Sweetheart of the SunSweetheart of the Sun
Bangles

Model Music Group 2011-09-27
売り上げランキング : 12472

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Anna Lee (Sweetheart Of The Sun)
2. Lay Yourself Down
3. Under A Cloud
4. I Will Never Be Through With You
5. Through Your Eyes
6. Ball & Chain
7. One Of Two
8. What A Life
9. Mesmerized
10. Circles In The Sky
11. Sweet And Tender Romance
12. Open My Eyes

私の青春Banglesの8年ぶりの新作。もっとも輸入盤がリリースされたのは昨年末。しばらく国内盤が出るのを待っていたが、結局出なかった。国内盤リリース⇒来日の流れを期待していたのだが、もうその可能性はないということなんだろうか。プロモーション次第ではまだまだ売れるはずだと思うのだが、もうレコード会社には余力も興味もないということなんだろうか。残念。

さてこの空白の8年の間で、Micheal Stealeが脱退してしまっている。何があったのかはよく分からないが、4人は不変だと思っていただけに、これは非常に残念。3人しか写っていないジャケットが寂しい。前回の来日を見逃したのが本当に悔しい。

ただ中身は何も変わっておらず、ひとまず安心。相変わらず懐かしい感触のポップな楽曲が並んでいる。彼女らはThe Beatlesを始めとする1960年代の音楽に影響を受けたのは有名だが、今作の音作りはそれが今まで以上に顕著に現れている。(ジャケットにも60年代の雰囲気がよく出ている) それもそのはずプロデューサーはMatthew Sweet。この空白の期間中Susannaとずっと60~70年代カヴァープロジェクトをやってきた相方だ。(私もBillboard Liveでの来日公演を見た。) なので今回彼以上の適任はいないだろう。

ただ楽曲の質に関してはさすがに前作の方が良かったかと。前作は"Something That You Said"や"I Will Take Care Of You"といった素晴らしい楽曲が光っていたが、今回そこまでのレベルはないかな。でもこうして新作を出してくれただけで私は満足だが。またパンキッシュなM7やバグパイプを入れたM11などの新境地も見られた。

その中で一番耳を惹くのは、やはりM2やM4で聴かれるようなSusannaの歌声だろう。彼女も今や既に50代なのだが、その艶のある歌声は昔から全く変わっていないのが嬉しい。また外見もまだまだ綺麗で、こんなにミニスカートが似合う50代もそうそういないと思う。

この7月に今度はSusannaのソロアルバムも出るという。ソロも良いのだが、やはりBanglesとして来日してほしいものだ…。

★★★