1 Dec 2012 @ オリンパスホール八王子

The Chieftainsの来日公演に行ってきた。今年ライブはこれが6本目。私にしては例年にないくらいライブに行ったが、これが今年の最後になる。

The Chieftainsは今年50周年を迎えるアイルランドの大御所である。半世紀もの間とどまることなく伝統音楽を現代に継承し続けてきただけでなく、世界中のあらゆる国のあらゆるジャンルのアーティストとコラボレーションし素晴らしい音楽を作り続けてきた。結果グラミー賞やアカデミー賞など数多くの輝かしい功績も残している。

彼らの来日は10回目となる。今回は半月ほどかけて日本中をツアーしている。週末ということもあって八王子のチケットを買ったが、正直言って当日会場はガラガラになんじゃないかと心配していた。しかしそれは杞憂だったようで、実際会場は幅広い年齢層の観客で満員だった。

17:00にメンバーが各自楽器を持ちながら登場しそれぞれの席についた。中央にはリーダーのPaddy Moloneyが「よいこらしょ」と声を出して座る。前列左手にはフルートのMatt Molloyとハープ/キーボードのTriona、右手にはフィドルのJonとDeanie、後列左手にバウロンのKevin Conneff、右手にアコギのJeff White。正式メンバーは以前は多くいたが年々少なくなり、現在はPaddy、Matt、Kevinの3人のみだ。

Paddyがティンホイッスルを静かに吹き始め、そこへMattがフルートを重ね合わせる。そして他のメンバーも加わっていき、徐々にテンポアップし盛り上がる。突如女性ダンサーCaraが登場し華麗なアイリッシュダンスを披露。その後Nathanも登場、フィドルを弾いていたJonも立ち上がりPilatzke兄弟2人で華麗なステップを魅せる。ステップに合わせ会場も盛大な手拍子。冒頭から大盛り上がり。

1曲目が終わったところでPaddyは立ち上がりフロントマイクでMC。しかしアイルランド語で話しているようで、全く何言っているかわからない。するとそれに気付いたPaddy、「Oh, sorry sorry.」と英語に切り替えて笑いが沸く。Paddyの得意ネタだ。改めて50周年を迎えたことなどを話し拍手を浴び、その後一人一人メンバーを紹介。しかしここでDeanieの名前を間違えていた(笑)。それにしてもPaddyはもう齢74歳になるはずだがとにかく元気だ。MCの声やホイッスルの音色も力強く、ユーモアもたっぷり。この人のバイタリティと社交性があってこそ、これまでのThe Chieftainsの歴史があるのだろう。

次に左後ろでバウロンを叩いていたKevinがフロントを出てきて、ポケットに両手を突っ込みながらアカペラで歌いだした。バウロンとはアイルランドの打楽器で、Kevinはそれを短いスティックの両端を使いながら巧みに叩くのだが、この人はシンガーでもあり、よく通る歌声も素晴らしかった。

3曲目はメドレー。小気味良い彼らの代表曲"Morning Dew"から、後半はカントリーへ。Jeffはナッシュビル出身のギタリスト兼シンガーであり、バンドに本場のカントリーテイストを加えている。アメリカのカントリーがいかにアイルランド音楽の血を引いているかということを証明していた。

続いて女性シンガーAlyth McCormackが真っ赤なドレスで登場。以前Van Morrisonが歌っていた" Carrickfergus"を歌ったが、Vanを忘れるほどに美しい歌声だった。彼女の2曲目は出身であるスコットランドの民謡。アップテンポで早口なスコットランド語は何歌っているのか全く聞き取れず。

"Toss the Feathers"では各メンバーがソロ回し。Jonのダンサー兼任とは思えないフィドルソロの後、Paddyの突き刺すような鋭いウィッスル。寒く荒涼としていながらもどこか暖かいアイルランドの大地を思わせる。日本の子笛に音色が近いことが日本人に親近感を抱かせるのだろう。またイーリアンパイプも魅力的だったが、その音色が出るしくみがどうしても分からなかった。ダンディーなMattのフルートも渋くて良かった。

前半最後はまたメドレー。そのうちの1曲はMCでもあったように、Rolling Stonesと一緒にレコーディングした"The Rocky Road to Dublin"。そのStonesにちなんで、曲の最初ではStonesの"Satisfaction"のフレーズが挿入されていた。

15分の休憩後、第2部がスタート。日本人の若い男女3人のダンサーが登場した1曲目の後で、PaddyがMC。「私の友人にCaddyという宇宙飛行士がいて彼女の頼みで私のホイッスルとMattのフルートを貸したんだ。すると彼女はそれを宇宙に持って行って吹いてくれたんだよ」 そしてバックスクリーンに実際に彼女が無重力の中でホイッスルとフルートを吹いている様子が映し出された。その音色に合わせるようにバンドは演奏を重ね合わせた。

「次はRy Cooderと一緒に作った『St. Patricio』から。ゲストに東京パイプバンド!」 赤いキルトスカートのスコットランド衣装に身を包んだ10人ほどの日本人の楽団が右袖に並ぶ。この曲は私も非常に好きなマーチ曲だったので、この本格的な再現には感動した。

そして今日の目玉ゲスト矢野顕子さんが登場。左袖のピアノに座り、あの聞き慣れたキーの高い歌声で、アイルランド民謡?を歌う。そしてもう1曲、「このタイトルを付けたのは私じゃないから」と笑いを取りつつ、彼女がThe Chieftainsと共作した"Sake In The Jar"。

その後兄弟がまた見事なダンスステップを魅せ、本編最後の"Finale"。3人の日本人イーリアンパイプ隊の他、矢野さん、スコットランドパイプバンド、今まで出演した全てのゲストが再び登場し、順番にソロを披露する。Mattの長いソロの時にPaddyは、お約束の時計を見たり急かすジェスチャーをして、また笑わせてくれた。矢野さんはなぜかモスラを歌っていた(笑)。

アンコールではバンドの演奏に合わせて、ダンサーたちがさっきのイーリアンパイプ隊と手をつなぎながら登場。そのまま客電のついたフロアに降りてきて練り歩いてくる。観客が一人ずつこれに加わりながら、列はどんどん長くなり、そのままステージに上がっていく。ただこの日の八王子の盛り上がりはスゴかった。全部で列には70~80人はいただろうか。ステージに上がりきれないほどの人数になった列は、もはやバンドの姿が全く見えず、演奏だけが聞こえ、そのまま終了した。

こうして約2時間のコンサートが終了した。豪華なステージでアイルランドを心ゆくまで堪能した私は、余韻を楽しむためにギネスを飲めそうなバーに直行した。恐らく同じような人は多かったことだろう。

Set 1
1. Limerick's Lamentation / Slip Jig Belles
2. (Irish?)
3. Morning Dew / Shady Grove / Cotton Eye Joe
4. Carrickfergus
5. Port a Beal
6. Toss the Feathers
7. Maneo / Mo Ghile Mear / The Rocky Road to Dublin

Set 2
8. The Frost Is All Over
9. The Chieftains in Orbit / Fanny Power / Harp Solo
10.March to Battle
11.(Irish?)
12.Sake In The Jar
13.Ottawa Valley Dance
14.Finale

Encore
15.An Dro