Cynic

Gordian Knot 「Emergent」 (2002)

エマージェント
ゴーディアン・ノット
マーキー・インコーポレイティド
2002-12-18


1. Arsis
2. Muttersprache
3. A Shaman's Whisper
4. Fischer's Gambit
5. Grace (Live)
6. Some Brighter Thing
7. The Brook the Ocean
8. Singing Deep Mountain
9. Surround Me (Japan Bonus Track)

解散のゴタゴタで何だかライブ後の後味が悪くなってしまったCynic。ライブではPaulやSean Reinartも巧かったが、個人的にはSean Maloneが観られたのが1番良かった。今日は彼に焦点を当ててみたいと思う。

Malone先生がCynicに加入したのは93年。それまでのテクニカルデスだったCynicがジャズ・フュージョンを導入して大胆に音楽性を変えたのは、彼の影響が大きかったのではないかと思う。Cynic解散後の96年に初ソロ作「Cortlandt」を発表したが、ここにはメタル色はなく、ほとんどジャズ・フュージョンの世界だった。

一方で彼は博士号を取得し、オレゴン大学で助教授として音楽理論について教鞭を執っている。Jaco Pastorius関連などベースに関する著書も4本執筆・発表している。こうした学術的なキャリアが先生と呼ばれる所以である。

やがて彼はGordian Knotというプロジェクトを主導する。98年と02年にこれまで2枚のアルバムをリリースしているが、Sean以外にもReinartやJasonも参加しており、ほとんどCynicの別動隊のようなプロジェクトだった。

さらにここに参加しているゲスト陣がスゴい。1stではKing CrimsonのTrey Gun、Dream TheaterのJohn Myung、WatchtowerのRon Jarzombek、2ndでもGenesisのSteve HacketやKing Crimson・Yes他のBill Bruford、といったプログレ界のそうそうたるメンツが顔を揃えていた。

そうした豪華なゲストのプレイもさることながら、やはり要はMalone先生。彼はベース以外にスティックという弦楽器を操るのだが、これは10本の弦を両手でタッピングで弾くものである。そのため通常のギターよりもより多彩で複雑なメロディを紡ぐことができ、弦楽器というより鍵盤楽器に近い。こうしたメロディ感覚が彼のベースプレイにも表れている。さらに彼はギター、キーボード、作曲・アレンジなど、あらゆることを手掛けている。

そしてここで聴ける音楽は本当に深遠で、オールインストながら全く飽きさせない。ソロ作の反動かここではメタル色が戻り、ジャズ・フュージョンを消化したプログレッシブメタルという作風。ベクトルは2作とも同じだが、1stは少し難解で後期King Crimsonに近い印象だった。それが2ndではメロディアスになり、より調和を重視した作風になっている。動と静のコントラストが明確になり、表情豊かなギターとスティックのソロが美しくドラマティックな世界を構築している。特にM2, M6, M8は名曲。これもライブを観たかったものだ。

先日の公演後に写真撮影や握手をさせてもらった際に軽く聞いてみたのだが、誰とやるかは分からないが、またGordian Knotの次作は作りたいと言っていた。その言葉を信じて楽しみに待つとしよう。 

★★★★

 

Cynic 解散?

cynicpix

先日のライブの余韻をかき消すような悲報が突然流れた。ReinartがFacebookで解散を発表したのだ。しかし直後にPaulがCynicはReinart抜きで存続すると表明。つい先週22年目の初来日で素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれたばかりなのに、その1週間後にこれとは信じ難い話である。

とにかくPaulとReinartの2人の関係が悪化したということなのだろう。思えばライブ中も皆笑顔はなく、終演後もReinartはMaloneとは談笑していたが、Paulとは互いに距離を置いていた。恐らくツアー前から決まっていたことだったのだろう。だとすれば間にMaloneがいてこそ成り立っていたライブだったのかもしれない。

日本公演の後に予定されていた中国公演が中止されたのは、これが原因ではないと書いていたが、それはきっとBon Joviと同様に政治的な理由なのだと思う。いずれにせよ、結果的に日本公演が彼らの最後となったわけで、それを観られた私達は幸運だったと言う他ない。

もっともこの22年の間の14年間は一度解散していたわけだから、また別々の道を行くのは全く不思議なことではない。また14年後に3人で再々結成してくれることを期待して気長に待つとしよう。

 

Cynic Live Report 2015

cyniclive

昨日Cynicのライブに行ってきた。93年のデビュー以来、22年目にしての初来日。一度解散した段階で再結成も来日も予想していなかった。これはこの日前座で登場するCyclamenという日本のバンドのボーカルHayatoさんが呼んでくれたものらしい。感謝々々。

会場は代官山Unit。代官山は昔はよく行っていたのだが本当に久しぶり。私がまだお洒落だった学生の頃だから約20年ぶり。ちょうど「Focus」が出た頃位か。

冒頭に登場したのはオーストラリア出身のPlini。聞いたことがなかったが、これがスゴかった。ジャズ・フュージョン色もあるプログレッシブなポストロックと言えばいいのだろうか。若いなかなかイケメンな4人組は緩急織り交ぜながら超絶技巧を魅せてくれた。

2番手がCyclamen。メタル、スクリーモ、デスなど色々混ざった感じで、途中女性ボーカルも登場していた。Hayatoさんはスタート時にも前説をしたり色々気さくにオーガナイズしてくれていたが、実際マイクを持つと凄まじい咆哮を聞かせ別人のようだった。

セッティングの後に、遂に大歓声の中Cynicが登場。右手からギターボーカルPaul、ベースSean Malone、左手奥にドラムSean Reinart。オープニングに2ndから”Evolutionary Sleeper”が始まると皆ステージへと押し寄せる。続いて1stから待望の”Veil Of Maya”が始まるとフロアのボルテージは一気に最高潮に。

Paulはトレードマークのヘッドのないギターを持ち、涼しい顔でテクニカルなリフやフレーズを聴かせる。本来はもう1人いるはずのギターが今日はいないため物足りないかと思ったが、実際それほど気にならず、むしろよりPaulのギターを堪能することが出来た。ヴォコーダーを通したボーカルもアルバム通り高いトーンで浮遊感がある。デスボイスは残念ながらテープと言うかデータ音源だった。Maloneは5弦ベースの指弾き。無表情だが、プレイは激しいパートでは重くスピーディー、静パートではメロディアスにと能弁だ。スティックを演奏しているところも見たかったものだ。Reinartは大柄で両肩には派手なタトゥーが入れており、手数が多いリズムも重くて正確。最強のトリオである。

中盤で印象的だったのはアコースティックでの”Integral”。MCの少ないPaulがここで「アルバムではいつも必ず地球のことを歌っているんだ。人間がこの惑星を破壊していることは非常に悲しいことだね」と熱く語っていた。この後に聴かせてくれた美しいボーカルとSeanの幽玄なベースにも聞き惚れた。

Reinartのタムロールが見事な”Carbon-Based Anatomy”から、最新作のメロディアスな”The Lion's Roar”へ。最後にPaulがファンとスタッフとHayatoさんにお礼を述べる。ここでデビュー時に手紙を送っていたというYumikoさんという女性に特別に感謝の意を述べていた。

そしてラストも最新作のタイトルトラック。正直最後は1stの”How Could I”で締めて欲しかった。結局1stから”Veil Of Maya”の1曲だけだったのは寂しい。この日は3バンドも出演していたのでセットは短く、アンコールも粘ったが会場もこの後予定があるということでなしだった。と若干の心残りはあるが、それでも素晴らしいショーだったのは間違いない。

終演後Paulはフロアに降りてきてファンの握手に応じてくれていた。Reinartは携帯でフロアをバックに自撮り。撤収中だったMalone先生にも無理言ってポーズを取ってもらった。感謝。

1. Evolutionary Sleeper
2. Veil Of Maya
3. Adam’s Murmur
4. The Hallucination Speak
5. Elves Beam Out
6. Moon Heart Sun Head
7. The Space For This
8. Integral
9. Carbon-Based Anatomy
10.The Lion’s Roar
11.Kindly Bent To Free Us

cynic_live01 image

Cynic 「Focus」 (1993)

フォーカス
シニック
ロードランナー・ジャパン
2002-12-18


1. Veil of Maya
2. Celestial Voyage
3. Eagle Nature
4. Sentiment
5. I'm But a Wave to...
6. Uroboric Forms
7. Textures
8. How Could I

いよいよ来週末に迫ったCynicの初来日公演。最近のヘビロは当然彼らの名盤1st「Focus」である。初めてこれを聴いた時は衝撃的だった。以来幾度となく聴いたが、今でも聴く度に感嘆させられる。

彼らは87年にPaul Masvidal (Vo, G)とSean Reinert (D) によってフロリダで結成された。その後メンバーが入れ替わりながら数々のデモを制作し続けたが、DeathやAtheistなど各メンバーの課外活動のために実際にデビューに至るまで長い時間を要した。Jason Gobel (G) とSean Malone (B) が加入しメンバーが固まりようやくデビューしたのが93年のことだ。

この作品の中には、全く異なる2つの世界観が共存している。1つはテクニカルデスの世界、もう1つはジャズ・フュージョンの世界だ。前者ではデスボイスが咆哮するバックで超絶テクニックのギターとリズムセクションが駆け抜ける。後者では一切のディストーションを排したクリーンなギターとスティックのサウンドが幽玄な調べを奏でる。毎曲中この両者の間で幾度となく転調を繰り返し、時には完全融合するのだが、そのあまりの違和感のなさが驚異的なほどにプログレッシブなのである。Paulのボーカルも常にヴォコーダーを通して高く歪ませていて、これも不思議な浮遊感を生んでいる。

91年のデモも聴いたが、そこでは単なるテクニカルデスでジャズ・フュージョン色はまだどこにもなかった。この2年の間の変化は大きい。今作ではデスボーカルはゲストメンバーであり、以降の作品でもデスメタルの要素は急速に減少していく。結局彼らにとってのデスメタルとはあくまでも一過性の表現方法だったようだ。

しかし今作ではこのあまりにもかけ離れた両者の間の振幅が、それぞれの効果を最大限に爆発させており、それが強烈な個性となっていた。当時これを聴いてしまったお陰で、以降変態と銘打った作品は全て物足りなくなってしまった。ここまで奇天烈で美しく完成度の高い作品は他に類を見ず、この1枚であっけなく解散したという事実も彼らの孤高性を高めたと思う。

★★★★★


Cynic 来日決定

cynic

先月のバレンタインの日にネットで「Cynic来日決定」 のニュースを見つけて驚いた。 93年のデビュー以来これが初来日である。Cyclamenという日本のバンドが招致してくれたようだ。Twitterなどネット上では一部のマニアの間で大騒ぎになっていた。

とにかくデビューアルバム「Focus」はスゴかった。強烈なデスメタルと美しいフュージョンが超絶技巧の上で高次元で融合しており、後にプログレッシブデスメタルと呼ばれるジャンルの先駆けとなったアルバムだ。しかし彼らはこの1枚のみを残してあっけなく解散し伝説となっていた。

解散後メンバー達は様々なプロジェクトでの活動を経て再結成し、2008年に何と15年振りとなる2ndアルバムを発表する。その後もコンスタントにアルバムをリリースしており、今はもうデスメタルの要素は消えてしまったが、依然レベルの高いことをやっている。

最近のセットリストを見ると1stの曲も少しだけだが演っているようだ。しかもどうやらベース・スティックのSean Maroneも来るらしい。チケットも無事確保したのであと半年楽しみにしていよう。

Oct. 31. 2014 @ Circo Volador , Mexico City
1. Intro (Tubular Bells)
2. Veil of Maya 
3. Celestial Voyage 
4. Evolutionary Sleeper 
5. Adam's Murmur 
6. The Lion's Roar 
7. True Hallucination Speak 
8. Integral (Acoustic)
9. Carbon-Based Anatomy 
10.Elves Beam Out 
11.Gitanjali 
12.Kindly Bent to Free Us 
13.The Space for This 
 
 
Gallery
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments