館で「民家の画家 向井潤吉 人物交流記」が開催されていたので観に行ってみた。向井潤吉(1901-1995)は明治から平成まで激変する時代と共に生きた洋画家である。戦後の民家を描いた画業が有名だが、それだけではなかった。

まず戦前彼はパリで修業を積んでいたが、その際ルーブル美術館で毎日励んだという模写作品が並んでいた。アングルやルノワールなど巨匠そっくりの模写は既に高い画力を証明していた。

戦中は志願して従軍画家として戦地に赴いている。蘇州やインパールなど戦地での作品群からは鮮烈な印象を受けるが、あえて戦争に対して万歳でも批判でもない客観的な視点には、風景画家としての姿勢を観た気がした。

そして戦後の民家遍旅。急激な経済成長の裏で失われていく日本の原風景を描き残そうと、40年間に渡り日本全国を旅し描き続けた民家の作品がずらりと並んでいた。立派な合掌造りから今にも崩れそうな藁葺き屋根まで様々だが、どれも郷愁を誘うような作品ばかり。個人的にはやはり岩木山の「六月の田園」や白馬の「岳麓好日」などの山麓風景に最も惹かれた。

彼が生涯の中で交流した様々な画家達の作品も含めて全部で150点以上。世田谷美術館の広さにも驚いた。今度近くにある向井潤吉アトリエ館にも行ってみたい。

IMG_2982

「没後160年 歌川広重」

hirosige

私が子供の頃、実家にはいつも永谷園のお茶漬けがあった。それには1枚ずつ広重の東海道五十三次の小さなカードを付いていて、私はそれを集めるのが楽しみだったものだ。

今年はその広重の没後160年にあたるため、太田記念美術館で広重展が開催されていた。太田記念美術館は浮世絵専門に12,000枚も所蔵している美術館。原宿にあるが中に入ると畳座敷や中庭もあり趣深い。

2Fから地下まで100点以上の作品が並んでいた。「名所江戸百景」「木曽街道六拾九次」「六十余州名所図会」「富士三十六景」etc。保永堂版東海道で売れっ子になった後多くの版元に請われ、日本各地を旅しながら凄い勢いで多くのシリーズ作品を描いている。絶妙な構図の風景、生き生きと描かれる人物、藍色などの鮮やかな色遣い、などどれも見事。観ていると江戸時代にタイムスリップしている感覚を味わう。今回はダイジェスト的展示構成だったが、一度シリーズをコンプリートした形で観てみたいものだ。

また風景画以外にも花鳥画や美人画、武者絵や戯画まで様々なモチーフの作品も多く並んでいた。中には歌川国貞との合作まであった。個人的に最も印象深かったのは、畳座敷に飾られていた肉筆の掛軸で、実際に広重の筆遣いを目の当たりにすることが出来て良かった。

有名な「月に雁」や「蒲原 夜之雪」も拝みたかったが、前後期展示総入れ替えで後期にはなかった。まぁこの美術館が広重だけでも2600点も所蔵していることを考えれば仕方ないだろう。


「横山操展~アトリエより」

yoko

三鷹市美術ギャラリーで開館25周年として「横山操展~アトリエより」が開催されていたので観に行ってきた。

横山操(1920-1973)は先日の加山又造の良きライバルであった。10年間に渡る従軍とシベリア拘留からの復員後、迫力のある独特な画風で戦後日本画界の代表的画家となった。しかし脳卒中で右半身不随になった後、53歳で早逝している。

三鷹市美術ギャラリーでは開館時にも横山操展を開催していたようだが、今回は昨年の操夫人逝去によるアトリエ調査から、小品主体の展示ということだった。

場内には無数のスケッチや、筆・顔料などの絵具が並んでおり、横山操の画業を垣間見ることが出来た。また当時の新聞連載小説「石版東京図絵」の挿絵127点がほぼコンプリートされていて、小品ながらも興味深かった。

彼は「炎炎桜島」や「塔」のようなドス黒い迫力のある作品が有名だが、今回そうした代表作はなかったものの、往時を偲ばせる富嶽画「未完1~4」が印象的だった。

また右半身不随となった晩年の作品である「むさし乃」や「茜」は、左手で描いたとは思えない繊細かつ穏やかな画風に見入った。

是非代表作群も生で拝みたいので、また三鷹市美術ギャラリーで開催してくれないだろうか。


「モネ それからの100年」

monet

義父と横浜美術館で開催されていた「モネ それからの100年」を観に行って来た。義父は趣味で油絵を描いており、地域の美術展にも毎年出展している。そんな義父の一番好きな画家がモネだった。

クロード・モネ(Claude Monet, 1840-1926)はフランス印象派を代表する画家であり、日本でも人気が高い。行った日が日曜ということもあり、かなり混んでいた。

モネの作品は初期から晩年まで全部で24点。日本初公開の作品も2点あったし、睡蓮も何点があったけど、全体的にあまり知られていない作品が多かった。筆使いや色合いなど、音声ガイドではなく義父の解説を聞きながら、1つずつゆっくり観賞する。なかなか贅沢な時間。

最も感銘を受けたのは「テムズ河のチャリング・クロス橋」と「霧の中の太陽」。どちらもロンドン滞在期の1903~4年の作品で、夕霧に霞むテムズ河に架かる橋が描かれている。近くで観ると、それほど細くもない筆で、幾重にも重ねて絶妙な色合いを作り出している様子が分かるが、実際細かい部分はあまり良く分からない。それが離れて観た時に初めて橋の具体的な輪郭や上を走る汽車が浮かび上がってきた。それはまるで平面が立体になったような感覚だった。

今展はモネに影響を受けた以降100年の26アーティスト達の66作品も展示されていたが、正直モダンアートは全然分からない。特に以前川村記念美術館で見たマーク・ロコスなどは本当に分からなかった。そんな中で福田美蘭の「睡蓮の池」は面白かった。

名古屋のみの展示だったモネの希少な山岳画「コルサース山」が観たかった。

 

岡本太郎美術館

IMG_2906

ひょんなことから娘が太陽の塔に興味を持ったので、川崎市多摩区にある岡本太郎美術館に行ってみた。

「芸術は爆発だ」で有名な現代芸術家 岡本太郎(1911-1996)。私はあまり抽象画やモダンアートが分からないのだが、実際に行ってみたら印象が変わった。若い頃にパリで美術と民族学を学び、兵役後は日本の縄文美術や伝統文化に傾倒。新しい芸術の創造をし続けた傍らで、民族学や文化論などの著書も多数あるらしい。

そうしたことを理解した上で展示作品を見ると、年代によって変化する作風や制作意図などが少し分かった気がした。常設展「岡本太郎とからだ」展は撮影不可だったが、企画展「街の中の岡本太郎」展では撮影可だった。

IMG_2919
手前は漫画家だった父一平の墓「顔 (1952)」。奥は「動物 (1956)」

IMG_2909
作家だった母かの子を偲んで作られた「誇り (1961)」

IMG_2911
幅10メートル以上の大作「明日の神話 (1968)」

IMG_2910
「太陽の塔 (1970)」の小さいバージョンもいた

今年から太陽の塔は内部公開もされているらしいので、今度行ってみたいと思っている。

IMG_2921

藤子・F・不二雄ミュージアム

IMG_2731

うちの娘はかなりの漫画好き。幼い頃からいつも妻の漫画を読み漁っている。先日も妻が実家から引き上げてきた大量の「ドラえもん」単行本コレクションに飛びつきハマっている。

ドラえもんは私も昔好きだったので、今だにテレビで放映されたり、映画が公開されて、子供達に愛されているのを見るのは感慨深いものがある。声優の交代で昔と声が違うのはやっぱり違和感があるが。

ということで、先日家族で川崎にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってみた。まずここ、ちょっと面倒なのが完全予約制なこと。週末はかなり早めの予約が必要な上、入口でも結構長い列に並ぶ。

中は藤子・F・不二雄氏の生い立ちや仕事机など色んな展示があるが、メインはやはり大量の直筆原画。「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」などの原画がずらりと並んでいた。また、まんがコーナーではF氏の全作品の単行本が揃っていたので、家族でずっと読み漁ってしまいた。他にもシアターやショップなどもあった。

ただ見ていて1つだけどうしても気になったこと。もしこれがF氏だけでなく、喧嘩別れしたA氏との合同ミュージアムだったら、ここに「怪物くん」や「忍者ハットリくん」や「笑ゥせぇるすまん」などもいたのだろうなということ。このミュージアムはF氏の遺族からの寄贈によるものなので当然ではあるし、ドラえもんだけでも海外にも通用するキラーコンテンツではあるのだけれど。本人達の意思に反して合同ミュージアムが建設される日は、来ないだろうな。

孤独の風景画家 フリードリヒ

david

今日は先週のターナーと同じ時代に生きた風景画家フリードリヒについて取り上げたいと思います。

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(Casper David Friedrich, 1774-1840)はドイツの画家です。ターナーと同様にロマン主義に属しましたが、ターナーが当時からイギリスで高い評価を受けていたのとは対照的に、フリードリヒは孤独な生涯を送りました。

フリードリヒの作品が一般的に受ける印象はとにかく暗い。彼は子供の頃に弟が自分の身代りに湖で溺死するのを目の当たりにしています。さらに母や姉の死も重なり精神的に病み、これがその後の画風に影響していると言われています。

chenes

広がりのある荒涼とした風景がダークな色彩で表現され、十字架や墓が配されていることも多い。人物が描かれることもありますが、皆こちらを向いていることはなく、あくまでも風景の一部となっています。彼の「画家は自分の内面にあるものを描くべきである」はロマン主義を象徴する言葉ですが、確かに下の作品などには男のロマンを感じます。

casper

しかし単なる心象画や宗教画にはない彼の強烈な大自然に対する畏怖と孤独感は、同時代のロマン主義にも後の印象派にも見られないもので、そこに妙に惹かれてしまうのでした。

IMG_2179

これは彼の「ヴァッツマン」を模写しようとして途中から適当になってしまったもの。。

『ターナー 風景の詩』

turner

4月から新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている「ターナー 風景の詩」。ずっと観に行きたかったのですが、春以降想定外に忙しくなりこんな時期になってしまいました。2週間前には天皇陛下も来ていたそうです。

ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner 1775-1851)、イギリスを代表する画家であると同時に、風景画家最高峰の巨匠です。当然ながら私にとっても最も好きな画家の一人。本展では国内外から集められた彼の初期から晩年に渡る約120作品が4つの章に分けて展示されていました。その中から特に気に入った作品を選んでみます。

第1章 地誌的風景画
① 「マームズベリー修道院」 1792 水彩
17歳の頃の作品ですが、既に完成されたその圧倒的な画力と構成力にたまげました。まぁ15歳にしてロイヤルアカデミーデビューしていれば当然なのでしょう。

② 「フォントヒル・アベイの東景、真昼」 1800 水彩 
本展の扉絵にもなった代表作「ソマーヒル」の隣に展示されていましたが、私の目当てはこっち。近景から遠景までの奥行きが見事でした。

③ 「ストーンヘンジ、ウィルトシャー」 1827 水彩
これも元々知っていた作品ですが、雷に打たれた羊や羊飼いが手前に倒れていたとは知りませんでした。


第2章 海景-海洋国家に生きて
④ 「嵐の近づく海景」1803 油彩
ターナーと言えば海景画。やっぱりどれも帆船の美しさと荒波のリアルさは見ものです。

⑤ 「プリマス海峡の入口のミューストーン、デヴォンシャー」1816 版画
エッチングやメゾティントなどの銅版画も多く、小さなモノクロ作品でも見応えがありました。


第3章 イタリア-古代への憧れ
⑥ 「風景-タンバリンを持つ女」1844 油彩
この頃の歴史画にはそれほど興味はなかったのですが、この作品では光の中に溶けていくような晩年の作風がよく表れていました。


第4章 山岳-新たな景観美をさがして
⑦ 「スノードン山、残照」 1798 水彩
個人的に最も楽しみにしていたのがこの章。ウェールズの雄大な山岳風景に観入りました。

⑧ 「サン・ゴダール山の峠、悪魔の橋の中央からの眺め、スイス」 1804 水彩
アルプス越えをした際の渓谷。左右に垂直に切り立った迫力のある構図は当時相当斬新だったと思います。


今回は代表作はあまりない代わりに、それほど知られていない作品に沢山触れることができ、彼が長いキャリアの中で様々な技巧や画風を駆使していたことが良く分かりました。彼は生涯を通じてイギリスをはじめヨーロッパ各地を旅して回り、30,000点もの作品を残したそうですが、きっと彼の各現場でのスケッチ力や水彩具がこうした優れた風景画を生み出したのでしょう。やっぱり水彩画はいいですね。



こちらは2014年に公開されたリアル過ぎる晩年のターナー。
Gallery
  • 平山季重公を訪ねて
  • 平山季重公を訪ねて
  • 平山季重公を訪ねて
  • 平山季重公を訪ねて
  • 平山季重公を訪ねて
  • 平山季重公を訪ねて
  • 平山季重公を訪ねて
  • 平山季重公を訪ねて
  • 平山季重公を訪ねて
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments