高熱隧道 (新潮文庫)
吉村 昭
新潮社
1975-07-29





勤め先の山仲間の女性2人組は、昨秋に下ノ廊下へ行って来た。下ノ廊下とは、富山は黒部峡谷にある昔の発電所建設時の工事通路である。紅葉期の1ヶ月間のみ通行可となり、絶景を見ることができる反面、延々と続く断崖絶壁は常に死と隣り合わせという場所だ。仕事が終わってからテントを背負って夜行で出発して行ったが、週明けに無事に出勤してきたので安心した。

そんな彼女が今度貸してくれたのがこの本。戦時中に日本電力株式会社が黒部第三発電所を建設するために黒部峡谷で行った隧道(トンネル)工事の記録小説だった。

着工は昭和11年。工事を請け負った佐川組の根津と藤平は工事責任者として、技師や数多の人夫を引き連れてそれまで秘境とされてきた黒部峡谷の奥地に入った。絶壁に僅かに刻まれた歩道を重い資材を担ぎ上げる最初の段階から、既に十数名が滑落死している。

そして実際に掘削工事が始まると、上流域は温泉湧出地帯であることが判明した。掘り進むほどに岩盤の温度は上昇し、最終的には165度にまでなる。坑道内の高温・熱湯、自然発火するダイナマイトなどで連日のように死者が続出する。そんな中で根津や藤平は、飛散した遺体を拾い集めたり、高温や自然発火を防ぐ妙案を実行することによって、人夫達の心を何とか繋ぎ止めていた。

しかし脅威はそれだけではなかった。厳冬期のある晩に轟音が鳴り響き、84名とともに宿舎が忽然と消えた。翌朝から救出活動が始まるが、いくら雪を掻いても何も出てこない。そして2ヶ月後、500m離れた岩壁に叩きつけられていた宿舎が発見される。原因は泡雪崩による大爆発だった。そんな自然現象があることを初めて知った。

結果的に4年間に300人を超える犠牲者を出した末に、昭和15年に工事は終工を迎える。隧道が貫通した瞬間の高揚感もあったが、むしろ全体を通して痛感するのは大自然の恐ろしさと、工事現場における人間関係の異様さであった。私が下ノ廊下を訪れることは恐らくないだろうと思う。