The Police / Sting

The Police Live Report 2008

police

懐かしくなったので以前の来日公演のレポートを引っ張り出してきたみた。早いものでもう9年前になる。

-------------------------------------------------------------------

2008.02.14 @ 東京ドーム

こんな日が来るとは思わなかった。まさか再結成するなんて、生きていればいい事があるものである。。
数年前にMaxeenというバンドのライブを見た時に、The Policeの影響を強く感じながらも、その本家のライブを見ることなどもう叶うはずがないと思っていた。無理もない。84年のツアーを最後に彼らは解散していた。StingとStewartの仲の悪さは有名であり、何時の世界的再結成ブームも彼らを動かすことはなかった。だから今回の気まぐれによる再結成は、願ってもいない出来事であった。

今回の公演にはプレミアム席という設定があり、発売当初からこれ以外考えていなかった。東京ドームの巨大さには既に幻滅しており、中途半端なスタンド席で何も見えずノリ切れずに、欲求不満の不完全燃焼で終わりたくはなかった。また来日する可能性があるアーチストならいざ知らず、今回はThe Policeである。次はまずない。しかしこのプレミアム席、何気に大人気で発売直後に完売。仕方なく慣れないヤフオクで漁り続たが、ある気の良い方からほぼ定価で譲って頂き、何とか公演前日にチケットを手にすることができた。

例によって仕事を早めに切り上げ、水道橋へと急ぐ。入場した時にはStingの息子の前座バンドFiction Planeの演奏が既に始まっていた。息子バンドはなかなか好演していた。顔も声も父親に似ていたが、10分近い大曲を演ったり独自性を出そうとしていた。日本語も上手かった。きっとこの来日で新規ファンをいくらか獲得できたことだろう。

私の席はアリーナB14ブロック。ステージ前から2ブロック目であった。プレミアム席ということで、ステージからは50メートル位の距離だった。アリーナの後方やスタンド席に比べれば格段に近い席である。オーディエンスは30~40代が多かったようだが、棒立ちしている者も多く、ノリはイマイチに感じられた。最も惜しむべくは私の前に立ちはだかっていた185はある外国人だった。私の視界のほとんどを終始遮っていてくれていたので、私は何とかスクリーンではなく彼らの生の姿を見ようと、右へ左へ体を動かしながらステージを追いかけた。

Stewartは白髪が交じりつつも、「Ghost In Machine」のタイトなTシャツで若々しい.印象を受けられた。さらに若々しいのはStingで、袖無し黒Tで依然ムキムキの上腕二頭筋を見せつけていた。Andyはちょっと親父臭い赤い柄シャツだったが、彼は今65歳。その年でワールドツアーを行っているだけでも驚異的である。今回のツアーはこの3人のみ。Synchronicityツアーの際はバックコーラスの女性シンガーなどがいたが、今回はサポートメンバーが一切いない。原点回帰の意味合いもあろうが、単純に自分たちのアンサンブルだけで勝負できるという自信の表れでもあろう。

Stingは今日も古いプレシジョンを持っていた。禿げて年季の入った木目のそれは、The Police現役時代からの愛用のものである。ベキベキいうベース音は全体のサウンドの中で強く主張していたし、時折聴かせる重低音は腹まで響き、個人的に非常に堪能させてもらった。またStingはキーをほとんど変えていなかった。原曲のキーをキープして圧倒的な声量で歌い続け、最後までオーディエンスを落胆させることはなかった。これは解散後もずっとソロとして第一線を走り続けてきた彼の強みだろう。"Don't Stand So Close To Me"を演奏し始める前に「私は昔教師だったんだよ。」と言っていたが、そんなことはここにいる皆が知っているだろう。

また今回個人的に感心させられたのはAndyである。Andyの黒テレキャスターもSting同様昔から愛用のものだ。後半は赤のストラトに持ち替えていたが。ステージアクションも少なくステージ右手か中央で黙々とプレイしていたが、その流麗な指さばきは見る者を魅了していた。特に"When The Wall Is Running Down"のアップテンポな中間アレンジパートでStingと絡みながらのプレイは圧倒的だった。

ヒット曲の多い彼らのライブはまさにグレイテストヒッツだった。しかし慣れ親しんでいたはずの楽曲群は、迫力ある演奏とアレンジにより、どの曲も原曲より遥かにカッコよかった。特に"Driven To Tears"などは新しい発見があったし、"Every Thing She Does Is Magic"は名曲であるということを今回改めて知ることとなった。"Walking In Your Footstep"は大阪でもやらなかった曲だったが、この日は演ってくれていた。"Wrapped Around Your Finger"同様Stewartがパーカッションをせわしなく操り、アレンジを変え、バックには迫力ある恐竜の映像が流れ、予想以上にカッコよかった。

唯一ガッカリしたのは"Reggata De Blanc"でのコールレスポンスがなかったことである。これを楽しみにしていたのだが、Stingが一人でワンコーラス歌ったのみで"Can't Stand Losing You"に戻ってしまっていた。大阪と東京初日で反応が薄かったせいだろうか。レパートリー中全体的にもC&Rはやはり少なかったが、これは残念だった。

初期の名曲"Roxanne"で最高潮に盛り上がり本編終了。アンコールは名曲が続く。後期の"King Of Pain"の次は最初期のアップテンポな"So Lonely"。"Welcome to Andy Summers show ~♪"と変えていたが、反応は少なかった。そして"Every Breath You Take"。これは私が彼らを知った名曲。ストーカーソングとして有名であるが、私にとっては永遠のラブソングである。シンプルなバンド編成は、この曲が持つメロディの良さを引き立たせていた。ここで泣いている人も多かった。

アンコールが終わるとステージに一人残ったAndyが、おどけて笑いを誘う。そして人差し指を立てて、もう一曲だよとアピールすると客席は歓喜に包まれた。そしてこれも最初期の"Next To You"で大団円は終了した。

セットリストに関しては、ここまでグレイテストヒッツなライブだとあまり文句もない。欲を言えば"Be My Girl - Sally"、"Omegaman"、"Spirits In A Material World"、"Synchronicity Ⅰ"あたりも聞いてみたかった気もする。いずれにせよ今回の来日公演、その年齢を全く感じさせない熱の入ったものであり、往年と比較しても遜色のない、またはそれ以上の素晴らしいものであったと思えた。

Setlist
1. Message in a Bottle 
2. Synchronicity II 
3. Walking On The Moon 
4. Voices Inside My Head 
5. When The World Is Running Down 
6. Don't Stand So Close To Me 
7. Driven To Tears 
8. Hole In My Life 
9. Every Little Thing She Does Is Magic 
10. Wrapped Around Your Finger 
11. De Do Do Do De Da Da Da 
12. Invisible Sun 
13. Walking In Your Footstep
14. Can't Stand Losing You  ~Reggata De Blanc
15. Roxanne 
~Encore 1~
16. King Of Pain 
17. So Lonely 
18. Every Breath You Take 
~Encore 2~
19. Next To You 

 

The Police 「Outlandos d'Amour」 (1978)

アウトランドス・ダムール
ポリス
ユニバーサル ミュージック
2014-11-26


1. Next To You
2. So Lonely
3. Roxanne
4. Hole In My Life
5. Peanuts
6. Can't Stand Losing You
7. Truth Hits Everybody
8. Born In The 50's
9. Be My Girl - Sally
10. Masoko Tanga

Stingが一番ロックしている頃を聴きたくなって、最近はこのアルバムをよく聴いている。The Policeの1978年のデビューアルバム。

私が初めてThe Policeを聞いたのは解散後の80年代後半。TVKで放送していたBillboard Top40のYester Hitsで”Every Breath You Take”が流れていて、AndyのギターフレーズとStingのウッドベースが強く印象に残った。その後遡って聴いていき、最終的にこのデビューアルバムに辿り着いた。

高校教師をしながらジャズバンドでベースを弾いていたSting。Animalsなどに在籍し60年代からシーンで活躍していたギタリストAndy Summers。プログレバンドCurved Airでドラムを叩いていたStewart Copeland。この3人が出会いトリオバンドを結成するのだが、これが結果的に最小にして最強の組み合わせとなる。

時代はパンクムーブメントの真っ只中。このアルバムでもM1やM5、M7のように荒削りでパンキッシュな勢いのある曲もある。ただある意味これは彼らにとっては注目を集めるための戦略的なものだった。実際彼らは音楽キャリアも長く、演奏力も他のパンクバンドとは段違いだった。また彼らがここで追求していたのはレゲエであり、M3やM6のリズムに顕著に現れている他、M2のコード進行もBob Marleyの”No Woman No Cry”に由来していた。

この後彼らは世界的な大成功を収める一方で、短い期間の中で急速に音楽性を拡散させていった末、トリオとしての臨界点に至った84年に解散してしまう。その後はそれぞれソロ活動を始める。

特にStingとStewartの不仲は有名だったので再結成はあり得ないと思っていたのだが、2007年にワールドツアーが組まれた時は狂喜した。もう10年ほど前になるが、未だにドームであの3人の熱演を観たことが信じられないでいる。

 

Sting 「57th & 9th」 (2016)

ニューヨーク9番街57丁目
スティング
ユニバーサル ミュージック
2016-11-11


1. I Can’t Stop Thinking About You
2. 50,000
3. Down, Down, Down
4. One Fine Day
5. Pretty Young Soldier
6. Petrol Head
7. Heading South On The Great North Road
8. If You Can’t Love Me
9. Inshallah
10. The Empty Chair
 
昨年末プロモーションのために来日をしていたらしく、色々音楽番組に出演しているのを目にした。彼も今や65歳、先日は初孫も産まれておじいちゃんになったらしいのだが、未だにムキムキしていて若々しいのには驚いた。

そんな彼の新作、元々気にしていなかったのだが、これが17年振りのロックアルバムだというので、思わず買ってしまった。これが思いの外良かった。まず冒頭M1の小気味良いロックサウンドに「おぉ」となる。近作のクラシックやトラディショナルな作風も嫌いではなかったが、やっぱりこうした彼のロックは嬉しい。ハードに攻めるM6や、シリアスな焦燥感が堪らないM8も出色の出来だ。一方で優しげなM4や、アコースティック弾き語りのM7やM10もあったり、曲質の高いバラエティのある楽曲が揃っているが、全体的にはやはりロックアルバムという聴後感が残る。

ボートラでは収録曲の別バージョンと一緒にThe Policeの最初期曲”Next To You”のライブも聴けた。2007-08年のThe Police再結成ツアーの後、ロックから遠ざかっていた彼がまた再びロックモードになっている。6月には来日公演も決まっているらしい。

 
Gallery
  • Chester Bennington 急逝
  • Chester Bennington 急逝
  • 「吉田博展 山と水の風景」
  • 「吉田博展 山と水の風景」
  • 松井冬子 「この疾患を治癒させるために破壊する」
  • 丸山晩霞 「夏の山岳風景」
  • 丸山晩霞 「夏の山岳風景」
  • スメタナ 『交響詩 「わが祖国」』
  • ミュシャ展
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments