IMG_3491

「生誕100年没後20年 相原求一郎の軌跡 -大地への挑戦-」を観に川越市立美術館へ行って来た。川越は初めてだったので、小江戸の街並みを散策しながら行った。

相原求一郎(1918-1999)は川越出身の洋画家である。戦時中は満州に従軍し、戦後は家業を経営しながら画業を続けた。人物はほとんど描かず、ダークな色彩の風景画を得意とし、その画風は正に日本のフリードリヒと言えるだろう。

本展はⅠ期とⅡ期に分かれ、Ⅰ期は初期から中期まで、Ⅱ期は後期から晩年までが展示されていた。

ただ画風は年代によって大きく異なる。最初期は写実的な画風だったが、戦後猪熊弦一郎に師事してからはキュビズムに影響を受けた作品を描いている。しかし当時席巻していた抽象画の風潮に自らの方向性を見失う。そんな折に転機をもたらしたのが、この頃に訪れた北海道の風景だった。果てしなく広がる荒涼とした大地に、かつての満州を重ね合わせ、自身の本当に描きたいものを見い出す。以降北海道は彼のアトリエとなる。

私が好きなのはここから。それまでナイフで厚塗りをしていた抽象表現は薄れ、緻密な写実表現が開花する。しかしここには青い空も輝く太陽もない。灰色の曇天の下に広がる白い雪原や黒い木々だけのモノクロの世界だ。そしてそれがこの上なく美しい。特に「北の十名山」は筆舌に尽くしがたい。

私も若い頃に北海道に住んでいたことがある。札幌の友人に誘われてしばらくベンチャーの真似事をしていたが、仕事は上手く行かなかった。金もなく、知り合いもほとんどいない。そんな私が見た真冬の北海道は、どこまでも厳しく、どこまでも美しかった。

相原求一郎の作品に解説者は温かさや希望を見い出したがるが、私はそんなものは全く感じない。あるのは大自然に対する畏怖と極限の寂寥感である。そこにフリードリヒと共通する共感を感じるのである。