gogh

映画「ゴッホ~最期の手紙~」を観てきました。TOHOシネマ上野広小路はオープン初日だったため激混みでした。

この映画、ゴッホの動く油絵を体験できるという少し変わった趣向。実際には俳優達の演技を撮影したものを元に、ゴッホの画風を習得した125人の画家達による62,450枚の絵を繋いでアニメーション化しています。

舞台は「夜のカフェテラス」「オーヴェルの教会」「カラスのいる麦畑」「星月夜」etc、登場人物は「郵便配達夫ジョセフルーラン」「タンギー爺さん」「医師ガシェ」etc。彼の有名な風景画がそのまま舞台となり、有名な肖像画がそのまま登場人物となっています。またその中で雲や表情などの動きを表すために少しずつ塗り重ねられている様子が、ゴッホの厚塗りの一筆一筆をより魅力的に魅せています。

こうした構成だけでなく、ストーリーも秀逸。ゴッホの生前最期の手紙を郵便配達夫ジョセフから託された息子のアルマンが、それを手渡すべき人物を探し奔走するというもの。ゴッホの弟テオの死を知った後、最期の地であるオーヴェールに辿り着き、そこでゴッホの死は自殺ではなかったのではという疑問を抱きます。どこまで真実なのか分かりませんが、意外な結末には感動させられました。

波乱に満ちた生涯と鮮烈な作品の数々で、ゴッホは日本でも非常に人気の高い画家ですが、これはファンならずとも観るべき映画だと思います。