AmoricaAmorica
Black Crowes

Warner Bros / Wea 1994-11-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Gone
2. A Conspiracy
3. High Head Blues
4. Cursed Diamond
5. Nonfiction
6. She Gave Good Sunflower
7. P.25 London
8. Ballad In Urgency
9. Wiser Time
10. Downtown Money Waster
11. Descending

1990年にデビューしたRock & Rollバンドと言えば、忘れてはいけないのが我が愛するThe Black Crowesである。当時こうしたルーツ回帰を目指すRock & Rollバンドがこぞって同時期に現れているが、これは決して偶然ではなく、恐らく当時の飽和したハードロックに対するカウンターパーツとしてある種必然だったのだろうと思われる。

The Black CrowesはChrisとRichのRobinson兄弟によって、アメリカ南部の本場ジョージア州アトランタにて結成されている。Chrisは何千枚というレコードコレクターだったらしいが、その中でも70年代Rock & Rollのさらに先にある、Robert JohnsonやMuddy Waters、Otis Reddingなどのクラシックブルースやソウルに強い影響を受けたという。客演したAllman Brothers BandのChuckに「こういうRock & Rollを演るのに君たちは恐ろしく若いな」と感嘆させたそうだが、彼らにしてみれば当然の結果だったのだろう。

彼らのアルバムは傑作揃いなのだが、1枚選ぶなら3rd「Amorica」だろう。まずはこのジャケットのインパクトがスゴい。このせいでこのアルバムが買い辛かったという人も多くいた。このタイトルに星条旗、そして恐らく肌の色からこの少女は黒人だろうと思われるが、アメリカ南部の土着性を担うという彼らの並々ならぬ自信が表れている。

実際中身の方もかなり濃い内容になっている。デビュー当時は比較的ストレートなRock & Rollだったが、ここでの彼らは南部の泥沼にどっぷりと浸かっている。冒頭ゲストEric Boboのパーカッションを交えた太いグルーヴが渾然一体となってうねる。アルバム前半部はそのまま貫禄のあるR&Rが展開し、Chrisのソウルフルなボーカルや、前作から加入したギタリストMark Fordのソロが冴え渡る。また後半はそれまでの動に対して静のサイドで、スライドやマンドリン、ペダルスティールなどの味わい深い調べが響く。とにかく1曲1曲が素晴らしい。

しかし400万枚売れた1stやNo.1を獲った2ndに比べると、このアルバムは100万枚のみとあまり売れなかった。ストレートなRock & Rollに比べると、より泥臭いものは大衆的ではなかったのかもしれない。また最初にあまりにも売れ過ぎてしまった感もある。しかし彼らはこの作品をもって、現代に継承する南部の王者に君臨したと私は思っている。

★★★★★