Black Culture

Basket Ball



久々にバスケットボールを買ってきた。20年ほど前に中学高校でバスケをやっていたのだが、その頃の記憶が今でも時々夢に出てきて、いてもたってもいられなくなったのだった。最近週末はボールを持って家族を連れて遠くの公園まで行って遊んでいる。

私が中高生の頃は未曾有のバスケブームだった。まずその発端は例の井上雅彦氏の漫画「スラムダン ク」である。連載がスタートしたのが1990年。以降バスケ部に入部した新入部員の数は凄かった。ただ多くはキツい練習に耐えきれず辞めていったが。

またあの頃はNBAも全盛期だった。私達は衛星放送にかじりつき、いつもスタープレイヤーのプレイの話題に華を咲かせていた。オリンピックに初のドリームチームが組まれたのが1992年。 Micheal Jordan, Scottie Pippen, Majic Johnson, Charles Barcley, John Stockton, Carl Marone, Chris Mullin, Larry Bird, Patrick Ewing等々、そうそうたるメンツは正にドリームチームそのものであり、オリンピックでの強さも圧倒的だった。今思えば彼らと同じ時代にバスケをしていたことは幸運だった。

その後私は1997年にアメリカに留学した。ドリームチームのメンバーには会えなかったが、LA Lakersの試合を見る機会があり、第2のMJと言われていたKobe Bryantのプレイは拝んできた。向こうに行って気付いたのだが、アメリカにはあらゆる公園に必ずと言っていいほど屋外バスケコートがあった。しかも若者たちは、たとえボールを持っていなくてもコートにやってきて、知らないグループに気兼ねなく合流し、一緒にプレイをしているのである。この環境と国民性があれば、そりゃ上手くなるはずである。

一方日本には屋外バスケットコートのある公園は非常に少ない。1市町村に1ヶ所あればいい方だ。学校体育館以外には自治体の体育館しかなく、人数を集めて予約を取らないといけないため、いつでも気軽に行くというわけにはいかない。また日本にも一応バスケのリーグはあるが、その試合がメディアで報道されることはなく、結局いつまで経ってもマイナーな存在のままである。つまり日本のこの環境の悪さが、かつてのバスケ人気を一時期のブームだけに終わらせてしまったのだ。

個人的にバスケはスポーツの頂点だと思っている。最初のドリブルからシュートまで技術が求められ、入口の敷居は非常に高い。そして試合中常にスピードが求められ、体力と集中力がなければ厳しい。接触もある。そして絶妙なチームワークがなければ勝てない。そんなバスケの一番の魅力は、こうしたスピードと激しさの中に、時が止まる瞬間の美しさがあるところだと思っている。

私の妻も中学ではバスケ部で頑張っていた口だ。なので我が娘にも是非バスケを教えて一緒にプレイしたい。私はこれまで長いこと野球やサッカーしか報道されないスポーツニュースに、やるせない気持ちを抱き続けてきたが、もし娘がバスケを好きになってくれるなら、娘のためにもいつかバスケがもっとメジャーになる時代が来てくれることを願っている。


Heavy D 急逝

Peaceful JourneyPeaceful Journey
Heavy D & The Boyz

Mca 2000-01-01
売り上げランキング : 57133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近また悲しいニュースが1つ。去る11月8日にラッパーHeavy Dが亡くなった。享年44歳。死因は不明らしいが何か病気によるものらしい。まだ全然若いのに。

Hip Hopというと、うちのサイト名ともサイトの趣向とも合っていない感じだが、先日のプロフィールにも書いた通り、実は以前Hip Hopにハマっていた時期がある。その時にHeavy D & The Boyzはよく聴いていた。

彼のヒット曲で一番有名なのはやはり"Now That We Found Love"だろう。70年代のO'Jaysのカヴァーだが、Teddy Rileyがプロデュースしているだけあって、早くて重いビートのいかにもNew Jack Swingなサウンドになっている。日本ではダンス甲子園のテーマソングとして有名だ。

この人の魅力は曲もそうだが、巨体な割には愛敬のある風貌と意外に軽やかな動き、そしてクリーンなラップにあると思っていた。M5のタイトルにもあるように、彼は決して汚い言葉を使わずに、常にポジティブなリリックをラップしていた。きっとそれは彼がジャマイカ出身だったことも関係していたのではないかと思う。その姿勢が当時のギャングスタラップと一線を画しており、そこが好きだった。

願わくは彼にも"Peaceful Journey"があらんことを。


Michael Jackson 急逝

Thriller
ThrillerMichael Jackson

Epic 2009-07-23
売り上げランキング : 59370


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今週世界中を驚かせ悲しませたKing of Pop急逝のニュース。心肺停止と聞いてもなお亡くなるとは思ってもみませんでした。

中学生の頃ムーンウォークを必死に練習し、周りに自慢していたものでした。昨年もマイケルファンの生徒がいたため、授業でもムーンウォークの仕方なんて話をしながら、"We Are The World"の歌詞を取り上げたりもしました。

彼は生まれながらにして天才的なシンガーであり、ダンサーであり、そしてエンターテインナーであったと思います。才能豊かなジャクソン一家の中でも、その才能が群を抜いていたのは、Jackson 5を見れば一目瞭然でした。80年代以降にいわゆる白人音楽に傾倒していっても黒人から特に批判もなかったのは、そうした彼の圧倒的な説得力によるところだったのでしょう。その分、晩年にあった一連のスキャンダルは残念でありましたが…。

Rest in peace.
Gallery
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
  • 三国峠・生藤山
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments