イントロデューシング
ルベーン・ゴンサーレス
ダブリューイーエー・ジャパン
1997-10-15





1. La Enganadora
2. Cumbanchero
3. Tres Lindas Cubanas
4. Melodia Del Rio
5. Mandinga
6. Siboney
7. Almendra
8. Tumbao
9. Como Siento Yo

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブが人気を集めたのは、その素晴らしい音楽もさることながら、老ミュージシャン1人1人の愛すべきキャラクターも大きな要因であった。男気溢れるコンパイ・セグンド、気の良いイブライム・フェレール、姉御肌のオマーラ・ポルテゥオンド、etc。そんな中で私が最も好きなのはピアノのルベーン・ゴンザレスだった。

ルベーン・ゴンザレス(Rubén González)は元々アルセニオ・ロドリゲスやエンリケ・ホリンといったキューバ音楽を代表する人達のバックで長年ピアノを弾いてきており、キューバのトップピアニストとして3本指に入ると言われていた。しかし80年代にホリン他界後バンドリーダーとなったが、性に合っていないと音楽界から引退してしまう。自宅にあったピアノも虫に喰われて捨ててしまい、以降何年もピアノを弾いてすらいなかったという。そんな彼が96年にブエナビスタのレコーディングに招集される。当時彼は齢77歳だった。

実はこの時既に彼はアルツハイマーを抱えていた。日々の生活や過去の記憶もだいぶ忘れがちな状況にあった。しかしピアノだけは覚えていた。エグレム・スタジオで久々にピアノを弾いた彼は正に水を得た魚のようだった。以降彼は毎日誰より早くスタジオに行って待ち、スタジオが開くと同時にピアノに向かって突進したのだという。

そんな彼のピアノを堪能できるのが、このソロアルバムである。多彩なリズムの中で軽快に力強く踊り舞い、そこから紡がれる旋律はどこまでもメロディアスで美しい。言葉で語るよりも遙かに能弁であり、これを聴けばいかに彼が楽しんでレコーディングをしていたかが良く分かるだろう。

歩く時も介添が必要ではあったが、ステージでの彼は鍵盤のないところまで立ち上がって弾き続けるような茶目っ気たっぷりのパフォーマ ンスで観客を沸かせていた。一度生で彼のプレイを観てみたかったが叶わず、2003年に84歳で他界。06年に来日したアディオスツアーでも、他界を痛感させるスクリーンの彼の写真がただ悲しかった。

きっと向こうの世界で虫に喰われることのないピアノをいつまでも嬉々として弾き続けていることだろう。
RIP