IMG_2086

丹沢山系の手始めに鍋割山に登ってみた。娘を連れて行けるかどうか下見のために今回は単独行。

まずは車で表丹沢県民の森駐車場まで。最後まで舗装されているのが良いが、その分混んでいる。

そこから二俣まで行くつもりだったのだが、誤って栗ノ木洞に登る山道を選択してしまった。急斜面の中の山道が分かり辛く途中で道を見失う。仕方ないので道なき岩場の斜面を三点確保しながら直登する。子連れじゃなくて良かった。

IMG_2095

栗ノ木洞(908m)に着いたらそこから鍋割山までは尾根道だが、まずは下りから。二俣からの合流になっている後沢乗越はミニキレットのようになっていて注意が必要だ。そしてそこからはひたすら登り。

IMG_2111

登っていくにつれ気温は下がり、周囲に雪が現れてきた。前夜の平野部での雨が、山間部では初雪になっていたようだ。

IMG_2115

麓からは計3時間かかり、ようやく鍋割山(1272m)頂上に到着。前半は休みなく登っていたが、後半は景色を楽しみながらのんびり登ったため、随分時間がかかってしまった。この日のお目当ての1つは鍋割山荘の名物鍋焼うどん。到着時間も午後1時頃と遅めだったため空いていた。冷えた身体が温まる。

IMG_2117

鍋割山は西側の眺望が良く、もう1つのお目当ては富士山。最初は雲がかかっていたが、やがてその雄大な姿を現した。しかしここでスマホの充電が切れて撮影できず。そういえばGPSを入れっぱなしだった。残念。

帰りは後沢乗越から無事二俣ルートへ。こちらは道も歩きやすく、沢や滝もあり楽しめる。下見もできたので、来年は娘を連れてこよう。