Art

「美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス」

image1

六本木ミッドタウンにあるフジフィルムスクエアには、写真歴史博物館とともにフォトサロンが併設されていて、立ち寄るたびに色々な写真展が催されていて、いつも楽しめる場所だ。

先日もたまたま通りかかったついでに覗いてみたら、アンセル・アダムスの写真展をやっていて驚いた。どうやらフジフィルムスクエアの開館10周年の記念写真展だったらしい。写真展サイトでもピックアップされていなかったので全く知らなかったが、これを見逃したら激しく後悔していただろう。もっと宣伝してくれれば良いのに。

アンセル・アダムス(Ansel Adams, 1902-1984)。私が最も好きなアメリカの風景写真の巨匠。有名なのはやはり国立公園の大自然を捉えた作品群で、彼が生涯を捧げたヨセミテを始めとする数々の渓谷や山岳の作品に表現されたアメリカの大自然の雄大な美しさに見入った。またこれまで見たことがなかった静物画や人物画も展示されていた。

今展では京都国立近代美術館所蔵の彼の作品60点が展示されていたのだが、実際観てみて驚いたのは、それらはみなオリジナルプリントで、しかも彼の直筆サインが入ったものばかり。1枚で良いから持って帰りたかった。

コンシェルジェによる解説会では、彼の生涯などとともに、ゾーンシステムという彼の開発した技法について教えて頂いた。本来自然は様々な色によって彩られているが、彼はそれをモノクロの世界で階調のみで表現しきった。それは芸術作品として完成している一方で、観る者に色を想像する余地も残されている。そこにはカラー写真にはない、いつまでも飽きさせない奥深さがあると思う。



こちらは上映会で上映されていた1958年のドキュメンタリー「Ansel Adams, Photographer」。元々プロのピアニストを目指していたアダムスのピアノも披露されている。

「ゴッホ~最期の手紙~」

gogh

映画「ゴッホ~最期の手紙~」を観てきました。TOHOシネマ上野広小路はオープン初日だったため激混みでした。

この映画、ゴッホの動く油絵を体験できるという少し変わった趣向。実際には俳優達の演技を撮影したものを元に、ゴッホの画風を習得した125人の画家達による62,450枚の絵を繋いでアニメーション化しています。

舞台は「夜のカフェテラス」「オーヴェルの教会」「カラスのいる麦畑」「星月夜」etc、登場人物は「郵便配達夫ジョセフルーラン」「タンギー爺さん」「医師ガシェ」etc。彼の有名な風景画がそのまま舞台となり、有名な肖像画がそのまま登場人物となっています。またその中で雲や表情などの動きを表すために少しずつ塗り重ねられている様子が、ゴッホの厚塗りの一筆一筆をより魅力的に魅せています。

こうした構成だけでなく、ストーリーも秀逸。ゴッホの生前最期の手紙を郵便配達夫ジョセフから託された息子のアルマンが、それを手渡すべき人物を探し奔走するというもの。ゴッホの弟テオの死を知った後、最期の地であるオーヴェールに辿り着き、そこでゴッホの死は自殺ではなかったのではという疑問を抱きます。どこまで真実なのか分かりませんが、意外な結末には感動させられました。

波乱に満ちた生涯と鮮烈な作品の数々で、ゴッホは日本でも非常に人気の高い画家ですが、これはファンならずとも観るべき映画だと思います。


 

『セザンヌと過ごした時間』

paul

先日映画『セザンヌと過ごした時間 (Cezanne Et Moi) 』を観に横浜の映画館ジャック&ベティに行ってきました。

印象派の画家も色々いる中で、個人的にはシスレーやピサロあたりは好きなのですが、正直セザンヌの画風はそれほど興味があるわけではありませんでした。ただ彼のサント・ヴィクトワール山を描いた一連の作品には惹かれるものがあったのと、この頃の画家達を取り巻く時代背景に興味がありました。

この映画はセザンヌと小説家エミール・ゾラの友情が主題になっています。移り住んだパリでマネやルノワールら新気鋭の画家達と成功を夢見るが、印象派勃興後に周囲が皆成功を収めていく一方で、セザンヌはなかなかうだつが上がらない。売れなかった画家というのは少なくありませんが、周りが成功している中で自分だけというのは辛いはず。そんなセザンヌをゾラは長年応援し続けるが、ある時その友情にも亀裂が入ることになります。

一番印象的だったのは彼らの地元である南仏エクス・アン・プロヴァンスの風景。一面太陽と緑と山の広がる大自然は、他の印象派画家が描いていたパリ近郊の景色とは比較にならないほど美しく、これがあったからこそセザンヌは最期まで描き続けることを辞めなかったのではないかと思いました。


レコード

record

ジャケットアートはやはりLPレコードの時代が全盛期だっただろうと思います。大きいジャケットに当時は多くのデザイナーがアートを追求し、名を上げたものでした。やがてレコードはCDに取って替わられ、そのアートの世界は縮小しました。そして今や、インターネットの普及によりダウンロードやストリーミングが一般的になったのと反比例して、CDのセールスは壊滅的な状況です。もはやジャケットアートの文化は失われつつあるようです。

ジャケット愛好家としては、これは非常に残念なのと同時に理解に苦しみます。やっぱり素晴らしい音楽は素晴らしいジャケットを眺めながら聴きたいものじゃないのだろうかと。私は自分の中で生涯の名盤と認定されたうちの何枚かはCDだけでなくレコードとしても持っています。ただいかんせんプレイヤーがないのでそれらはもっぱら単なる鑑賞用ですが。

子供の頃は実家にあったレコードプレイヤーで親父のレコードをよく聴いていたものでした。大きなジャケットから黒い円盤を取り出して、溝をよく見ながらダイヤの針をゆっくり降ろす瞬間が堪らなかった記憶があります。実家を出た時にThe Beatlesの「Abbey Road」だけはくすねて来てここにあります。

先日はひょんなことから10数枚のレコードを入手しました。義理の両親が終活と称して処分するというので回ってきたのでした。Elvis PresleyやPaul Simonの見たことないライブ盤。名前は知ってるけどちゃんと聴いたことがないPaul MauriatやThe Stylistics。名前すら知らなかったEugen Cicero、Franck Pourcel、etc。

最近は密かにレコードの売り上げは地道に伸びてきているようで、先日は「ソニーがレコード生産を再開」というニュースも流れていました。こうした温故知新は嬉しいものです。

とりあえずレコードプレイヤーが欲しいな。あ、でも置き場所が。。

『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』

darkstar

最後にもう1人取り上げたいのがH.R.ギーガー(Hans Rudolf Giger, 1940-2014)。ジャケットの他に映画「エイリアン」などでも有名なスイスのデザイナーです。その彼のドキュメンタリー「Dark Star - H.R.ギーガーの世界」が東京都写真美術館で上映されていたので観てきました。

彼の世界観は独特です。ある種グロテスクな彼の作品は観る者を選びます。大抵は忌み嫌うでしょうが、闇を愛する人はそこに美を見出します。このドキュメンタリーはそんな彼の世界観を見事に描き出しています。

スイスの彼の屋敷は街中にあるにも関わらず、まるで外界から隔離されています。鬱蒼と茂る森や暗い屋敷の中には、異形の作品が無数に立ち並んでいます。これもお化け屋敷のようですが、好きな人には堪らない博物館でしょう。

子供の頃に父親から貰った頭蓋骨、博物館で見たミイラ、戦争、恋人の自殺、etc。それらが彼を闇の世界へと誘いました。ただ、彼は闇を描き出すことによって恐怖をコントロールし癒しになると語っていたのが興味深かったです。

色々な家族や関係者も証言している中で、驚いたのがCeltic FrostのボーカルTom G. Warrior。同郷のCeltic Frostはジャケットのデザイン提供を受けていたのは有名ですが、Tomが敬愛するあまり秘書まで務めていたとは知りませんでした。

撮影当時ギーガーは73歳。足も悪くして絞り出すように全てを語っていたのが印象的でした。この撮影直後に彼は他界してしまいました。



ちなみに以下は私の好きなH.R.ギーガーの作品5選です。

elp
Emerson Lake & Palmer 「Brain Salad Surgery」 (1973)

celtic
Celtic Frost 「To Mega Therion」 (1985)

steve
Steve Stevens Atomic Playboy 「Steve Stevens Atomic Playboy」 (1989)

bloodbath
Bloodbath 「Traumatic Memories」 (1992)

carcass
Carcass 「Heartwork」 (1993)

ヒプノシスのジャケットアート10選

ジャケットアートに触れるなら避けて通れないのがヒプノシスでしょう。

ヒプノシス(Hipgnosis)は、Storm Thorgerson(1944-2013)とAubrey Powell(1946-)が1968年に結成したイギリスのデザイナーチーム。後にPeter Christopherson(1955-2010)も合流。単にバンドメンバーが並んでいるようなジャケットではなく、写真を元にした前衛アートの世界を確立。Pink FloydやLed Zeppelinをはじめ、プログレやハードロックを中心に非常に多くのアーティストを手掛けました。

個人的にはあまりにシュールなものや奇抜過ぎるものは好きではないのですが、以下の10作品はお気に入り。やっぱりどれも名盤です。

floyd
Pink Floyd 「Atom Heart Mother」 (1970)

nice
 The Nice 「Five Bridges」(1970)

trees
Trees 「On The Shore」 (1970)

argus
Wishbone Ash 「Argus」 (1972)

zep
Led Zeppelin 「Houses Of The Holy」 (1973) 

paul
Paul McCartney & Wings 「Band On The Run」 (1973)

ufo
UFO 「Phenomenon」 (1974)

scorpion
Scorpions 「Animal Magnetism」(1980)

lepps
Def Leppard 「High 'n' Dry」 (1981)

stomp
Anthrax 「Stomp 442」 (1995)

ロジャー・ディーンのジャケットアート10選

最近はだいぶ秋らしくなってきました。私は夏の暑さが苦手なので嬉しい限り。なので今日は秋らしい企画として、プログレとアートについて触れてみたいと思います。

かつてのプログレッシヴロックバンドにとって、ジャケットアートは彼らの音楽を表現する上で非常に大切な要素の一つでした。中でもロジャー・ディーン(Roder Dean)とYesの関係は切っても切れないものでした。

ロジャー・ディーンは幻想的な情景描写を得意とするイギリスのデザイナー。その壮大な世界観、遠近法を活かした大胆な構図、細かく美しい描写が素晴らしく、それらはYesの音楽とも相通じたのをはじめ、他の多くのプログレバンドからも人気を集めました。

実は今年の春に都内でディーン・ファミリー作品展<Anima Mundi>が開催されていました。ロジャー・ディーンの個人展ではないのでスルーしてしまったのですが、今では行っておくべきだったと後悔しています。

以下は私の最も好きなロジャー・ディーンのジャケットアート10選。どれも名盤ばかりです。

gun
Gun 「Gun」 (1968)

cox
Billy Cox 「Nitro Function」 (1971)

fragile
Yes 「Fragile」 (1972)

gentle
Gentle Giant 「Octopus」 (1972)

greenslade
Greenslade 「Greenslade」 (1973)
 
heep
Uriah Heep 「The Magician’s Birth Day」 (1973)
 
magna
Magna Carta 「Lord Of The Ages」 (1973)
 
relayer
Yes 「Relayer」 (1974)

asia
Asia 「Asia」 (1982)
 
abwh
Anderson Bruford Wakeman Howe 「Anderson Bruford Wakeman Howe」 (1989)

日本山岳写真協会展 2017

sangaku

先日の「山へ! to the mountains 展」の山岳写真では物足りず、ちょうど良いタイミングで日本山岳写真協会展「山・われらをめぐる世界」が東京都美術館で開催されていたので覗いて来ました。

これがまた期待を遥かに越えるほど素晴らしかった。青空にそびえる夏の山頂や稜線。紅葉に染まる秋の山麓。真っ白な雪に覆われた冬の急斜面。雪解けに咲く春の山花。さらにはそこに朝焼けや夕焼けの色が足されて絶妙な色合いを魅せるものも。1つ1つ見入ってしまいますが、そんな作品が全部で300以上も場内にずらりと並んでいるわけで、回りきるのに相当時間がかかりました。

特別出展として皇太子殿下の作品「アイガー北壁」もありました。クライマーの冬の聖地は迫力がありました。

展示作品で一番多いのは北アルプスでしたが、他にも北海道から九州、さらにはヒマラヤやヨーロッパなどまで。国内外のあらゆる山々に登った気になれます。しかし実際はこれらの場所に行き、これらの絵を捉えることは並大抵のことではないわけで。そんな撮影者達の苦労の末の沢山の感動を共有させてもらえることは有難いことです。

やっぱり写真にしても絵画にしても山はいつでも最高のモチーフだと思います。

「山へ! to the mountains展」

mountains

世田谷文学館で「山へ! to the mountains展」が開催されていたので観てきました。

登山家、作家・随筆家、植物学者、写真家、建築家、漫画家など、山に深い関わりのある各界の著名な人達の品々が展示されていました。山になぞらえて一合目から頂上まで全部で10のブースに分かれており、どれもよかっかったのですが、特に以下の展示が興味深かったです。

●三合目
・深田久弥と日本百名山 「百の頂に百の喜びあり」
かの「日本百名山」を著した深田久弥は世田谷在住だったようで、地図やピッケルなど遺品が多く展示されていました。百名山の直筆原稿もあり、色々推敲を重ねていた様子が分かります。

●八合目
・田部井淳子「それでも私は山に登る」
昨年惜しくも他界された世界的な女性登山家の田部井淳子さん。女性として世界で初めてエベレストに登頂成功した時の登山ウェアや装備一式が展示されていて思わず見入りました。現地から夫に宛てた葉書や寄稿文などにも彼女の強さが現れていました。

●四合目
・「山岳写真にみる日本百名山」
岡田紅陽、田淵行男、白旗史朗、白川義員。歴代の著名な山岳写真家4名の作品展示。どれも素晴らしい写真でしたが、数が少なかったのが残念。

●一合目
・坂本眞一「そこから道は二つに分かれていた」
単独行の登山家  加藤文太郎を描いた人気漫画「孤高の人」。K2東壁へ挑戦するクライマックスの原画が展示されていて見入りましたが、まだ未読の人にはネタバレかもしれません。

とにかく山好きには愉しめます。開催は9月18日まで。

「北斎富士 ~富嶽三十六景・富嶽百景 そろい踏み」

hokusai

すみだ北斎美術館の開館記念展Ⅳ「北斎富士 ~富嶽三十六景・富嶽百景 そろい踏み」を観に行ってきました。

この美術館は以前アメリカの友人が観てきて期待ほどではなかったと言っていました。確かに常設展は葛飾北斎のことを理解するには良いですが、作品は少なめでしかもレプリカのみ。美術を堪能したい人には物足りないでしょう。

しかしこの企画展は全て本物。4Fの中央には朝焼けの赤富士を描いた有名な「凱風快晴」が鎮座し、その周囲には「富嶽三十六景」がずらり。期間を分けての展示なので全てではありませんでしたが、それでも壮観でした。また3Fには趣きの異なる「富嶽百景」もずらり。アメリカの友人にも見せたかったものです。

武州(東京)や相州(神奈川)など馴染み深いこの近辺の当時の様子、またそこからどのように富士が見えていたかなど、人々や情景がいきいきとしています。また色んな隙間に富士を置く構図も面白いです。

北斎は90年の生涯で様々な作品を描き続けましたが、最期まで自身の絵に満足しなかったそうです。しかしその人気と影響はフランス印象派にまで与えるほどに大きく、また私の好きな風景画家のルーツとしても偉大過ぎる巨匠です。


Gallery
  • 鍋割山登山
  • 鍋割山登山
  • 鍋割山登山
  • 鍋割山登山
  • 鍋割山登山
  • 「美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス」
  • 「美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス」
  • 「ゴッホ~最期の手紙~」
  • 「ゴッホ~最期の手紙~」
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments