IMG_2018

先週は名登山家の加藤文太郎について書いた。彼の出身は兵庫県だが、漫画版「孤高の人」では神奈川県横須賀の出身とされている。現代版の若き文太郎は、その横須賀の鷹取山でクライミングの修行を積む様子が描かれていた。私も少しボルダリングをかじった身としてこの鷹取山に興味を持っていたので、昨年秋に娘を連れて行ってみた。

IMG_2016
横須賀の街外れで、しばらく坂を登ると鷹取山公園に到着。展望が良く、横須賀の市街や海が見渡せた。

IMG_2019
少し行くと巨大な垂直の絶壁が聳え立っていた。昭和初期まで凝灰岩の採石場だったことから、このような奇観が出来たらしい。

IMG_2021
岩壁には無数の穴が空いてるが、これは全てハーケンの跡らしい。これまでどれだけ多くのクライマーがここに挑戦したかを物語っている。

IMG_2024
岩壁にはクライマー達がロープを張りながら果敢に攻めていた。ここでのクライミングには鷹取山安全登山協議会への登録が必要とのこと。私にはとても無理だが、見てるだけでも楽しめる。

IMG_2027
裏側の階段を登ると岩壁の上にある鷹取山(139m)山頂の展望台まで行けた。上から見ると足がすくむが、クライミングに成功した後にここから見ればきっと最高なのだろう。

IMG_2033
鷹取山には他にも見所がある。ルートから外れたところに無数にある仏像壁画群。古そうに見えるが昭和40年代とわりと最近のものらしい。

IMG_2031
そして山路をしばらく歩くと姿を現したのが磨崖仏。高さ9mもあるこの巨大な弥勒菩薩尊像も昭和35年の制作だという。

もっとも娘は岩壁も仏像も全く興味を示さずずっと早く帰りたがっていたので、全然ゆっくり見ることが出来ず。やっぱり1人で行くべきだったか。。