IMG_1674

最近妙に美術館巡りにハマっていて、先日は横浜美術館で「自然を映す」というコレクション展を開催していたので覗いてきました。洋画に日本画、古美術から現代アートまで、様々な手法による花木や自然風景の絵画が並んでいて楽しめました。

中でも特に気に入ったのが、扉絵にもなった上の作品。丸山晩霞画伯の「夏の山岳風景」。非常にきめ細かく色鮮やかな水彩画で、これが100年以上も昔の作品であるということに驚かされました。

もう1つ印象に残ったのが下の作品。こちらは同じ明治時代の画家である大下藤次郎画伯の「春の山」。2人は他の何人かと共に、初めて海外の水彩画技術を取り入れて、北アルプスの山岳画を描いていた一派だったようです。

私も学生の時に松本に住んでいた頃は、あの美しい山々に魅了され、北アルプスを縦走したりしていました。この画家達は特に穂高がお気に入りだったようですが、私が一番好きだったのは槍ヶ岳でした。こうした山岳画はまたあの山々へと登りたくさせてくれます。

IMG_1677