Accept

Dirkschneider Live Report 2016

dirk

元AcceptのボーカリストUdo Dirkschneiderの来日公演に行って来た。当初仕事が終わってから駆けつけるつもりだったのだが、当日風邪のために仕事を休んでいた。なのでライブも無理かと思っていたが、夕方には多少良くなったので何とか会場に辿り着いた。

今回は彼がAcceptの楽曲を歌う最後のツアーだという。オールドファンとしては往年の名曲を彼の声で聴きたいと願っていたわけだが、本来はAcceptとしてがベストだった。しかし今のAcceptは新しいボーカルを入れて成功を収めているので、それが望めないならこれが最後のチャンスだと思って参戦した。

会場は品川ステラボール。以前ここでStompを観た時は座席があったが、今日はオールスタンディングになっている。場内は700人程度と少なめだが、盛り上がりはスゴかった。

暗転して大歓声の中メンバー登場。右手からギターのAndrei、ベースのFitty、ギターのKasperi。この3人は今のU.D.O.のメンバー。ドラムのSvenはラストネームが同じなので、恐らくUdoの息子なのだろう。短髪でどことなく父親に似ていた。そしてUdoがマイクを持って登場し初期の”Starlight”から勢い良くスタート。

「ドモアリガトー!戻って来られて嬉しいよ」とUdoのMC。昔と同じ迷彩柄のシャツを着たUdoは、基本的に昔と同じ体型だが、太ったこともありかなり巨体に見える。MCでは結構普通に低い声だが、歌うと昔と変わらないあの金属質のハスキーボイス。あんな歌い方で長年歌ってよく喉が潰れないなと不思議に思う。やっぱりこの人の声に替わるものはない。

Udoはステージ中央でほとんど動かずに歌っていたが、貫禄たっぷりに観客を扇動した。対して他のメンバーはよく動いていた。バース部では下がって2人や3人で並んでギター・ベースを揃って振り上げ、サビにはフロントマイクに走って戻り野太いコーラスを聞かせる。ツインリードでは中央で2人が背中合わせで弾いてみせたりと色々なパフォーマンスで魅せてくれた。

Acceptの楽曲はミドルテンポのものが多いのだが、ザクザクと刻まれる重いギターリフを聴くと、これこそがヘヴィメタルだと痛感させられる。そしてその中に織り交ぜられる”Breaker”や”Wrong Is Right”のようなファストチューンが良く映える。

Udoの声が基本的に一本調子なので分かり辛いかもしれないが、実は”Son Of A Bitch”のようなハードな曲から”Midnight Highway”のようなキャッチーな曲まで楽曲の幅は非常に広い。ボーカル以上にギターがメロディアスに歌っているというのもある。今回とにかく往年の楽曲を次から次へと惜し気なく披露してくれ、バラード”Winter Dreams”なんかもしっとりと聴かせてくれた。

個人的なハイライトは前半に演った名曲”Prinecess Of The Dawn”。観客はどの曲も一緒に歌っていたが、この曲では特に大きくオーラスのような盛り上がりだった。

後半は「Staying A Life」にもなかった”TV War”や”Losers And Winners”で駆け抜けて終了。その後のアンコールでは名曲”Metal Heart”でスタート。「次の曲のオープニングはこう始まるんだ」と歌い出したドイツ民謡を皆で合唱した後に、ファストチューン”Fast As A Shark”でヘッドバンキングの嵐。「大昔の曲だよ」と”I'm A Rebel”。そして「この曲をここで演るのも最後になるんだな」と言って始まった”Balls To The Wall”。一瞬静まった観客も最後とばかりに盛り上がり、”Burning”で2時間の公演は終了した。

先日のIron Maiden公演と比べると規模も非常に小さいものではあったが、セットリストや一体感という面では文句なく満足できた公演だった。

1. Starlight 
2. Living After Midnight
3. Flash Rockin' Man 
4. London Leatherboys 
5. Midnight Mover 
6. Breaker 
7. Head Over Heels 
8. Princess Of The Dawn
9. Winterdreams 
10.Restless 
11.Son Of A Bitch 
12.Up To The Limit 
13.Wrong Is Right 
14.Midnight Highway 
15.Screamin' 
16.Monsterman 
17.TV War 
18.Losers And Winners
encore
19.Metal Heart 
20.I'm A Rebel 
21.Fast As A Shark 
22.Balls To The Wall 
23.Burning 


Accept 「Staying A Life」 (1990)

ステイング・ア・ライフステイング・ア・ライフ
アクセプト

Sony Music Direct 2005-07-20
売り上げランキング : 74697

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Metal Heart
2. Breaker
3. Screaming For A Love-Bite
4. Up To The Limit
5. Living For Tonight
6. Princess Of The Dawn
7. Neon Nights
8. Burning
9. Head Over Heels
10. Guitar Solo Wolf
11. Restless & Wild
12. Son Of A Bitch
13. London Leatherboys
14. Love Child
15. Flash Rockin Man
16. Dogs On Leads
17. Fast As A Shark
18. Balls To The Wall
19. Outro (Bound To Fail)

これまでのJudas PriestとIron Maidenはどちらもイギリスのバンドだったので、正統派HMというととかくイギリスのイメージが強いのだが(伊藤正則氏のせいというのもある)、忘れていけないのがドイツのAcceptである。ドイツには70年代初頭からScorpionsという偉大な先輩がいたが、HMというカテゴリーで考えれば、このAcceptがパイオニアだろう。彼らがいなければその後のHelloweenやジャーマンメタルもなかったかもしれない。

79年にAcceptはデビュー。81年の「Breaker」でスタイルを確立し人気が出始めた。ザクザクと刻まれるギターリフの上に乗るUdo Dirkschneiderの金属質なスクリーミングボイス。聴き手を選ぶかもしれないが、このサウンドはヘヴィメタル以外何者でもないと言えるだろう。やがて彼らの音楽は、ツインリード、野太いコーラス、クラシックの要素なども吸収しながら、非常にドラマティックなものへと進化を遂げていく。

今日取り上げるのは1985年という全盛期に彼らが来日した際の大阪公演の模様を収めたライブアルバム「Staying A Life」だ。それまでのほぼベストな選曲が非常に勢いのある演奏で一気に聴かせる。このタイトルはDVDでも持っているが、彼らのパフォーマンスには圧倒された。演奏ももちろんだが、フロント4人はまるで軍隊のフォーメーションのように、終始計算しつくされた動きで魅せていた。大阪のファンが大盛り上がりだったのも納得。

その後Udoらの脱退、解散、再結成などの紆余曲折を経て、結局今はUdo以外のボーカルで活動を続けているらしい。しかし私が認められるのはこの時代のAcceptのみである。

★★★★★


Gallery
  • レコード
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • ヒプノシスのジャケットアート10選
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments