Art

スメタナ 『交響詩 「わが祖国」』

スメタナ「わが祖国」-『ミュシャ展』開催記念盤-
ベルグルンド(パーヴォ)
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-03-08


1. 第1曲:ヴィシェフラド(高い城)
2. 第2曲:モルダウ
3. 第3曲:シャールカ
4. 第4曲:ボヘミアの森と草原より
5. 第5曲:ターボル
6. 第6曲:ブラニーク

先日の「スラブ叙事詩」は、ミュシャがスラブ国家としてチェコの独立を願って描き上げた大作でした。そのミュシャを大いにインスパイアしたのが、スメタナの交響詩「わが祖国」であったのは有名な話です。これは先日の会場でも販売されていた「わが祖国」のミュシャ展開催記念盤で、ジャケットにある「スラブ民族の賛歌」をはじめとする「スラブ叙事詩」の全作品がインナーに描かれています。

ベドルジハ・スメタナ(Bedrich Smetana, 1824-1884)はチェコの作曲家です。彼が「わが祖国」を作曲したのもミュシャと同じ理由でした。チェコは他国に侵略され続けた不遇な歴史を持ち、当時もオーストリア=ハンガリー帝国の支配下にありました。そんな祖国に対するスメタナの想いが全6曲の交響詩に込められています。

前半ではチェコ・ボヘミアの情景が壮大に描かれます。最も有名なのが②。モルダウとはドイツ語らしく、最近はチェコ語でヴルタヴァと呼ばれます。源流から下流までゆるやかに、でもどこか悲哀を湛えながら流れていきます。軽快な中間部も好きです。勇壮な①や牧歌的な④も、祖国の美しい古城や田園風景を叙景的に描写しています。

一方、後半では今度は祖国の歴史を表現しています。⑤のターボルと⑥のブラニークとは、それぞれチェコ南部にある町と山の名前で、どちらも中世チェコの宗教革命家ヤン・フスと彼の支持軍フス派のゆかりの地。彼らの闘いと栄光が最後に感動的に奏でられます。ヤン・フスはミュシャの「スラブ叙事詩」にも描かれていましたが、それだけチェコ人にとって重要な英雄なのでしょう。

ちなみにスメタナは晩年聴力を失いながらもこの交響詩を完成させたと言われていますが、それがとても信じ難い一大傑作です。

 

ミュシャ展

mucha

先日、新国立美術館でミュシャ展が開催されていたので観に行って来ました。アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha, 1860-1939)はパリで活躍したチェコの画家で、アール・ヌーヴォーの巨匠と呼ばれています。

今回の目玉は「スラブ叙事詩」。ミュシャが母国チェコの独立を願って後期に16年の歳月をかけて描き上げた20点の大作で、チェコ国外で公開されたのはこれが世界初です。

今回のミュシャ展は3月から開催されていたので、終わり頃に行けば空いているだろうと思っていたら、甘かった。日曜に行ったこともあって物凄い人の行列。この時は90分待ちでしたが、時間によっては120分という時もありました。

ひたすら並んでようやく場内に入ると、いきなり目の前にそびえるのが、「スラブ叙事詩」の1枚目「原故郷のスラブ民族」。3~6世紀にスラブ民族の祖先が他民族からの侵略に身を潜めている様子が描かれているのですが、驚くのはその縦6m、横8mというキャンバスの巨大さ。怯えるスラブ人の目も印象的でした。

そんな見応えのある巨大な作品が場内に20枚も。その大きさにも関わらず非常に緻密で描かれており、決して派手ではない繊細な色遣いも見応えがあります。その1つ1つに圧倒されながら、また場内の物凄い人混みを掻き分けながら見入りました。もう1つ驚きなのは、一部のコーナーでは撮影が認められていたこと。通常の展覧会ではあり得ません。私が最も好きな最終作「スラブ民族の賛歌」も有難く撮影させてもらいました。

さらに今回はこのスラブ叙事詩だけでなく、彼の全キャリアの作品も集められていました。彼は元々アール・ヌーヴォーの女性画を得意としており、彼の名を一躍有名にした女優サラ・ベルナールを描いた「ジスモンダ」を始めとする諸作や、パリ万国博覧会やプラハ市民会館の壁画なども多く展示されており、見応えがありました。

いつも写真展ばかり観ていますが、たまにこうした絵画展を観るのも面白いものです。


『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 永遠の3秒』

doisneau

以前取り上げたこともある写真家ロベール・ドアノーのドキュメンタリー映画が上映されていたので、東京都写真美術館へ観に行ってきました。

彼はフランス・パリ郊外ジャンティイ出身。最初はルノーの工場内記録係として勤務した後に独立。戦後再興するパリの街角や逞しく生きる庶民の生活を撮り続けました。ヴォーグなどのファッション誌用にも撮っていましたが、上流階級のモデルを撮るのは好きではなかったというのも彼らしい。

この映画の監督クレモンティーヌ・ドルティルはロベールの実孫。彼女自身含め、多くの家族や友人が写真のモデルになっていたらしい。有名な「パリ市庁舎前のキス」も役者を使っていたというのも、演出家として考えれば別段特別なことではなかったのでしょう (個人的にこの作品には全く思い入れはないのですが)。

私は彼の初期のモノクロ写真の多くに感じられるユーモアや人々への温かい視線が好きなのですが、後年の作品はカラーになった一方で無人なのが疑問でした。ここには彼の近代開発に対する批判的意図があったようです。

最後には地球の反対側の日本における彼の人気ぶりも紹介されていました。彼は1994年に他界しましたが、今後も彼の作品は世界中で愛され続けていくことでしょう。

ちなみに今同じタイミングで東京工芸大学の写大ギャラリーでロベールドアノー写真展「ドアノーのパリ劇場」も開催されているので、合わせて是非。


『Morning Light』 吉村和敏

MORNING LIGHT
吉村 和敏
小学館
2017-03-01


先日、写真家 吉村和敏さんの写真展「Morning Light」が新宿のリコーイメージングスクエアで開催されていたので行ってきました。吉村さんは世界中の絶景を撮られている写真家で、新たに出版された同名の写真集を記念して開催されたものでした。

写真集の表紙になったスロヴェニアのブレッド湖をはじめ、カナディアンロッキーやマチュピチュなど有名どころから、フランスやイタリアの小さな村々まで、北から南、西から東と世界各地の写真が会場内にずらり。今回のテーマは「Morning Light」ということで、どれも朝に撮影されたもの。朝靄や朝焼けの中では幻想的に、また眩しい朝日の中ではキラキラと輝いていました。

「朝はこの地球上のどこにでも平等に訪れる」という吉村さんの言葉が壁に書かれていて印象的でした。世界中の朝を旅して心が洗われる思いでした。

ちなみに吉村さんはこれまで様々なテーマの作品集を出されていますが、個人的にはその中で、世界中の絶景をこの瞬間しかないという絶妙な色合いで捉えた「Magic Hour」が特に好きです。


鳥ジャケ

謹賀新年
あけましておめでとうございます。
昨年は個人的にも世の中的にも本当に色々ありました。今年は酉年だそうなので、お気に入りの鳥ジャケットを並べながら、昨年を軽く振り返ってみたいと思います。

elp 
Emerson Lake & Palmer
ELPの記念すべき1st。昨年は1年の内にKeith EmersonとGreg Lakeが相次いで他界してしまいました。

eagles
Eagles
ロックのジャケットでは鷹の使用が一番多いかもしれません。昨年はGlenn Freyも亡くなってしまっています。

crowes
The Black Crowes
カラスと言えばこのバンド。往年のキーボーディストEddie Harschまで他界してしまうとは。。

fnm
Faith No More
個人的に最も好きな鳥ジャケ。18年振りに新作も出てましたが、それは一昨年だったかな。

jihen
東京事変
折り鶴ですが。リオオリンピック閉会式パフォーマンスでは椎名林檎さんがプロデュースしてましたね。

 
今年も宜しくお願いします。

写真家 ロベール・ドアノー

The Best of Doisneau: Paris
Robert Doisneau
Flammarion
2015-03-03


先日行ったライカギャラリーでは数ヶ月毎に色々な企画の写真展を開催しています。で、後で知ったのですが、ジム・マーシャル展の前にやっていたのがロベール・ドアノー展だったそうで。個人的に非常に好きな写真家だったので、見られずに残念でした。

私は学生の頃から結構写真が好きでした。撮る腕はないですが、写真集を眺めるのは好きで、大型書店なんかに行くとつい時間を忘れてしまいます。基本的には風景画が好きなのですが、たまに人物画を眺めることもあります。彼はそんな私が最も好きな人物写真家の1人です。

ロベール・ドアノー(Robert Doisneau, 1912-1994)はフランスの写真家で主に1940~50年代に活躍しました。彼の作品では最も有名な「パリ市庁舎前のキス」を始め、パリ市内での市民の様子が生き生きと捉えられています。また彼が切り取る絵はどれもユーモアに溢れていて、彼の温かい人柄が滲み出ていると思います。

元々私はレトロなものが好きで、また学生の頃は今と違ってファッションにも興味があったので、彼の写真に写る当時のヨーロッパのファッションも参考にしたりしていました。今となってはファッションのフの字も興味ないですけどね。。でも彼の写真は今でも大好きです。

 

ジム・マーシャル写真展 「The Haight: Love, Rock and Revolution」

pick01

先日都内で開催されているジム・マーシャル写真展「The Haight: Love, Rock and Revolution」を見に行ってきました。
 
ジム・マーシャル(Jim Marshall, 1936-2010)は特に60~70年代に活躍した写真家で、ロックを始めとする当時の多くのトップミュージシャンの撮影を手掛けました。彼の撮影した写真は多くのアルバムジャケットにも使われています。The Allman Brothers Band 「At Fillmore East」、Jimi Hendrix 「Live At Monterey」、Janis Joplin 「Janis」、Johnny Cash 「At Folsom Prison」。これらはその一例ですが、どれも時代を象徴するような写真であり、名盤ばかりですね。

allman1 jimi1 janis johnny

で、今回展示されていたのは、彼が1972年に密着撮影したRolling Stonesのレコーディング風景やライブ模様の写真14枚。この頃Stonesが制作していたのは「Exile On Main St.」なのですが、Mick JaggerやKeith Richardsらがスタジオで録音している様子が写っていました。有名なものも、初めて見たものもありますが、とにかくどれもカッコいい。この人の写真はシンプルでストレートなのですが、それぞれ最高の瞬間を捉えています。特に咥えタバコのKeithが静かにギターをつまびく写真は是非自分の部屋にポスターとして貼りたいものでした。少しだけ自分も一緒にスタジオにいる気分にさせてもらったひとときでした。

ちなみに今回開催されていたのはライカギャラリー東京ですが、同期間にライカギャラリー京都ではThe Beatlesの1966年のサンフランシスコでの最終公演の写真が展示されているそうです。展示の入れ替えがないのは残念でした。


ジャケット展覧会 2

先週ジャケット展覧会として風景画・動物画・人工物画を取り上げたが、今週は人物画に焦点を絞って取り上げてみたい。人物画のジャケットというのも非常に多いのだが、その中で3ジャンルに分けてご紹介していく。


① <Artists>
まず多いのはアーティスト自身がジャケットに登場するパターン。今回はなぜか4~5人のバンドグループの画像ばかりになってしまった。


The Beatles 「Abbey Road」 (1969)

グループジャケットとしては、恐らく最も有名なものの1つだろう。構図や4人のポーズ、Paulが裸足なところまで文句のつけようがない一葉。もちろん中身も含め歴史的名盤。


Deep Purple 「In Rock」 (1970)

アメリカ歴代大統領の顔が掘られたマウント・ラシュモアをモチーフにしたジャケットで有名な第2期Deep Purpleの名盤。ハードロックに変貌を遂げた当時の彼らの信条をタイトルとともにストレートに表現している。


The Band 「Northern Lights – Southern Cross」 (1975)

The Bandの最終作。ウッドストックから移住したマリブのビーチで撮影した一葉。既にバラバラだったはずの彼らの関係も、夕暮れと焚火に美しく映えて強固なものに見える。


② <Woman>
女性アーティスト自身の写真でなくとも、ジャケットに女性が使われたものは数多い。容姿や造形の美しさが表現の手法として求められることが多いのだろう。


Derek & The Dominos 「Layla」 (1971)

Eric ClaptonがDelanie & Bonnieのバンド陣と組んで作った名盤。イラストだが女性の美しさを表現した画としては最高峰。これもアナログで部屋に飾ってある。


Arrested Development 「Zingalamaduni」 (1994)

アフリカ回帰のメッセージを強く打ち出した、Speech率いるHip Hopグループの2nd。内容とともにアフリカの気高さと力強さを感じさせる一葉。


NOFX 「Punk In Drublic」 (1994)

メロコアパンクバンドの代表格。疾走感が気持ち良い傑作。いかにもパンクな感じのジャケットだが、カウボーイスタイルの少女たちがキュートなのと、下にいる小僧もなぜか好きな1枚。


③ <People>
人々の様子というのも時には絵になるもので、Robert Doisneauあたりの写真集も好きだった。その土地の背景の中に、集まる理由があったり、熱気があったり。またその人々のファッションが時代性や地域性を反映したものであれば尚更だ。そんなジャケットを3枚。


Gipsy Kings 「Roots」 (2004)

Gipsy Kingsが装飾を一切そぎ落としルーツ回帰した2004年の作品。スペインの片田舎で踊る少年少女とそれを見守るジプシーの人々。フラメンコの原点。


Lynyrd Skynyrd 「Southern By The Grace Of God」 (1988)

サザンロックの雄Lynyrd Skynyrdの88年のライブ。アメリカ南部の熱気が如実に伝わってくる一葉。


鼓童 「Tataku Best Of Kodo Ⅱ 1994-1999」 (2000)

世界に誇る日本の佐渡島出身の和太鼓集団の2枚目のベストアルバム。躍動感と日本の素晴らしさが溢れている一葉。


ここまで様々な素晴らしいジャケットを並べてみて改めて気づくことは、ジャケットが素晴らしい作品はどれも音楽も素晴らしい名盤揃いであるということだ。もちろん必ずしもそうとは言えないかもしれないが、その傾向は確実にあると思う。素晴らしい音楽が出来た時には、アーティストはジャケットにも気合を入れるということもあるだろう。聴き手にとっても、素晴らしい音楽を聴きながら、素晴らしいジャケットを眺めることは至福の時であると思う。いつかダウンロードによってCDの存在が完全に駆逐されてしまったら、なんと無味乾燥とした音楽体験となることだろう。そんな時代にはなって欲しくないものだ。

ジャケット展覧会

最近はインターネットの普及により、音源をiTunesなどからダウンロードしてポータブルプレイヤーで聴くのが一般的になってしまった。これにより確実に失われつつあるものの1つがジャケット文化である。以前LPレコードからCDへ移行した際にも、ジャケット愛好家たちはそんな小さくなってしまっては味気ないと嘆いたものだった。今やCDさえも売れなくなってしまったため、そのジャケット自体が失われようとしている。

かつてMTVもプロモーションビデオもなかった時代は、ジャケットはアーティストにとって視覚的に自己表現する数少ない場であった。そしてレコードショップでは視聴もできないため、リスナーは知らないアーティストでもそのジャケットを頼りに購入したものだ。しかし今やそんな「ジャケ買い」という言葉すら死語になってしまっているのだろう。

今日は温故知新として、かつての素晴らしいジャケットたちの中から特に私が好きなものを取り上げてみたい。


① <Scenery>
思わず息を飲む景色というのがある。私は風景画が好きで、Ansel Adamsなどの写真集もよく眺めたりした。また昔は自分でもよくカメラを持って車に乗ってはあちこち撮りに回ったものだった。そんな風景画ジャケットの特にお気に入りを少しだけ。



Pearl Jam 「Yield」 (1998)

シアトル発グランジバンドは今やアメリカを代表するバンドとなった。これは当時思わずジャケ買いした1枚。荒涼とした風景の中で、地平線まで真っすぐ伸びるアメリカのフリーウェイが堪らない。こんな道を車やバイクで何も考えずに走りたいといつも思っている。



Dave Matthews Band 「Under The Table And Dreaming」 (1994)

これも大陸的なロックを鳴らすアメリカの代表的なバンドのデビュー作。夕暮れに映える観覧車の幻想的な時間を切り取った一葉。構図も色合いも完璧。



Yes 「Fragile」 (1972)

イギリスのプログレバンドYesの名盤。名画家Roger Deanの代表的な一枚でもある。風景画とは少し違うが。「こわれもの」というタイトルの元で壊れた地球の絵は、今のエコの時代にこそより意味を成す作品だろう。アナログでも部屋に飾っている。


② <Animal>
動物も自然が作り上げた最も美しいものの1つであり、ジャケットに取り上げられることも多い。私も娘が産まれるまでは、毎年干支にちなんだジャケットを編集して年賀状にしていたものだ。その中でも特に素晴らしい3枚。



Bob Seger 「Against The Wind」 (1980)

リアルタイムではなかったが、これもジャケ買いした1枚。70年代半ばからアメリカで人気あったロックシンガーBob Segarの傑作。私の知る中で最も優美なジャケット。「奔馬の如く」と訳されたタイトルも良い。



Tygers Of Pan Tang 「Spellbound」 (1981)

John Sykesが在籍したNew Wave Of British Heavy Metalのバンド。イギリスのバンドだがどこか日本的な美意識を感じさせるジャケットが印象的。



Rush 「Presto」 (1989)

最近急に評価が高まっているカナダのベテランプログレバンド。シルクハットから行列をなすウサギの大群に、可愛らしさやユーモアと同時に恐怖も感じさせる秀逸なデザイン。


③ <Artificial>
自然物だけでなく、人工物にも美しいものは数多い。建築物、アート作品、乗り物、家具、ツールなど様々あるが、それぞれ取り上げていくと大変な数になってしまうので、その中から3枚だけを。



Uncle Tupelo 「Anodyne」 (1990)

Son VoltのJay FarrarとWilcoのJeff Tweedyが在籍した伝説的なオルタナカントリーロックバンドの名盤。ギターにはいつも絵になる優美さがある。モノクロの色合いがいい。



Aerosmith 「Pump」 (1989)

アメリカのベテランハードロックバンドの中期の名盤。丸味がかったクラシックカーはそれだけでカッコ良く絵になる。しかもそれを大小2台重ねて別の意味を込めるところが彼ららしい。



Bad Religion 「Against The Grain」 (1990)

80年代から活動を続ける元祖メロコアパンクバンドの1990年の傑作。人工物にも色々あるが、これは決して美しくない人工物である。トウモロコシのように大量生産されるミサイル畑に強烈な風刺を見る。
Gallery
  • スメタナ 『交響詩 「わが祖国」』
  • ミュシャ展
  • ミュシャ展
  • The Smashing Pumpkins 「Mellon Collie and the Infinite Sadness」 (1995)
  • グランジ傑作10選
  • グランジ傑作10選
  • グランジ傑作10選
  • グランジ傑作10選
  • グランジ傑作10選
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments