image3

9月から「ロックの殿堂ジャパンミュージアム (Rock & Roll Hall Of Fame Japan)」が有楽町にオープンしたということでちょっと覗いてきた。入場料は2,200円と少し高め。だが殿堂入りしたアーティスト達の衣装や楽器が、Rock・Folk・Soul・Punkなどジャンル毎に新旧色々展示されていてなかなか楽しめた。私が特に見入ったのは以下。

① Jackson 5の5人全員のステージ衣装。中央がMichaelのもの
image1

② 故Greg Lakeが”Lucky Man”を作曲した子供の頃から使用していたギターとステージ衣装
image2

③ StingがSynchronicityのツアーで使っていた衣装とSpectorベース
image4

④ Metallicaの故Clif Burtonが使っていた79年のAria Pro Ⅱベース
image5

⑤ BanglesのSuzanna Hoffsが”Eternal Flame”のPVで来ていた衣装
image7

また式典でのライブ映像も大画面で流されていて、この時はCCRとBruce Springsteen、The DoorsとEddie Vedderが熱く共演していた。

しかし気になったのは場内の閑散さ。私の滞在中に他にいたのは1人だけ。これでは多額の展示品レンタル費と場所代が賄えないのではと心配になってしまった。もっと行ってあげて。