yoshida

先日、損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている「吉田博展 山と水の風景」に行って来ました。生誕140年を記念した巡回展の最終展です。

吉田博は明治から昭和初期に活躍した風景画家で、先日取り上げた丸山晩霞らと共に太平洋画会を立ち上げ、白馬会の黒田清輝と敵対したことでも知られています。

場内には少年期のスケッチから晩年の作品まで181点が展示されており、しかも前後期で66点が入れ替えと、非常に見応えがあるものでした。

年代によって、水彩画・油彩画・木版画と様々な表現をしており、そのどれもが素晴らしい。また題材も、日本アルプス・瀬戸内海など日本国内だけでなく、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど旅をし続けた世界中の絶景が見事に描かれていました。

やっぱり個人的に最も好きなのは、毎年夏に山籠りして描いたという山岳画。中でも油彩画「穂高岳」の迫力のある筆使いと、木版画「劔山の朝」の絶妙な色合いには圧倒されました。さすが「絵の鬼」です。時間があればもっとゆっくり見たいところでしたが。後期も行こうかな。

ちなみにこの美術館、実はゴッホの「ひまわり」なども飾られていてビックリしました。