Riotの来日を記念して、今日は正統派ヘヴィメタルの名盤を選んでみました。
正統派HMとは、言ってしまえば最もオーソドックスなへヴィメタルのこと。適度なヘヴィさとメロディを兼ね揃えながら、英国的(欧州的)な哀愁を漂わせているというのが一般的な定義です。80年代のアメリカでHR/HMが市民権を得る中、LAメタルやらスラッシュやらへヴィメタルが多様化していく一方で、本来のオーソドックスなスタイルが衰退し、それを憂う向きが懐古的に名付けたものと思われます。
90年代以降は欧米にならいパワーメタルと呼ばれるようになりましたが、それによって定義の枠が広くなったような気がします。なのでここではあくまでも懐古的にかつて正統派と呼ばれた名盤を選出してみました。
 
Judas Priest「Defenders of the Faith」 '84
defenders
鋼鉄神の黄金時代の名盤。ヘヴィでアグレッシブな中でもKKとGlenのツインリードが美しい。

Iron Maiden 「Number of the Beast」 '82
beast
初期も好きなのだが、正統派ならこっち。新ボーカルBruceの表現力が楽曲の幅を広げました。

Accept 「Metal Heart」 '84
heart
ジャーマンメタルのパイオニア。Udoの金切り声、重金属リフ、野太いコーラス、これぞヘヴィメタル。

Manowar 「Sign of the Hummer」 '85
mano
失笑もねじ伏せるほどの説得力のあるテクニックと名曲と本気度で魅せる漢のマッチョメタル。

Riot 「Thundersteel」 '88
riot
劇的にパワーアップした復活作。Tony MooreのハイトーンボーカルとMark Realeのギターが圧巻。

Pretty Maids 「Red, Hot and Heavy」 '84
maids
北欧勢の中でも珍しく正統派。骨太なRonnie AtkinsのハスキーボーカルとKen Hammerのギターが○。

Dio 「Holy Driver」 '83
dio
故Ronnie James Dioの名唱が光るデビュー作。オーソドックスなHMだがそこが良かった。

Vicious Rumors 「Degital Dictator」 '88
vicious
故Carl Albertの歌唱が光る初期の傑作。当て馬など不要だとのGeoffの意地が感じられます。

Crimson Glory 「Transcendence」 '88
crimson
マスクが少し色もの的だったが、Midnightの金属ハイトーンボーカル含め高い音楽性を誇っていました。

Leatherwolf 「Leatherwolf」 '87
leatherwolf 
トリプルリードギターと分厚いコーラスがなかなかゴージャス。LAのバンドらしからぬ正統派。


結果的にやっぱり80年代の作品ばかりになってしまいました。上記以外で好きだったのは、TankとかArmored Saintとか、Metal Church、Savatage、Heathen、Powermad、Artch、などなど。意外とアメリカのバンドが多かった。良い時代でしたね。