江戸百名山図譜
住谷 雄幸
小学館
1995-10


日本の山岳画を遡る過程で見つけたのが、谷文晁の「日本名山図絵」でした。谷文晁(1763-1840)は江戸時代後期の文人画家で、当時の老中松平定信に随行し全国の山水画を残しています。「日本名山図絵」はそうした文晁が全国の名山88座を描いたものでした。

なかなかお目にかかる機会がなかったのですが、本著でその全作品を拝むことが出来ました。彩色のないシンプルな木版画なのですが、どの山もどっしりと構えた迫力のある作品となっています。

本著ではさらに12座を加えて、江戸百名山として紹介しています。まず気付くのは、深田久弥の「日本百名山」とはだいぶ異なり、箱根峠や鋸山など低山も多く選定されていること。その理由は修験道など信仰の対象であったり、人里に近かったりと、当時の人々の生活に密着した山である点です。

ここでは文晁の絵とともに、それぞれの山の江戸期以前の登山記録も収録されています。上人の開山に始まり、学者や儒者の登山の様子が原文で記載され、若干読み辛さはありますが、今とは異なる当時の山の様子をタイムスリップした気分で味わうことが出来ます。

文晁の絵を愉しむだけでなく、日本の山々の登山史を知るにも興味深い一冊です。

myogi