BEST OF(2CD)BEST OF(2CD)
Cardigans

STOCKHOLM RECORDS 2008-01-28
売り上げランキング : 23751

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Disc: 1
1. Rise and Shine
2. Sick and Tired
3. After All...
4. Carnival
5. Daddy's Car
6. Love Fool
7. Been It
8. Losers
9. War
10. My Favourite Game
11. Erase-Rewind
12. Hanging Around
13. Higher
14. For What It's Worth
15. You're the Storm
16. Live and Learn
17. Communication
18. I Need Some Fine Wine and You, You Need to Be Nicer
19. Don't Blame Your Daughter
20. Godspell
21. Burning Down the House (ft.Tom Jones)

Disc: 2
1. Pooh Song
2. After All... [Demo '93]
3. I Figured Out [Demo '93]
4. Laika
5. Plain Parade
6. Emmerdale
7. Carnival [Puck Version]
8. Happy Meal 1
9. Nasty Sunny Beam
10. Blah Blah Blah
11. Losers [First Try]
12. Country Hell
13. Love Fool [Puck Version]
14. War [First Try]
15. Deuce
16. The Road
17. Hold Me [Mini Version]
18. Hold Me
19. If There Is a Chance
20. For the Boys
21. (If You Were) Less Like Me
22. Slow Down Town
23. Give Me Your Eyes
24. Slow

The Cardigansの単独来日が決定した。昨年Summer Sonicに出演していたが、単独としては14年ぶりになる。

The Cardigansというと、日本では90年代半ばネオアコ時代の"Carnival"や、映画「ロミオとジュリエット」の主題歌としてヒットした"Lovefool"のイメージが強いだろう。しかしそれは彼女らの初期の一面に過ぎず、実際ボーカルのNinaが加入する以前は、Black Sabbathなどを標榜したハードロックバンドだった。以降音楽性は全く変わっていくのだが、その変遷はこのベストを聴けばよく分かる。

特に大きな変化だったのが98年の「Gran Tourismo」。当時初めて試聴機で聴いた時、ディストーションとノイズで歪みまくったギターサウンドに耳を疑ったものだった。ただ実際この作品はダークな中に耽美的な側面も強く、非常に聴き応えのある傑作だった。日本人には受けなかったが、海外では250万枚のヒットとなっている。

この後5年間ほど活動を休止するのだが、2003年に「Long Gone Before Daylight」という非常に穏やかな作品で復帰。さらに2005年の「Super Extra Gravity」ではまた小気味良いロックを聴かせていた。特に上記ベスト2枚目に収録されていた後期の未発表曲は名曲揃いだった。というように近年変化・成長を遂げながら良質の作品を発表し続けているのを知っていると、日本では初期の成功が一過性のブームだけで終わってしまっているのがやるせない。ぜひこの機会に彼女らの魅力が再認識されてほしい。