IMG_3225

今年の登り初めに東丹沢の高取山(705m)と仏果山(747m)に登ってきた。宮ヶ瀬湖畔にあり低山ながらも眺望が良いことで人気が高い。この日は快晴で絶好の登山日和だった。
愛川ふれあいの村に車を停め登山開始。まずは高取山を目指す。かなり防寒対策をしていったが、最初の急登で早くも汗ばんだ。

CIMG4160
途中杉林が鬱蒼としていた。間伐しないと下草も生えないが、奥に見える光が幻想的だった。

CIMG4162
霜の花も見つけることが出来た。

CIMG4163
コースタイムより少し早めの1時間15分で高取山に到着。北東側の眺望は開けており、関東平野は一望でき、遠くに筑波山も見えた。

CIMG4167
山頂に設置されている展望台にも登ってみると

CIMG4169
360度見渡す限りの見事な眺望が拡がっていた。眼下には青い宮ヶ瀬湖。

IMG_3237
そして目の前には大山から塔ノ岳、丹沢山に蛭ヶ岳まで丹沢の主役達が連なっていた。ここらの山の人気に納得。

休憩もそこそこに次の仏果山を目指した。宮ヶ瀬越まで一旦降りての登り返しだが、右に丹沢山塊と宮ヶ瀬湖、左に関東平野が望める稜線歩きは楽しい。

CIMG4190
30分強で仏果山に到着。山頂には小さなお地蔵さんが並んでいた。

IMG_3235
こちらも展望台に登って振り返ると高取山の方が少し下に見えたが、眺望は高取山の方が良かった。

IMG_3248
50分ほどで下山。宮ヶ瀬湖畔から改めて高取山・仏果山を仰ぎ見る。この山は春から秋まではかなりヒルが出るので、冬に登るのが一番良さそうだ。予想以上に楽しめたのでまた来よう。