Belinda Carlisle @ Billboard Live Tokyo, 30 Nov 2013

Belinda Carlisleの来日公演がBillboard Liveで開催された。彼女が3年半前にアコースティックセットで来日した時は見逃したのだが、今回はエレクトリックバンドで再来日ということで期待していた。私がBillboardに来るのは2010年のSusanna Hoffs以来2度目。食事込みのチケットだと高いので、食事なしのチケットにしたら、一番上の方の席になってしまった。1夜で2公演あるうちの1stステージ。

19:00に暗転しバンドが先に登場。左手からキーボード、エレアコ、ドラム、ベース、パーカッションの5人。演奏が始まってから、最後にBelindaが登場。勢いよく"Runaway Horses"でスタート。やっぱりエレクトリックバンドは盛り上がる。2曲目は"Get Weak"。ここで"The Same Thing"が聴けなかったのは少し残念。

私のかつてのアイドルももう50過ぎ。流石に顔にはシワもあるし、黒の上下を着た体型も少しふくよかになった。しかしそれも遠目で見ればそれほど分からず、昔の美人オーラはそのままだった。何よりも張りのある歌声は全く衰えていなかった。またリズムに乗って踊るのも昔のまま。

"Too Much Water"の前に彼女が譜面台を動かした際にカンニングペーパーが落ちた。「この曲をここで歌うのは初めてね。歌詞は覚えてるけど念のためよ。でもそっちからは見えないでしょ」とのMCに場内笑いが起きていた。

"Circle In The Sand"と"Vision Of You"でしっとり聴かせた後に"La Luna"と"Summer Rain"で盛り上がる。やっぱり名曲だと実感する。

「77年当時、私達5人は座って話していて、バンドをやろうという話になったの。それぞれ何の楽器をやるって話していたら、残ったのはドラムとボーカルで、私はドラムをやるにはtoo lazyだから、ボーカルにしたの。そうしてGo-Go'sができたのよ」と昔話をしてくれた後に、Go-Go'sの"Vacation"と"Our Lips Are Sealed"を歌った。やっぱりGo-Go'sの楽曲はノリがいい。そしてその勢いのまま"Leave A Light On"へ。

「次の曲はみんなも一緒に歌ってね。歌詞も知っているでしょ。私は知ってるわ」とのMCにまた笑ってしまった。そして最大のヒット曲"Heaven Is A Place On Earth"。最初アコースティックバージョンでしっとり始まったと思ったら、ドラムから勢いよく本来のイントロにつながり場内大盛り上がりとなった。

本編終了し一度退場した後すぐに再登場。Belindaはいつの間にか裸足になっていた。踊るのが好きな彼女のお約束だ。アンコール1曲目"Emotional Highway"は意外だった。2曲目の"Live Your Life Be Free"ではまた盛り上がる。「次の曲は85年、もう大昔ね。これも初めての曲よ」とデビューアルバムの"Since You've Gone"。ピアノとアコギのみをバックにしっとりと歌う彼女の歌声に聞き惚れていると、途中いきなり、「間違えちゃった。ヴァースから演り直す?生だからこそこういうことがあるのよ」 といって演奏を中断した後に歌い直していた。そして悔しそうな様子でそのままステージを降りて行ってしまい20:30にセットが終了。

正直最後はどこか尻切れトンボになってしまった感が否めなかった。この日の2ndステージ以降はラス曲が"We Got The Beat"に変更になったようだが、そっちの方がきっと良い締めになったことだろう。しかしそこだけ抜かせば非常に良いライブだった。

1.Runaway Horses
2.I Get Weak
3.In Too Deep
4.California
5.Too Much Water
6.Circle In The Sand
7.Vision Of You
8.La Luna
9.Summer Rain
10.Vacation
11.Our Lips Are Sealed
12.Leave A Light On
13.Heaven Is A Place On Earth
encore
14.Emotional Highway
15.Live Your Life Be Free
16.Since You've Gone