先日The Beatlesのトリビュートイベント「Fool On The Holiday」に行って来ました。品川プリンスホテルのクラブExは450席という小さい会場でしたが、丸一日かけて数々のトリビュートバンドがThe Beatlesの各時代を本気で再現していて心ゆくまで楽しめました。

<1st Stage>
① Fool On歌劇団 「ジョンとポールが出逢った日」
IMG_2410
まず最初にゴスペル隊が登場。見事なコーラスで”Amazing Grace”と、ストリングス隊も加わっての”Eleanor Rigby”を披露。その後マッケンジー牧師が登場し前説。教会でのジョン率いるクオリーメンのバンド演奏や、その後出会ったポールの弾き語りも交えながら、2人の出会いが寸劇とともに再現されました。

② The Beat Rush
IMG_2424
続いてはアメリカのワシントンコロシアムの再現。スマートなグレースーツで勢いのある演奏に、当時の黄色い歓声を上げる女子達の気持ちが分かりました。円形ステージ上で、いちいちドラムセットを回さなければいけなかったところまで完璧に再現(笑)。リンゴの椅子はあんなに高いのかとか、マイクが2本しかないからポールがマイクを分ける時はいちいちネックが当たらないように気を付けていたんだなということも実感出来ました。

1. Roll Over Beethoven
2. From Me To You
3. I Saw Her Standing There
4. This Boy
5. All My Loving
6. I Wanna Be Your Man
7. Please Please Me
8. Till There Was You
9. She Loves You
10. I Want To Hold Your Hand
11. Twist And Shout
12. Long Tall Sally


③ Jacaranda
IMG_2427
2番手はデビュー前の革ジャンに身を包んでいた頃の硬派なR&R。大勢の若い女性スタッフの人達がステージ前で踊り、なんとなく当時の雰囲気が味わえました。


<2nd Stage>
昼休憩を挟んでからは2nd Stage。開演前にThe Beat Rushのポールが弦楽四重奏をバックに”Yesterday”の披露あり。

④ The Liverpool Guys
IMG_2432
Let It Be時代の格好で登場。後期の数曲を披露した後、ルーフトップライブを再現。マネージャーやOno Yokoまでいて、途中警察がやって来るところまで忠実に再現しており笑わせてくれました。

4. Get Back
5. Don't Let Me Down
6. I've Got a Feeling
7. One After 909
8. Dig a Pony
9. Revolution
10.Why Don't We 
11.Monkey


⑤ The Tributes
IMG_2435
はるばる福岡から登場。ストライプスーツで主に中期のナンバーをやってくれました。やっぱり楽曲的にはこの頃が一番好き。簡単そうに聴こえてかなり難しいはず。
 
1. Day Tripper
2. You Won't See Me
3. In My Life
4. What Goes On
5. Savoy
6. Doctor Robert
7. She Said
8. And Your Bird
9. Got To Get You Into My Life

⑤ The Blue
「ビートルズのチカラ」という復興支援の枠で東北から登場。初期から中期ですが、他のバンドと被らないよう選曲した結果、かなり渋いナンバーを演奏してくれました。
1. Ticket To Ride
2. Can't Do That
3. If I Needed Someone
4. She's A Woman
5. Honey Don't
6. Don't Bother Me
7. Act Naturally
8. I Wanna Hold Your Hand
9. Money
10.Kansas City


<3rd Stage>
⑥ Fool On 歌劇団 「サージェントペパーズ物語」
IMG_2443
30分の休憩を挟んでのトリは「Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band」の完全再現。宝物を探すために楽団に同行するカイト少年の寸劇を交えながら、アルバム曲が演奏されていきました。ステージには例のカラフルな軍服を来たメンバー、その周囲には大勢の楽器隊がずらり。”She's Leaving Home”では弦楽器隊、”Within You Without You”ではインド楽器隊、”Good Morning Good Morning”では管楽器隊がそれぞれ華を添えていました。逆を言えばこのアルバムを再現するにはこれだけの編成が必要なわけで、なんと豪華なステージ、なんと壮大な音楽。極めつけはラストの”A Day In The Life”。クライマックスに沢山の人達がステージ前に並びだし、最後の音が鳴らされた時には目の前にアルバムジャケットが再現されていました。これには場内「ブラボー!」と大歓声。

最後はこの日の演奏者が全員ステージに上がり”Fool On The Hill”で大団円。鳴り止まない拍手の中どこからともなく”Love, love, love~♪”のコーラスが聴こえ、そのままアンコールで”All You Need Is Love”が。感動的なフィナーレとなりました。

この日のThe Beatles愛に溢れるステージの数々は期待を遥かに超える完成度で、本当に丸一日堪能させてもらいました。準備頂いた演者・関係者の皆様ありがとうございました。

1. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 
2. With a Little Help from My Friends
3. Lucy in the Sky with Diamonds
4. Getting Better
5. Fixing a Hole
6. She's Leaving Home
7. Being for the Benefit of Mr. Kite!
8. Within You Without You
9. When I'm Sixty-Four
10.Lovely Rita
11.Good Morning Good Morning
12.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
13.A Day in the Life
14.Fool On The Hill
encore
15.All You Need Is Love

IMG_2463