山と旅

深田久弥 「雲の上の道」

第1章 出発まで
第2章 カトマンズまで
第3章 ベース・キャンプまで
第4章 ジュガール・ヒマール
第5章 ランタン・ヒマール
第6章 帰途
第7章 後日談

新型コロナウィルスの猛威が収まる気配を見せない。小池都知事の外出自粛要請を受けて、やむなく今週末は祈るような想いで引きこもっている。やることと言えばもっぱら沢山の読み途中になっていた本達の続きを読むことだ。これもその中の1冊。

恐らく現代の日本の山好き達に最も多大な影響を与えた作家と言えば、「日本百名山」を書いた深田久弥だろう。日本中の山々をくまなく登り、登山史とともに格付けをした「日本百名山」は山好き達の教科書となっている。

その深田久弥が1958年にヒマラヤにも登っていたことはあまり知られていない。結局どの山にも登頂できていないことが理由だろう。槙有恒隊がマナスルに初登頂した2年後のことだ。これはその時の紀行文である。

それまで彼は世界中の資料を掻き集めヒマラヤ登山史などの著書を2冊も書いており、ヒマラヤへの憧れは相当なものだった。しかし当時は海外の山へ行くことは容易なことではなかった。彼の登山隊は作家深田・画家山川有一郎・写真家風見武秀・医師古原和美からなり「Artist Alpine Club」と名付けられたが素人部隊に過ぎない。資金も支援もない。まずはその苦労が克明に綴られている。

コンテナ37箱にもなる物質を調達し、大勢の見送りを受けて何とか神戸港から出発する。海路を1ヶ月かけてインドのカルカッタまで、そこから灼熱の陸路を2週間かけてようやくネパールのカトマンズに到着する。そこで待っていた3人の有能なシェルパと80人のポーターと合流した。

目指したのはジュガールヒマールとランタンヒマールだった。8000m峰はないが、未踏峰の7000m峰が多く残るこの地域で、あわよくば初登頂できればという考えだったのだが、あいにく天候や予算等の都合により断念する。

しかしこの紀行文が面白いのは、よくある登頂記録には割愛されている麓の自然や村人達の生活が活き活きと描写しているからである。ヒマラヤの麓に色とりどりの花々や多様な木々が植生していることは知らなかったし、村人達の陽気さや信心深さも興味深かった。

2ヶ月に渡る山行中、深田隊長はいつもしんがりを山川氏と遅れて歩いて見事な山容を眺めたり、部落で一緒に踊ったりと、非常にのんびりした陽気なムードが漂っていた。私もヒマラヤに登頂することは出来ないだろうが、いつかこんなトレッキングに行ってみたいものである。コロナが収束したら。。

御岳山・大岳山

IMG_0613

新型コロナウィルスの影響で今月はあらゆる施設が閉鎖になっているが、こんな時こそ山だろう。今回は今住んでいる町から見える大岳山。キューピーみたいな形でいつも気になっていた。右の御岳山(929m)から中央の大岳山(1,266m)を目指す。奥多摩デビューにはちょうど良い山だ。

IMG_0710
御岳山にはケーブルカーがあるので、登り降りはかなり楽。以前家族で乗ったことがあるが、京王電鉄になったとは知らなんだ。

IMG_0706
御岳山では今頃ロウバイが満開だった。本来時期の違う梅の花とも共演。右奥には奥之院が見える。

IMG_0636
御岳山には宿坊が立ち並ぶが、その中で最も歴史があるのがこの東馬場。茅葺きの建築は東京都有形文化財にもなっている。

IMG_0648
御岳山頂にあるのが武蔵御嶽神社。創建は紀元前91年らしく、関東一円より御嶽詣で賑わったという。宝物館は残念ながら休館だった。

IMG_0666
せっかくなのでロックガーデンまで降りて行ってみたが、季節外れで岩苔はいまいちだった。

IMG_0669
綾広の滝にも立ち寄る。この山は大杉や大檜、滝など様々な自然物に神が宿っている。

IMG_0674
ここからは大岳山を目指して登って行く。標高が上がるにつれ、北斜面には先週末の雪がまだ多く残っていた。アイゼンもなく非常に滑り苦労した。

IMG_0684
鎖場の急登を経て、昼頃にようやく大岳山頂(1,266m)に到着した。思った通りあまり山頂は広くないが、天気も眺望も最高だった。

IMG_0687
奥多摩や丹沢など幾重にも重なる山脈の奥に富士山も拝むことが出来た。

IMG_0712
下山中にも色々売店街を回ったり食べたりしてたら遅くなってしまった。ビジターセンターや宝物館が休館でなければ何時になったことか。満足な山行だった。

富士宮探訪

IMG_0438

少し前のことになるが、またしても富士山麓探訪として今度は静岡県の富士宮を訪れた。

IMG_0407
まず最初に行ったのは静岡富士山世界遺産センター。逆さ富士の建築が特徴的。ここは所蔵品の常設展示はないが、映像やモニターで様々な角度から富士山を学べる。

tani
この日の目的はその世界遺産センターで開催されていた「谷文晁X富士山  -山を写した時代の寵児-」。数は少ないが、初めてまとまった数の文晁作品を拝めて満足。

IMG_0419
続いては白糸の滝。さすが国の名勝だけのことはある。バックに富士山も入れて撮影しようとすると迫力が半減するが。

IMG_0425
田貫湖で富士の撮影。富士五湖に比べてマイナーだが綺麗な湖。静かな湖面にも富士山が映っていたが、なかなか山頂が晴れなかった。

IMG_0434
最後に本宮浅間大社へ。浅間神社の大元で深紅の建築が特徴的。でも富士吉田の浅間大社の方が見応えがあるかな。

IMG_0441
せっかくなのでご当地グルメB1グランプリの富士宮やきそばを食す。斬新な形をした富士山の絵が置かれていた。

富士山探訪はいつも山梨県側に行くことが多く、静岡県側はまだまだ未開拓。今度は三保や日本平も行ってみたい。

百草園

IMG_0536

東京都日野市に百草園という日本庭園がある。この時期に梅まつりが開催されていたので行ってみた。

IMG_0537
園内には白やピンクの様々な種類の梅が咲き乱れていた。ロウバイなど早咲きは終わりかけだったが、中咲きの梅が満開だった。

IMG_0548
百草園で有名なのが寿昌梅。小田原藩大久保忠増室の寿昌院が徳川信康のために植樹したとされる。

IMG_0568
藁葺屋根の松連庵を中心とした庭園は風情があり、梅の花々に彩られ非常に絵になる。

IMG_0573
多様な梅の中で最も印象的だったのがマンゲツシダレ。枝垂れ梅というものを初めて見たが、池に枝垂れる様子は風流だった。

IMG_0559
当地は多くの歌人にも愛され、若山牧水はここで多くの失恋歌を詠んだらしく、長男設計の歌碑があった。

IMG_0554
松尾芭蕉の句碑もあった。
「志ばらくは 花の上なる 月夜かな」

IMG_0561
園内では食事も取ることができ、山菜蕎麦や味噌団子、コンニャク団子を賞味した。

IMG_0556
見晴台からは都心の方まで見渡せた。ここは紫陽花や紅葉の時期も綺麗らしいので、また訪れたい。

富嶽十景

2月23日は富士山の日。

私は富士山が大好きだ。端正な山容に現れる白青のコントラストは世界一美しい山だと思っているし、世界文化遺産になったようにここまで美術・文学・宗教といった文化全般に広く影響を与えた山もないと思う。

山など見晴らしの良い場所に登る時はいつも富士山を探して写真を撮ってきたが、今回は富士山の日にちなみ特に良かった十景を並べてみた。

1三ノ塔
① 三ノ塔
丹沢の表尾根からは大抵富士山が見えるはずが、いつもなかなか綺麗に撮れなかった。これは三ノ塔から。

2yokohama
② 川和富士
以前よく登った横浜の丘の上にある小富士。いつも大山・丹沢・富士の三山の共演が愉しめた。

3iwadono
③ 岩殿山
山梨県の大月市は山の谷間から富士山が良く見え、秀麗富士十景を制定している。岩殿山はその1つ。

4大菩薩
④ 大菩薩湖
山梨の大菩薩山塊からも富士山は良く見える。雁ヶ腹摺山からの富士山は旧500円紙幣にもなった。

6新倉山
⑤ 新倉山浅間神社
訪日外国人客のSNSから人気となった忠霊塔パゴダ。春に桜も咲くとザ・ジャパンな絶景となる。

7oishi
⑥ 河口湖 大石公園
河口湖畔では最もフォトジェニックな場所。団体旅行の行程にもよく入っている。

7田貫湖
⑦ 田貫湖
富士宮側から見ると大沢崩れが良く見える。田貫湖は富士五湖よりも静かで良い。

8富士宮六合目
⑧ 富士宮六合目
富士山の中腹から見るとなかなか山頂は見えず、富士山の大きさが良く分かる。

9菜の花台展望台
⑨ 菜の花台展望台
丹沢ヤビツ峠に登る途中にある展望台。立ち寄るだけの価値はある。

10mikuni
⑩ 三国峠
山中湖に至る峠でオリンピックの自転車コースにもなっている。左肩に宝永山が良く見える。

三ツ峠山や三保の松原あたりも間違いなくランクインするべき場所だろうから、いずれ機会があれば行ったみたいものだ。

「氷壁」 井上靖

氷壁 (新潮文庫)
井上 靖
新潮社
1963-11-07


先日井上靖が1969年のノーベル文学賞の候補として検討されていたというニュースがあった。50年の期限を経た情報開示によって明らかになったらしい。私は子供の頃に映画「敦煌」を観て以来歴史小説家というイメージがあったが、山岳小説も書いていたことを知り読んでみた。

この「氷壁」の舞台は1955〜56年。社会人登山家の魚津と小坂の2人が前穂高岳東壁の冬季登攀に挑むのだが、最後のピッチでザイルが切れ小坂が墜落死してしまう。これは事故なのかそうではないのか、世間の騒動の渦中に魚津は投げ込まれてしまう。生前の小坂が惚れ込んでいた人妻 美那子や、小坂の妹かおるといった女性たちとの三角関係なども絶妙に絡み、600頁超の長さを感じさせなかった。

最も印象に残ったのは、生前の小坂が好きだったというロジェ・デュブラの詩「モシカアル日」。デュブラはフランスの登山家であり、この詩を和訳したのは深田久弥である。ダークダックスの「いつかある日」で知ってはいたが、原訳は初めて読んだ。

これまで山で死んだ登山家は数知れない。ビュブラしかり、深田久弥しかり。死して英雄となった者も多く、登山家にとっても本望かもしれない。しかし残された人達にとってはそうではない。それを考えさせられる小説だった。


八丈富士登山

IMG_0199

年末の八丈島探訪での最大の目的は島の西部にそびえる八丈富士こと西山の登山だった。当初は2日目の朝に登る予定だったが、着いた初日が快晴で、翌日から天気が崩れるというので、急遽予定を変更してすぐに向かった。娘もそのつもりだったようで、ついてきてくれた。

IMG_0210
5合目までは車で上がれる。駐車場に車を停めて登山開始した。

IMG_0215
登山道はひたすら階段が続く。640段が中間地点で、娘は既にバテバテでしきりに帰りたがる。

IMG_0219
眺望が開け振り返ると三原山(700m)が見えた。ここで娘は思い出したようにヨガを始め、これで元気回復した。

IMG_0223
右の海には応援するように八丈富士の巨大な影が映っていた。

イメージ
約1時間で火口に到着。日は沈みかけているがゴールはここではない。

イメージ_1
巨大な火口内には断崖絶壁と広大な森が広がっていた。この火口内には浅間神社もあるのだが、残念ながら今回は時間がない。

イメージ_2
お鉢の稜線を辿るが結構なナイフリッジ。この日は無風だったが、強風時は少し危険だ。

イメージ_3
山頂に沈む夕陽。絶景に思わず息をのむ。ただ見えている山頂にはなかなか近付けない。

イメージ_41
遂に八丈富士の山頂(854m)に到着。標高以上の高度感だ。巨大な火口とそれを囲むお鉢の稜線、さらにその四方には夕焼けに染まった海原と大空が見渡す限り広がっている。娘も「今までで一番達成感がある」と言ってくれた。

下山が遅くなってしまったので、駐車場手前あたりでは真っ暗に。ヘッドライトがあって良かった。本当はお鉢回りをしたり、火口内の浅間神社にも行ってみたかったが、今回は時間がなかった。また来た時に再挑戦したいものだ。

八丈島探訪

イメージ

年末に2泊3日で娘と両親を連れて八丈島に行ってきた。娘が寒いところはイヤと言うので、伊豆諸島の中でも以前行った三宅島・式根島よりもさらに南を目指した。船だと丸一日かかるが、飛行機だと羽田から1時間弱と近い。実際着いてみて実感したが、さすが南国、冬でも暖かい。

イメージ_1
昼に到着し、まずは腹ごしらえに明日葉そばを食する。明日葉は島のあちこちに生えており、島料理のあらゆるものに使われていた。

イメージ_2
元々は2日目に八丈富士に登るつもりだったが、着いた初日は快晴。翌日から天気が崩れるという予報だったので、急遽娘と山へ向かった。これについてはまた来週。

イメージ_3
宿泊先は八丈ビューホテル。夜は豪華な島料理に舌鼓を打つ。辛子を付けるという島寿司も美味かった。

IMG_0304
2日目は少し曇り。まず向かったのは服部屋敷。東京都無形文化財にもなっている樫立踊りと八丈太鼓を堪能した。

IMG_0327
軽くハイキングして裏見ヶ滝へ。島東部の三原山周辺は森が深くて非常に自然が豊かだ。

IMG_0314
続いては足湯きらめきへ。火山島なので温泉も多い。娘はなかなか離れようとしなかった。

IMG_0341
島内のあちこちに展望台があるのだが、その中で一番良かったのは登龍峠。島の街並と八丈富士が一望できた。

IMG_0346
黒い溶岩の海岸が広がる南原千畳敷。奥に見えるのは50年前までは人が住んでいたという八丈小島。これも登ってみたかった。

IMG_0350
夜は映画「今日も嫌がらせ弁当」のロケ地にもなったお食事処通。美味しい食事と温かい人情、そして沢山の猫達が忘れ難い。

IMG_0362
3日目は遂に天気が崩れた。八丈富士の中腹にあるふれあい牧場では強風雨に見舞われた。

IMG_0365
順序が逆になったが、最後にビジターセンターへ。目当ての光るキノコも見ることができた。

ひょうたん島こと八丈島。同じ東京でもコンビニはないし、夜も暗い。でもここには山あり海あり温泉あり、島料理あり人情あり歴史あり。大変気に入った。また来よう。

富士山麓探訪2

イメージ
先日また富士山麓を探訪した。この日の天気は快晴で、河口湖畔の大石公園からの富士山もよく見えた。

イメージ_1
秋に人気のもみじ回廊にも寄ってみたが、既にほとんど散ってしまっており一足遅かった。

イメージ_2
ミシュランにも紹介されている久保田一竹美術館。中には入らなかったが、庭園だけでも見事だった。

IMG_0112
昼は御坂峠の天下茶屋でほうとうを食べる。ここには2階に滞在していたという太宰治の記念館もある。

IMG_0118
この日の最大の目的は河口湖美術館で開催中の「没後70年 吉田博展」。木版画を中心に約200点展示されており見応えがあった。

IMG_0133
北口本宮冨士浅間神社にも行ってみた。この吉田登山口からいつか登ってみたいが、私の体力では無理だろうな。

IMG_0150
最後は富士山レーダードーム館。かつてこのレーダーを山頂に建設したのが当時気象庁の担当課長だった新田次郎。彼のコーナーには遺品や直筆原稿なども展示されていた。

IMG_0145
かなり駆け足で回ったのだが、まだまだ見たい所が沢山残ってる。いっそ移住してしまいたいものだ。

TAKAO 599 MUSEUM

IMG_4777

東京多摩にある高尾山は人気の高い山である。京王線でアクセスしやすく、599mと低山ながらも登山ルートもバリエーションに富み、薬王院など見所も多い。最近はミシュランガイドにも紹介されたことで、外国人旅行者も増えた。

その高尾山でもみじ祭りがあるというので週末に試しに行ってみたのだが、案の定スゴい人混み。登る気を失くして、ケーブルカー麓駅前で団子を食べながらイベントを少し見た後、TAKAO 599 MUSEUMに寄ってみた。ここは最近出来た所で、高尾山の自然を紹介しているのだが、単なるビジターセンターとは趣向が異なる。

IMG_4771
白を基調にした館内にはショーケースが整然と並んでいる。

IMG_4765
ショーケースの中には様々な自然の生物が飾られているが、真空保存した花々が美術品のようだった。

IMG_4766
木の葉も非常に分かりやすく展示されている。

IMG_4774
動物の剥製たちも沢山いるが、いちいち名前を付けていないところもアートっぽい。

IMG_4769
時折バックの白壁にプロジェクションマッピングの映像も流れる。前説では英語も交え、インバウンド対応もされていた。

地元のスイーツを堪能できるカフェや、木工クラフトの体験の他、様々なイベントもやっていた。高尾山に登らなくても楽しめるが、登りたいという気にもさせてくれるMUSEUMだった。
Gallery
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments