IMG_4148

先日名都美術館に行った折、折角なので近くにあるトヨタ博物館にも寄ってみた。どうやら開館30周年ということで、今年4月にクルマ文化資料室がオープンしたばかりだった。

IMG_4124
まずはクルマ館へ。トヨタの歴代の車を見られるだけかと思っていたがさにあらず。世界初の1886年ベンツに始まり、世界中の自動車史を代表する名車約140台がずらりと並んでいた。

IMG_4131
キャデラックシリーズ60スペシャル (1938)
色々あった中で個人的に最も惹かれた一台。一度で良いから乗ってみたい。

IMG_4113
トヨダ AA型乗用車 (1936)
トヨタ最初の生産型乗用車。豊田喜一郎の情熱の結晶。この頃はまだトヨダだったらしい。

IMG_4135
トヨタ パプリカ UP10型 (1961)
18歳で免許取り立ての頃、レトロ趣向だった私が最初に乗りたいと思っていたのがこの車だった。結局親父のお下がりのカローラになったが。

IMG_4117
外では60年代の軽量スポーツカー、ホンダS800、トヨタスポーツ800、ロータスエリートの走行披露を行っていた。小気味良いエンジン音で軽快に走っていた。

IMG_4140
続いてクルマ文化資料室。約400点のカーバッジから今はなき膨大なメーカーの存在を知ることが出来る。

IMG_4144
カーマスコットも180点ほどあったが、特にルネ・ラリックは美術品と言って良い。

IMG_4146
ライセンスプレートは私もアメリカのものを50枚近くコレクションしていたが、世界各国のものは初めて見た。

結局半日では全く時間が足りなかった。車好きには堪らない場所である。また機会があれば来たいものだ。