奥多摩の三頭山に登ってきた。三頭山は大岳山・御前山とともに奥多摩三山とされているが、その中でも最高峰となる。

IMG_1933
三頭山は檜原村の西端に位置し、周辺は都民の森となっている。広い駐車場に車を止めて登山開始。下界は快晴だったのに山界は完全に曇っていた。

IMG_1931
10分ほど登ると森林館がある。三頭山周辺の自然を紹介するビジターセンター的施設であるとともに、様々な木工体験も出来る。

IMG_1898
三頭大滝までの道にはウッドチップが敷き詰められていて非常に歩きやすい。

IMG_1900
道脇にひっそりと紫色のヤマトトリカブトが咲いていた。

IMG_1902
途中の展望台から遠くに先日登った生藤山が見えた。

IMG_1904
三頭大滝は水量が多かった。黄色く染まったイタヤカエデが綺麗だが、紅葉最盛期にはこんなものではないらしい。

IMG_1909
しばらく三頭沢に沿って登る。何度か渡渉したが、水が冷たくて気持ち良かった。

IMG_1915
三頭山はブナの原生林でも有名だ。稜線まで出るとブナが増えてきたが、もう葉はほとんど散っていた。

IMG_1917
山頂付近はこの木で綺麗に黄色く染まっていた。ヒトツバカエデというらしいが、これもカエデなのか。

IMG_1923
ちょうど2時間で三頭山西峰(1524m)に到着。実は三峰のうち一番低いのだが、見晴らしが良いからかここに山頂標識がある。

IMG_1920
ただ残念ながらこの日は雲のため富士山方面は全く眺望はなく、鷹ノ巣山・雲取山も山嶺は隠れていた。

IMG_1924
で、こっちが最高峰の中央峰(1531m)。西峰に比べ狭い山頂に小さなケルンが積まれていた。

まだ初秋だったため紅葉はそれほどでもなかったが、そこ彼処に秋を見つけることが出来た。様々な木の名前を覚えると面白いが、まだ知らない木も多く判別が難しい。次は鷹ノ巣山(1737m)か蛭ヶ岳(1673m)を目指したい。