01shikine

昨年の夏から風景印を集め始めました。夏休みに家族で式根島に行った際に、何か旅の記録として残せるものはないかと考えた時に、子供の頃に集めていたのを思い出しました。それ以来、休みの日にちょこちょこと集めるようになり、先日ようやく100ヶ所目となりました。

風景印とは、全国の郵便局がそれぞれの土地の風景や名物などをデザインした消印のこと。基本的に全てデザインが異なり、それぞれの局でしか手に入らないので、収集癖を煽られます。ただし集配局以外の局は平日しか営業していないので、なかなか集め辛い。たまに出張や旅行で地方に行くこともあるのだが、いかんせんこのために廻るような時間もあるわけない。昔学生の頃などに松本や札幌に住んでいた時にはいくらでも時間があったのに、興味のなかった当時の自分が恨めしい。

この風景印、現行のものだけでも約12,000種あるのですが、時代を遡るとさらに奥が深い。例えば上の式根島局の風景印、これは1959年から使われていましたが、行った翌月にデザイン変更されたため、既に過去のものとなっています。風景印はこのように時代とともにデザインは変更されており、戦前のものも含めるとその数はさらに数千種追加されます。

知っている土地、知らない土地での新しい発見や優しい局員さんの気遣いなどが、次のさすらいへと誘います。この終わりのないスタンプラリー、一体どこまで続くのか自分でもよく分かりません。

02hakone 03yokohama 04asakusa