joao

ジョアン・ジルベルト(Joao Gilberto, 1931-2019)、ボサノヴァの創始者。この映画「ジョアン・ジルベルトを探して(Where are you, Joao Gilberto, 2018)」の日本公開が決定したのは6月上旬だったと思う。以来楽しみにしていたのだが、7月7日に流れたニュースに愕然とした。ジョアン・ジルベルト他界。享年88歳だった。

勘違いする人もいるかもしれないが、この映画はよくある偉大な音楽家を讃えるドキュメンタリー映画とは製作意図が全く異なる。元になっているのは、ドイツ人作家マーク・フィッシャー(Mark Fischer)の著書「Ho Ba La La」。これは彼が憧れたジョアンを探してブラジルを訪ね歩いた記録だが、その願いは叶わず本著出版直前に自死を遂げている。この本に共鳴したフランス人監督ジョルジュ・ガショ(Georges Gachot)が彼の意思を引き継いだのがこの映画である。

リオデジャネイロにディアマンティーナ、5年前のマークの足跡を辿る。ミュージシャン仲間、元妻、料理人、理髪師、マークが会ったジョアンを知る関係者を訪ね歩く。10年以上雲隠れしているジョアンを探しながら、同時にマークも探しているかのよう。テレビ、レコードショップ、人々の歌声、リオの街中にジョアンの音楽は流れている。しかしリオにいるはずのジョアンには辿り着けない。

ジョアンに会いたい。ドア越しでもいいから、”Ho Ba La La”を聴かせてほしい。死んだマークのために。そんなジョルジュ監督の想いの詰まった映画だった。