サムデイサムデイ
スザンナ・ホフス

EMIミュージックジャパン 2013-01-23
売り上げランキング : 3726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. November Sun
2. Always Enough
3. Picture Me
4. One Day
5. Holding My Breath
6. All I Need
7. Raining
8. Regret
9. This is the Place
10. True

Susanna Hoffsの新作の国内盤が1月末にようやくリリースされた。本国での発表が昨年7月だから、半年も遅れていたわけだ。最近の国内レコード会社は洋楽に対してあまりやる気が見られないのだが、これについて書き出すと長くなるのでまたの機会に。

さて、彼女のソロが出るのは16年ぶりということだが、別にその間何もしていなかったわけではない。Banglesの最新作が出たのが2011年末だったので、そこからのインターバルは短かった。またその以前にもMatthew Sweetとのコラボも色々あったので、最近実際はかなり積極的に活動をしていたと言える。

今回のパートナーはAndrew BrassellというNashvilleの若いミュージシャンで、ほぼ全曲が彼との共作となっている。Matthew SweetやBanglesといい、彼女は誰かパートナーがいることによって真価を発揮するタイプのようだ。またプロデューサーはMitchell Froom。彼は「Manic Monday」で共演していたことがあったようだが、後年Los Lobosなどのプロデュースによって前衛的な奇才というイメージがあった。なのであまりSusannaの作風とは合わないのではという懸念をしていたが、実際聴いてみると各曲オーケストレーションやホーンなどの非常に効果的なサウンドアレンジがなされていることが分かる 。

で、彼女について書く時はいつも同じになってしまうのだが、本当に彼女は歳を感じさせない。私のかつてのアイドルが、50を過ぎても尚当時と同じ美貌で、同じ甘い歌声を聴かせてくれることは驚きである。しかも今作の楽曲は粒揃いで、全編的に瑞々しくフックのあるメロディに溢れている。アルバムのテーマは雨のようだが、陰鬱さはなく、むしろ新緑に降り注ぐ五月雨のようである。こう言ってはなんだがBanglesの新作を遥かに凌いでおり、いかに彼女が優れたシンガーソングライターかということが証明されている。

だからこそレコード会社さんには、適切なタイミングでふさわしいプロモーションをしてほしいのだ。

★★★★