IMG_1619

先日、成田山新勝寺で開催された成田太鼓祭を観てきました。

今回のこの太鼓祭には、関東地区を中心に全国から56の和太鼓団体が参加。年齢も子供から大人まで幅広く、高校の太鼓部や地域団体などのアマチュアから、メディアにも出演しているプロ集団まで様々です。

まず祭冒頭の千願華太鼓では、新勝寺大本堂の前に全団体が集結。各団体が挨拶代わりに順番に短い演奏を披露しますが、プロアマ問わずどのチームも非常に上手く、叩き方やスタイルも多様です。中には沖縄のエイサー太鼓やサンバ、スチールドラムやトーキングドラムまで参加していて国際色も豊か。最後には総勢800人以上の打ち手が全員一緒になって同じリズムを打つのですが、凄まじい迫力でした。

続いて情緒ある表参道沿いに設置された計8ヶ所のステージで、各団体が演奏を披露。屋台や出店の地元名産物を頬張りながら、色んな熱演を堪能します。校名は伏せますが、実は私の出身高校の太鼓部も参加しており、若い後輩達の演奏も本当に立派でした。

祭のクライマックスは太鼓パレード。次々と演者達が踊り演奏しながら参道を練り歩き、楽しませてくれました。

この日は暑い位に天気も良く、会場は大勢の人だかり。成田という土地柄もあり、訪日外国人客も多く来ていました。伝統的な日本文化の素晴らしさを堪能できるイベントとしては国内最高峰の1つだと思います。