shiro

六本木のフジフィルムスクエア開館十周年記念企画の第3弾として、今度は「日本山岳写真界の至宝・白旗史朗  フジクロームで描く美しき日本の屋根」が開催されていました。

タイトルの通り白旗氏は日本を代表する山岳写真家です。私の中でも、昔実家で氏の直筆サイン入り写真集を見て以来、山岳写真家=白旗史朗という強いイメージがあります。

国内外の多くの山の作品がある中で、今回は南・中央・北アルプスの作品約40点が展示されていました。残雪の春山、野花の夏山、紅葉の秋山、吹雪の冬山、四季折々の様々な色に彩られた美しい日本アルプスの山々の一枚一枚に、思わず感嘆の声を上げながら観入ってしまいました。場内には愛用されていたかなり旧式のカメラも展示されていましたが、この重いカメラや機材を持って厳冬の雪山を登り、シャッタータイミングを待ち続けるのを想像すると頭が下がります。

中でも氏の真骨頂は、南アルプスから捉えた霊峰富士。このテーマでは数多くの作品が発表されていますが、本展でもいくつか展示されていました。中でも千枚岳からオレンジ色の朝焼けを撮った「明け初めし中に」と、ピンクの夕暮れと満月を捉えた「富士に満月登る」は絶品でした。

そもそも富士山は撮る場所によって山様が全く変わります。私も毎朝最寄駅までの道中に拝んでいますが、神奈川から観る富士は朝焼けに白い山頂が映える一方、夕焼けは逆光になります。しかし南アルプスからは夕暮れでも山肌が見える一方で、朝焼けが逆光。しかも神奈川からは見えない山頂に2本の角が生えたような山様が拝めます。

いずれ南アルプスにも登らなければいけないなぁと思いました。

IMG_2182