アライヴァル+2
アバ
USMジャパン
2012-09-19


1. When I Kissed The Teacher
2. Dancing Queen
3. My Love, My Life
4. Dum Dum Diddle
5. Knowing Me, Knowing You
6. Money, Money, Money
7. That's Me
8. Why Did It Have To be Me
9. Tiger
10. Arrival

ABBAが再結成したらしい。絶対に再結成されることのないグループとして有名だった彼女らが、35年振りに新曲を制作したとのこと。もっとも表に出て来る様子もないので、今後ツアーなどという話にはならなそうだが。

ABBAは1972年にスウェーデンのストックホルムで結成された。2組のカップルのAgnetha、Bjorn、Benny、Anni-Fridの頭文字からグループ名が名付けられている。以降1982年の解散までの間、無数のヒット曲を生み出し、アルバムセールスは全世界で5億枚とも言われている。

そんな彼女らのアルバムを挙げるなら、ベストよりもこの1976年の4作目「Arrival」を取り上げたい。上昇期の勢い溢れる名盤で、ヘリコプターに乗り込むジャケットもそんな上昇気運をよく現していると言える。

まずは言わずと知れたM2。世界中のチャート首位を制覇し、ABBAの名を知らしめた名曲。他にもM5やM6も有名な代表曲。M1も好きな曲だが高校教員時代は公言し辛かったものだ。個人的なハイライトはB面。勢いのあるM7、牧歌的なM8、ハードなM9、そして締めは荘厳なインストM10。男性陣の完成度の高い作曲と、女性陣の美しい歌声が相まり、文句の付けようのないポップアルバムとなっている。

ちなみに9月には「The Show-A Tribute to ABBA」というトリビュート公演の来日も決定している。本家が来ないのであれば、これも観る価値はありそうだな。