IMG_2611a

せっかく栃木北部に行ったなら、せめて那須岳には登りたいと単独行で行って来ました。

那須岳とは茶臼岳(1915m)、朝日岳(1896m)、三本槍岳(1917m)といった連山の総称で、日本百名山にもなっています。しかし登りは那須ロープウェイで茶臼岳の山頂直下まで上がることが可能なので、軽く茶臼を登った後で、できれば朝日岳まで行こうかと考えていました。

IMG_2563
しかし当日ロープウェイ山麓駅に着くと、強風のためロープウェイは運行休止。仕方なく県営駐車場の登山口から登り始めました。

IMG_2623a
森林帯を抜けると展望が広がりますが、ここから一気に冷たい強風にさらされました。あまりの強さに立って歩くのもやっとです。(画像では分かりませんが)

IMG_2577
やっとの思いで峰の茶屋跡避難小屋(1720m)に辿り着きました。尾根上を雲が凄い勢いで乗り越えていきます。小屋内には多くの人が避難していました。

IMG_2581
迷いましたが、せっかくなので茶臼岳を目指しました。突風が来る度に何度もしゃがみ込みながら少しずつ登ります。向かい風に対しては前傾姿勢である程度踏ん張れますが、追い風には踏ん張れません。一度吹き飛ばされて、少し斜面を転がりました。過去にこれで何人も死者が出たというのも納得。

IMG_2592a
どうにかお釜口に到着。ゴーという風の轟音以外何も聞こえません。岩にしがみつきながら這うようにして山頂を目指します。

IMG_2591a
ようやく釜の向こうに山頂が見えましたが、写真を撮るのもやっとです。そしてこの後何故か充分にあったはずのスマホの電池も急に消えました。もし自分に何かあっても周りには誰もいません。諦めるのも勇気かと無事に帰ることを優先し、ここで断念し下山しました。スマホは何故か下山後に復活したので、きっと何かが帰れと促したのでしょう。

普段は雄大な景観が望める那須岳ですが、尾根は風の通り道になっており、一度荒れると人を阻む神の領域となります。下界は晴れ渡っていただけに、それは全くの別世界で、今回山の怖さが身に染みて良く分かりました。また来年天候の良い日に再挑戦しようと思います。

IMG_2590