先日の来日公演から興奮さめやらぬRolling Stones。先週も余韻に浸りながら、彼らの曲を聴いていた。なので今回は私が個人的に最も好きな彼らの曲トップ10を並べてみた。とにかく曲が多いので絞るのが大変。まだ聴いていない曲も多いので、今後も変わり得ると思うが、あくまでも今の気分として。

① Paint It Black
② Sweet Virginia
③ Street Fighting Man
④ Honky Tonk Woman
⑤ Satisfaction
⑥ Before They Make Me Run
⑦ Dead Flowers
⑧ I'd Much Rather Be With The Boys
⑨ Mixed Emotions
⑩ Don't Stop

この中で今回のライブで演奏されていたのは①④⑤⑥の4曲。①と⑤は60年代の彼らの代表曲で、あの時代にこれだけ反体制な反骨精神を表現した楽曲が与えた影響の大きさは計り知れない。Keithの曲で最も好きな⑥もライブでは私の中でハイライトの1つだった。③も代表曲なのだが、今回のライブで聴けなかったのが悔やまれる。

で、彼らの曲で個人的に好きなのが②や⑦のようなカントリーソング。④のカントリーバージョンの“Country Honk”なんかもいい。⑧は初期の曲でコーラスワークが効いたあまり彼ららしくない曲だが印象深い。⑨や⑩は比較的最近の曲だが、歳を重ねてもこういうRock & Rollがポンと出てくるところがスゴいところだと思う。