謹賀新年。年末年始は除夜の鐘突きや初詣など行列に並んでばかりでした。

さて今年は戌年とのこと。犬ジャケは色々あるけれど、コミカルやアットホームなものばかりでどうも惹かれない。そこで今回は昨年上野の森美術館で話題になっていた「怖い絵展」にあやかり「怖い犬ジャケ」を並べてみました。

FNM
Faith No More 「King For A Day, Fool For A Lifetime」1995
警察犬は犯罪者じゃなくても怖いですね。この絵は好きで昔年賀状にも使いました。ちなみに昨年は初代ボーカルのChuck Mosleyが他界してしまいました。

pavlov
Pavlov's Dog 「Pampered Menial」1975
バンド名の通りパブロフの犬の絵なんだと思いますが、この犬が実験に使われたと思うと少し怖いし可哀想。ちなみにこの甲高いボーカルは好き嫌いが分かれます。

alice
Alice In Chains 「Alice In Chains」1995
日本では発禁差し替えとなった3本足の犬ジャケ。このアルバムを最後にバンドは活動を停止し、ボーカルLayne Staleyは2002年に自殺をしてしまいました。

neurosis
Neurosis 「Times Of Grace」1999
明らかに尋常じゃないこのジャケットがまず怖い。そしてそれ以上に強烈なのが中身。嫁子供がいる時は怖がるので聴けません。


というわけで今年もマイペースでやっていきます。