先週は音楽の今について少し書いたが、今日は美術について書きたい。
当然ながら現在は全国というか全世界のあらゆる美術館が休館されており、開催予定だった全ての美術展が休止・延期もしくは中止されている。ここへ来てゴールデンウィークまでだった緊急事態宣言の延長が決定した。今春は観たかった美術展が非常に多くあったのだが、もはや絶望的な状況である。これもまるでこの世から美術が消えて行くような錯覚すら覚える。

2020london_gallery
「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」
3/3-6/14 @ 国立西洋美術館
今春注目されていた美術展。ゴッホやターナー等のそうそうたる作品が展示される予定だった。このレベルの作品を数多く借りて来るには莫大な費用がかかり、これをペイ出来るだけの来場者数かける会期日数を見込んでいたはずである。仮に6月のみ開幕出来たとしても甚大な赤字が出ることは避けられないだろう。

banksy
「バンクシー展 天才か反逆者か」
3/15-9/27 @ 横浜アソビル
こちらは3月に短期間だけ開幕した後に休止となった。行った方に伺うと、かなり充実した展示内容だったとのこと。期間は9月まであるので、それまでに再開を期待する。

shirakawa2
「白川義員写真展 永遠の日本/天地創造」
3/20-5/17 @ 東京都写真美術館
世界百名山などで著名な山岳写真家の大規模展覧会。予定では5/17までだったが、中止ではなく休止となっているので、果たしてリスケしてくれるのだろうか。

kawase
「川瀬巴水展」
4/18-6/7 @ 平塚市美術館
昭和初期の人気版画家。緊急事態宣言の延長に伴い、こちらは残念ながら中止となった。人気作家だから、またいつかどこかで観る機会もあるかもしれない。

chopin
「ショパン - 200年の肖像」
4/26-6/28 @ 練馬区立美術館
日本ポーランド国交樹立100周年の記念企画。こちらは巡回展なので、もし練馬会場でダメなら次の静岡会場まで行くしかない。

この他にも断念したものや、今後危ぶまれるものも色々ある。毎回同じことを言ってるが早く終息して下さい。